Ad Exchange のモバイルアプリ内広告のクイックガイド

モバイルアプリ向け Ad Exchange(Ad Exchange モバイルアプリ内広告)は、モバイルアプリを収益化するのに最適なツールです。世界中の膨大な需要をベースに、大規模かつ広範囲に広告を配信できます。公開オークション、プライベート マーケットプレイスのどちらで広告枠を販売する場合も、想定しているユーザーに適切な広告を最適なタイミングで配信するように、きめ細かく管理することが可能です。

Ad Exchange を初めて利用する場合、まずは Ad Exchange スタートガイドをご覧ください。

ウェブサイトを運営しておらず、アプリのみを収益化する場合は、AdMob もご検討ください。

信頼できるパートナーの協力を得てビジネスを拡大

  • Google の広告技術を活用
    Google は 10 年以上にわたり、多くのデベロッパーのデジタル事業拡大を支援してきました。実績ある一連の技術を基盤に、プログラマティック広告向けに高度で包括的な最先端の機能を提供するだけではなく、Google アド マネージャーを緊密に統合して、収益を最適化する機能を提供しています。

    Ad Exchange を利用すると、Google 独自のネットワークに加えて、エクスチェンジで広告枠を購入するその他のネットワークから、広告主の需要を取り込むことができます。あらゆるインプレッションに対して膨大な数の広告主やキャンペーンが競合するので、100% 近い掲載率を達成できます。
  • 1 つの SDK で複数の広告に対応
    Ad Exchange のモバイルアプリ内広告は、Android と iOS のモバイル オペレーティング システムに対応しています。Google Mobile Ads(GMA)SDK をすでにモバイルアプリに組み込んでいる場合、変更の必要はありません。GMA SDK は、Google アド マネージャー、Ad Exchange、AdMob の広告に対応しています。また Google Play 開発者サービスを利用すると、Android アプリの場合は SDK に変更を加えなくても自動的にパフォーマンスが改善されます。ただし、最新の機能を活用するためには、iOS SDK を定期的に手動で更新する必要があります。詳しくは iOSAndroid それぞれのデベロッパー ドキュメントをご覧ください。

ユーザーについての理解

  • オーディエンス セグメントを作成してアップロード
    Google アド マネージャーを使用している場合は、Ad Exchange のプライベート マーケットプレイスのターゲティングで、アド マネージャーのすべての自社データが自動的に利用可能になります。Google アド マネージャーでは、オーディエンス ピクセルを追加することで、ユーザーの行動や操作に応じてオーディエンス セグメントを作成できます。自社広告 ID(Apple IDFA / Android AdID)や PPID もオーディエンス セグメントにアップロードすることが可能です。Google アド マネージャーでオーディエンスを扱う方法と、Ad Exchange でのオーディエンス セグメントのターゲティングについての詳細をご確認ください。
  • モバイル広告 ID を使用してユーザー ターゲティングを向上
    モバイルアプリに Cookie はなく、代わりに再設定可能なモバイル広告 ID を使用します。ユーザーが許可した場合、GMA SDK から Android 広告 ID と Apple IDFA が購入者に渡されます。これをインタレスト ベースのターゲティングとリマーケティングに使用できます。サイト運営者は Cookie とデータ使用を管理することで、購入者に広告 ID を渡すかどうかを設定できます。詳細

最大限の広告収益を得る

  • 収益を最大化
    Google アド マネージャーを使用している場合は、エンハンスト ダイナミック アロケーションを利用できます。これは、Ad Exchange モバイルアプリ内広告を他の広告申込情報と競合させて、収益を向上できる機能です。こうした競合によって、予約目標に影響を与えることなく、最も高額な広告申込情報が配信されるようになります。詳細
  • 利用開始
    SDK はすばやく簡単にインストールできます。Google アド マネージャーでモバイルアプリ内広告をすでに配信している場合は、Ad Exchange モバイルアプリ内広告申込情報を追加するだけで始められます。実装の開始方法をご確認ください。

ユーザーに好印象を与え掲載結果を向上させる最先端のクリエティブを配信

  • 画期的な広告フォーマットを簡単に実装
    各種サイズのバナーやインタースティシャルを表示したり、クリエイティブをネイティブでレンダリングしたりすることができます。サイト運営者またはパブリッシャー側の管理設定で、配信したい広告技術のタイプに応じて、多様なクリエイティブ広告技術ベンダーを許可できます。詳細
  • 広告品質を管理
    価格設定、広告技術の許可設定、ブロック設定の各種オプションと広告の審査を組み合わせて、モバイルアプリで配信する広告を管理できます。優先取引とプライベート オークションでは、より優先するブロック設定を簡単に指定できます。詳細

Ad Exchange の強力なターゲティング、広告配信、レポート機能を活用する

  • 1 つのプラットフォームからあらゆる広告枠に配信
    Ad Exchange を使用すると、1 つのプラットフォームでウェブ、モバイル、動画のすべての広告配信を管理して、配信設定やレポート作成を行うことができます。
  • モバイル向けのターゲティング
    タグを通常どおり使用する以外にも、オペレーティング システム(iOS、Android)、デバイス カテゴリ(スマートフォン、タブレット)、アプリ名のターゲティングを使って、個々のアプリ、アプリやプラットフォームのグループなどを簡単にターゲットに設定できます。また、位置情報などの追加のデータを渡すことで、詳しい購入者データを基に収益を高めることができます。詳細
  • レポートに基づく意思決定
    • あらゆるデバイスで発生したインプレッション、eCPM、クリック率(CTR)などに関するレポートを作成できます。
    • 広告枠のサイズ、アプリ名、プラットフォームやデバイスのカテゴリ、およびオペレーティング システムごとにレポートを容易に分割して、アプリや広告サイズ(インタースティシャルを含む)の効果を把握できます。
    詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。