Google サイト運営者コンソールを有効にする

サイト運営者コンソールはいくつかの方法で開くことができます。このツールは Google サイト運営者タグを設定したウェブページでのみ使用できます。

サイト運営者コンソールを開いたら、右上の [Troubleshoot] をクリックして、アド マネージャーで配信インスペクタを開きます。ここで、他の広告ではなくその広告が配信されたのはどうしてか、同じ広告スロットで再度リクエストが発生するとどの広告申込情報が配信されるかなどの情報を確認することができます。

ブックマークを使用する方法(推奨)

Google サイト運営者コンソールを開く JavaScript 関数を実行するブックマークを作成する方法です。GPT ライブラリが読み込まれているページ(GPT を使用して広告が表示されるあらゆるページ)を表示した状態でこのブックマークを選択すると、JavaScript が実行され、サイト運営者コンソールが開かれます。

この関数は、PC 環境やモバイルウェブ環境など、どのブラウザでも設定できます。Chrome でブックマークを作成する方法は次のとおりです。

  1. その他アイコン その他 次に [ブックマーク] 次に [ブックマーク マネージャ] をクリックします。
  2. ブックマーク マネージャで、その他アイコン その他 次に [新しいブックマークを追加] をクリックします。
  3. ブックマークの名前を入力します(例: サイト運営者コンソール)。
  4. 次のコードをコピーして [URL] 欄に貼り付けます。
    javascript: googletag.openConsole();
  5. [保存] をクリックします。
  6. GPT を使用して広告が表示されるウェブサイトに移動します。
  7. 作成したブックマークをクリックしてサイト運営者コンソールを開きます。
    • このブックマークは、ステップ 2 で追加した場所に表示されます。たとえば、ブックマーク バーに追加した場合は、アドレスバーの下のブックマーク バーでそのブックマークを探します。
    • モバイルウェブでは、アドレスバーからブックマークを読み込む操作が必要になることもあります。

サイト運営者コンソールを有効にするその他の方法

コンソールを使用する方法

ページを読み込んだ後、ブラウザの JavaScript コンソールに javascript: googletag.openConsole() と入力します。

Chrome で JavaScript コンソールにアクセスするには、ブラウザ ウィンドウの右上のその他アイコン その他 [その他のツール] 次に [デベロッパー ツール] をクリックし、[Console] をクリックします。
URL を使用する方法
この方法は、ウェブサイトによっては使用できない場合があります。

ブラウザのアドレスバーで、ページ URL の後に次のいずれかのクエリ文字列パラメータを追加し、ページを読み込みます。

  • google_console=1: キーボード ショートカット(後述)を使ってサイト運営者コンソールを切り替えられるようにします。
    例: http://www.example1.com?google_console=1
  • google_force_console=1: ページが読み込まれた後にサイト運営者コンソールを自動的に表示します。
    例: http://www.example2.com?p1=AAA&p2=BBB&google_force_console=1

サイト運営者コンソールのオンとオフを切り替える

上のいずれかの方法で Google サイト運営者コンソールを読み込むと、Windows の場合は Ctrl+F10 キー、Mac の場合は fn+control+F10 キーのキーボード ショートカットを使ってコンソールのオンとオフを切り替えることができるようになります。

別のページを開いたときに Google サイト運営者コンソールが読み込まれないようにするには、コンソールを閉じる必要があります(コンソールの右上隅の閉じる 閉じる をクリックします)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。