組織の Google アカウントを削除する

販売パートナーからサービスを購入された場合は、販売パートナーにお問い合わせください。ご不明な場合は、ご利用の販売パートナーがご不明な場合をご覧ください。

的確な手順をご覧いただくには、削除予定のアカウントにログインする必要があります。

こちらの手順は、組織の Google アカウントを削除するためのものです。個々のユーザー アカウントを削除するには、組織からユーザーを削除するをご覧ください。

すべてのサブスクリプションをキャンセルし、組織の Google アカウントを削除するには、以下の手順で操作してください。

組織のアカウントを削除する理由

  • 管理コンソールで管理するサブスクリプションがない。
  • ドメインを別の Google アカウントに登録したい。アカウントを削除すると、24 時間以内にドメインが解放され、新しい Google アカウントで使用できるようになります。
  • 組織で保持する必要がある GCP のプロジェクトがない。

手順 1: お支払い記録を保存する

無料試用期間中の場合は、この手順をスキップしてください。

組織の Google アカウントを削除した後にお支払い記録にアクセスすることはできません。アカウントを削除する前に、お支払い領収書を印刷して毎月の請求書を保存してください。

手順 2: ユーザーデータを保存する

ご利用のアカウントのメール、ドライブのファイル、その他のユーザーデータを保存しない場合は、この手順をスキップしてください。

組織のアカウントを削除するには、まずサブスクリプションをキャンセルする必要があります。キャンセルする前に、残しておきたいユーザーデータを次のように保存します。

Google Workspace データ

保存しておきたい Google Workspace ユーザーデータがある場合は、Google Workspace サブスクリプションを解約する前にダウンロードしておいてください。これには Gmail のメール、Google カレンダーの予定、Google Chat のメッセージ、Google ドライブに保存されているファイルなどが該当します。

ユーザーデータのダウンロードと書き出しには、データ エクスポート ツールの利用をおすすめします。

Google Workspace サブスクリプションをキャンセルすると、ユーザーの Google Workspace データは削除されて復元できなくなります。

Essentials のドキュメント

Essentials サブスクリプションをキャンセルする前に、ドライブ内の保持したいファイルを事前にダウンロードしておいてください。Essentials をキャンセルすると、ドライブ内のファイルが削除されます。

メールアドレスの所有権を証明済みの Essentials をキャンセルする際は、事前に共有ドライブ内の必要なデータを保存しておいてください。

ユーザーデータのダウンロードと書き出しには、データ エクスポート ツールの利用をおすすめします。

その他の Google データ

組織の Google アカウントを削除する前に、保持したい他のアセットを書き出すか、オーナー権限を移行しておいてください。たとえば、アカウントを削除すると、YouTube チャンネル、写真、Google 広告アカウントも削除されます。

詳しくは、重要なファイルとデータを移行するをご覧ください。

手順 3: Marketplace アプリを削除する

Google Workspace Marketplace からアプリをインストールしていない場合は、この手順をスキップしてください。

組織の Google アカウントを削除する前に、Google Workspace Marketplace からインストールしたアプリをすべて削除する必要があります。

Marketplace アプリを見つけて削除する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace Marketplace アプリ] にアクセスします。
  3. 必要に応じて、Marketplace アプリを削除します。

手順 4: GCP のデータを保存して削除する

GCP のデベロッパー プロジェクトを管理していない場合は、この手順をスキップしてください。

組織の Google アカウントを削除する前に、関連付けられた GCP のプロジェクトとフォルダをすべて削除する必要があります。GCP のプロジェクトを保存し、そのプロジェクトのオーナー権限を組織外のユーザーに移行するには、Google Cloud サポートにお問い合わせください。

組織に関連付けられた GCP リソースとリソースを削除する方法について詳しくは、組織リソースの表示と管理をご覧ください。

GCP のプロジェクトとフォルダを削除するには、GCP のプロジェクトとフォルダを変更する権限に加えて、Cloud IAM のロール(組織管理者、フォルダ管理者、プロジェクト削除のロールなど)が必要です。

次も削除する必要があります(組織で使用している場合)。

手順 5: すべてのサブスクリプションをキャンセルする

ご利用のサブスクリプションが Cloud Identity Free エディションのみの場合は、この手順をスキップしてください。

組織の Google アカウントを削除する前に、すべてのサブスクリプションをキャンセルする必要があります(キャンセルできない Cloud Identity Free サブスクリプションを除く)。

ご利用中のサブスクリプションを確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] 次に [サブスクリプション] に移動します。

    [サブスクリプション] の下に、現在ご利用中のサブスクリプションのリストが表示されます。

ドメイン登録サブスクリプションをキャンセルする前に

Google アカウントのお申し込み時に購入したドメイン登録サブスクリプションをキャンセルする前に、登録事業者のログイン情報を記録しておいてください。この情報には、登録事業者へのログインに使用するユーザー名とパスワード、登録事業者の URL が該当します。こうしておくことで、組織の Google アカウントを削除した後も、登録期限(更新しない場合)が切れるまで DNS ドメインを管理できます。

Android の管理サブスクリプションをキャンセルする前に

Google を EMM プロバイダとしている場合、Android の管理サブスクリプションをキャンセルする前にプロバイダ設定を解除しておく必要があります。[デバイス] 次に [モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] に移動します。Google エンドポイント管理の詳細をご覧ください。

すべてのサブスクリプションをキャンセルする

: 一部のモバイル デバイスでは [サブスクリプションをキャンセル] と [アカウントを削除] を選択できない場合があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] 次に [サブスクリプション] に移動します。
  3. ご利用のサブスクリプション 次に [サブスクリプションをキャンセル] をクリックします。

    キャンセル後の料金についてご確認ください。

  4. キャンセルする理由を選択 次に [続行] をクリックします。
  5. 情報を確認し、続行する場合はチェックボックスをオンにします。
  6. メールアドレスを入力 次に [サブスクリプションを解約する] をクリックします。

手順 6: アカウントを削除する

管理コンソールのリスト内のサブスクリプションが Cloud Identity Free Edition のみの場合は、次の手順に沿って組織のアカウントを削除します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [アカウント管理] に移動します。
  3. [アカウントを削除] をクリックします。
  4. 情報を確認し、続行する場合はチェックボックスをオンにします。
  5. [アカウントを削除] をクリックします。

アカウントを削除した後

  • 管理コンソールからログアウトされます。
  • 管理者アカウントで Google サービスにログインできなくなります。
  • 管理コンソールにログインして、お支払い記録などの情報にアクセスできなくなります。
  • すべてのユーザー アカウント、グループ、組織部門が削除されて復元できなくなります。
  • 24 時間以内に別の Google アカウントでドメインを登録できるようになります。

よくあるご質問

管理コンソールにアクセスできない場合はどうすればよいですか?
クレジットを払い戻すことはできますか?

はい。サブスクリプションのキャンセル後にクレジットが残っている場合は、払い戻しをリクエストしてください。

解約後の請求について

サブスクリプションを解約すると、アカウントの未払い料金が翌月の初めに請求されます。金額は、ご利用になっていたサービスとお支払いプランに基づいて計算されます。

  • フレキシブル プラン - サービスをご利用いただいた日数分の料金をお支払いいただきます。たとえば、今月の 15 日に解約すると、半月分の料金が請求されます。
  • 年間 / 定期プラン - 契約期間の残存期間分の料金をお支払いいただくことになります。
  • Essentials - その月の各アクティブ ユーザーの 1 か月分の料金をお支払いいただきます。詳しくは、Essentials ご利用料金お支払いの仕組みをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false