広告申込情報

仮想 CPM

仮想 CPM(インプレッション単価)は、Google アド マネージャーでキャンペーンの価値が適切に見積もられるように、計算の基準として指定する金額です。[仮想 CPM] に入力した値は、次の 2 つの目的に使用されます。

  1. 配信されたインプレッションに対する収益の計算に使用されます。
  2. 空き枠の広告申込情報に仮想 CPM が定義されている場合は、ダイナミック アロケーション優先交渉権による競合の際、「レート」値の代わりに仮想 CPM が使用されます。

統一価格設定ルールによる仮想 CPM

仮想 CPM が設定されている場合、アド マネージャーでは統一価格ルールが適用されるため、レートの代わりにこの値が使用されます。

CPM 値を見積もる

仮想 CPM に指定する金額を見積もる際は、次の式を使用します。

(該当の広告申込情報に関連付けられた広告タグで発生した合計収益
該当の広告申込情報にアド マネージャーから配信されたインプレッションの合計数)
×1000

注意事項:

  • 合計収益には、広告ネットワークから受け取った最新の掲載結果レポートの値を使用します。
  • アド マネージャーから配信されたインプレッションの合計数を確認するには、広告ネットワークの掲載結果レポートと同じ期間で広告申込情報のレポートを作成してください。

仮想 CPM 値を設定する

非保証型の広告申込情報に仮想 CPM を設定するには:

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [配信] 次に [オーダー] をクリックします。
  3. 編集する広告申込情報を含むオーダーをクリックします。
  4. 編集する広告申込情報をクリックします。
  5. [レート] 欄の横にある [仮想 CPM を設定] をクリックし、仮想 CPM 値を入力します。
  6. [保存] をクリックします。

仮想 CPM を頻繁に更新するメリット

Google アド マネージャーでは、仮想 CPM の予測レートに基づいて最高額の入札者が選ばれます。仮想 CPM が古い場合、ネットワークが不適切なレートで競合し、広告収益を最大化できない可能性があります。

収益を向上させるためには、仮想 CPM レートを少なくとも月に 1 回更新してください。

カレンダーに通知を追加して、仮想 CPM を更新するようにしましょう。

例: AdSense または Ad Exchange の広告申込情報と、ネットワーク、バルク、価格優先の広告申込情報との競合

ネットワークで AdSense または Ad Exchange が有効になっている場合、広告サーバーでバルク、ネットワーク、または価格優先の広告申込情報が配信候補として選択されると、候補の広告申込情報の「レート」と、AdSense または Ad Exchange の広告の価格が比較されます。AdSense または Ad Exchange の広告申込情報の CPM が、バルク、ネットワーク、または価格優先の広告申込情報の CPM よりも高い場合は、AdSense または Ad Exchange の広告申込情報が配信されます。

上記の例では、ネットワーク、バルク、または価格優先の広告申込情報の仮想 CPM を設定して、Ad Exchange と AdSense の広告との競合で「レート」値の代わりにその仮想 CPM を使用できます。

仮想 CPM レポートを作成する

仮想 CPM レポートを作成するには、アド マネージャー レポートの [平均 eCPM] 指標を使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。