スポンサーシップ広告申込情報に関する問題を解決する

スポンサーシップ広告申込情報が想定どおりに配信されない理由を確認する

目標を「100」に設定したスポンサーシップ広告申込情報であっても、対象となるすべての広告リクエストには配信されない場合があります。たとえば 100% のスポンサーシップ広告申込情報を「ホームページ」広告ユニットに配信するよう予約したにもかかわらず、別の 728x90 の広告申込情報が配信される場合は、優先度の等しい別の広告申込情報やターゲティング変数、その他の要因(下記を参照)が配信に影響している可能性があります。

トラブルシューティングを開始するにあたっては、広告申込情報タイプが「スポンサーシップ」であることと、目標(「ウェイト」)が 100% に設定されていることを確認してください。

一般的な問題

別の広告申込情報のターゲティングと重複するターゲティング条件を設定していると、それが原因でスポンサーシップ広告申込情報のトラフィックが分割され、目標とする配信割合が達成されないということがしばしば起こります。詳しくは、オーバーブッキングとなったスポンサーシップ広告申込情報の配信についての説明をご覧ください。

他のターゲティング条件によっても、スポンサーシップ広告申込情報の配信が制限される可能性があります。

  • 地域ターゲティング: ターゲットとする地域以外のユーザーから広告リクエストが送信された場合、配信が制限される可能性があります。
  • フリークエンシー キャップ: 設定した上限値よりも頻繁に同じユーザーがページにアクセスした場合、配信が制限される可能性があります。
  • ラベル: 競合する広告主からの別の広告がすでにページに配信されている場合、配信が制限される可能性があります。
  • Key-Value ターゲティング: ターゲットとなる Key-Value がリクエストまたはユーザーごとに変わる場合、配信が制限される可能性があります。
  • ロードブロッキング: ロードブロッキングの広告申込情報では、複数のクリエイティブが一緒に配信されます。ページでロードブロッキング広告申込情報の配信が始まっている場合は、他の広告申込情報の配信が制限される可能性があります。

解決方法を探す

ページの配信状況を調べる

アド マネージャー トラブルシューティング ツールを使用して特定のスロットをデバッグし、その広告ユニットに対して競合している広告申込情報を特定したり、スポンサーシップ広告申込情報の配信が制限される原因を絞り込んだりすることができます。

レポートを作成して問題を特定する

アド マネージャー レポートを作成します。その際、ディメンションとしてクリエイティブのサイズ、ターゲティング、広告申込情報を指定し、指標として広告サーバーのインプレッション数を指定します。また、フィルタ条件として、対象のスポンサーシップ広告申込情報のみの配信が想定される広告ユニットを指定します。こうして作成したレポートで、インプレッション数の多い順にデータを表示して、他の広告申込情報が代わりにこの広告ユニットに配信されていないかを確認します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
148
false
false