チャネルを使用して、トラフィックを確認する

Ad Exchange アカウントでは、カスタム チャネルと URL チャネルの 2 つのチャネルタイプを使用できます。

カスタム チャネルで広告ユニットを分類する

カスタム チャネルを使用して広告ユニットをグループ化することで、広告ユニット グループ同士の掲載結果を比較できます。標準のレポートと異なり、自分でこれらのグループを作成できます。独自のチャネルを作成してさまざまな広告ユニットをトラッキングすれば、注意の必要な広告ユニットをすばやく特定できます。

カスタム チャネルは、すべてのプログラマティック取引のトラフィックに適用されます。


次に、カスタム チャネルの設定例を示します。

  • 広告のプレースメント
    • スクロールせずに見える範囲
    • スクロールしなければ見えない範囲
    • インライン広告
    • コンテンツの右側
  • 広告サイズ
  • トラフィックの参照ソース
    • Google 検索
    • Google+ ページ
    • ソーシャル メディア ネットワーク
    • その他の検索エンジン
  • サイト セクション
    • ホームページ
    • ブログ
    • フォーラム

URL チャネルで Ad Exchange トラフィックを分類する

URL チャネルでは、お客様のサイトの各ページについて広告掲載結果を解析できます。

詳しくは、チャネルを追加、編集する方法をご覧ください。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
148
false
false