TalkBack を有効にする

TalkBack は、目の不自由な方や視力の弱い方が触覚フィードバックと音声フィードバックを使用して Android デバイスを操作できるよう支援するユーザー補助機能です。

TalkBack が有効な場合は、画面上の項目がフォーカス ボックスで囲まれ、その内容についてデバイスから音声による合図が提供されます。一般的なタップ操作ではなく、TalkBack ジェスチャーでデバイスを操作できます。TalkBack の基本情報については、動画をご覧ください

ヒント: TalkBack を有効にする方法は、デバイスのメーカー、Android のバージョン、TalkBack のバージョンによって異なります。以下の説明はほとんどのデバイスに当てはまりますが、一部異なる場合もあります。

スマートフォンをセットアップするとき

スマートフォンのセットアップ時に、音量大ボタンと音量小ボタンを同時に数秒間長押しすると TalkBack がオンになります。セットアップの完了後は、TalkBack のオン / オフの切り替えに音量ボタンをショートカットとして引き続き使用できます。

ヒント: セットアップ後にショートカットとしての音量ボタンの使用を完全に無効にするには、[設定] 次に [ユーザー補助] 次に [TalkBack] に移動します。[TalkBack のショートカット] を選択し、オフにして無効にします。詳しくは、TalkBack のショートカットを変更する方法についての説明をご覧ください。

スマートフォンをセットアップした後

方法 1: デバイスの設定を使用する

  1. デバイスで設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [ユーザー補助] 次に [TalkBack] をタップします。
  3. [TalkBack を使用する] を選択します。

TalkBack をオンにしたら、TalkBack ジェスチャーでデバイスを操作します。

方法 2: ユーザー補助のショートカットを使用する

ユーザー補助のショートカットがオンの場合は、画面上のボタンや物理的なキーを使用して TalkBack のオン / オフを切り替えることができます。

  1. デバイスで設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [ユーザー補助] 次に [TalkBack] 次に [TalkBack のショートカット] をタップします。
  3. [TalkBack のショートカット] をオンにします。
  4. 画面上の手順に沿って、お使いのデバイスモデルに適したショートカットを設定します。詳しくは、ユーザー補助のショートカットを設定する方法についての説明をご覧ください。

方法 3: Google アシスタントを使用する

  1. Google アシスタントを設定した場合は、「OK Google」と話しかけます。
  2. 「TalkBack をオンにして」、「TalkBack をオフにして」と言います。

TalkBack がオンの場合の操作方法

  • 項目を選択するには、1 本の指で目的の項目をタップしてその項目にフォーカスを設定してから、1 本の指でその項目をダブルタップして有効にします。
  • 画面を上または下にスクロールするには、画面上に 2 本の指を置き、上または下にドラッグします。
  • [システム ナビゲーション] が [ジェスチャー ナビゲーション] に設定されている場合、ジェスチャー(ホーム、戻る、最近使ったアプリなど)を行うには 1 本の指ではなく 2 本の指を使用します。詳しくは、TalkBack ジェスチャーについての説明をご覧ください。

ヒント: デフォルトでは、TalkBack はパスワードの文字も読み上げます。保護された項目内の文字がスマートフォンで読み上げられないようにするには、この設定を変更します。

その他のサポート

誤ってこの機能をオンにしてしまった場合は、TalkBack をオフにする方法についての説明をご覧ください。

TalkBack について詳しくは、Google Disability Support チームにお問い合わせください。

 

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー