概要: ユーザーのパソコンを管理する

管理者は、組織のデータへのアクセスを許可するノートパソコン、デスクトップ、その他のエンドポイントを指定したり、それらのデバイスの詳細情報を取得したりできます。また、ユーザーが管理対象アカウントにログインした日時およびパソコンの詳細情報も確認できます。

パソコンの管理オプション

基本管理

対象: Microsoft Windows、Apple Mac、Linux、Chrome OS

設定: 自動的に適用されます。ユーザーによる設定は不要です。

管理オプション:

エンドポイントの確認

対象: Chrome OS、Chrome ブラウザ

設定: エンドポイントの確認を有効または無効にします。Chrome ブラウザの拡張機能がユーザーのデバイスにインストールされている必要があります。

管理オプション:

ドライブ ファイル ストリーム*

対象: Microsoft Windows、Apple Mac

設定: ドライブ ファイル ストリームを導入する

管理オプション:

Windows 向けの高度なデスクトップ セキュリティ

対象: Microsoft Windows 10(会社所有)

設定: Windows 向けの高度なデスクトップ セキュリティを有効にするか、Windows 用 Google 認証情報プロバイダをインストールします。

管理オプション:

*Google Workspace のみ

データにアクセスするパソコンに関する情報を取得する

デバイスの詳細情報(オペレーティング システム、ユーザー アカウント、管理の種類など)を取得できます。デバイスのセキュリティ設定に関する詳細情報(デバイスがパスワードで保護されているかどうかなど)を取得するには、エンドポイントの確認を有効にします。

パソコンの詳細を表示

管理の種類を切り替える場合

基本管理対象のエンドポイントで「エンドポイントの確認」といった別の種類の管理が使用されると、デバイスリスト項目がアーカイブされ、新しい管理の種類の項目が新規作成されます。

注:

  • このデバイスはアーカイブ後 180 日間管理コンソールで確認できます。
  • デバイスに複数の種類の管理が適用されている場合は、複数のリスト項目として表示されることもあります。
  • アーカイブ済みのデバイスリスト項目に対して、ユーザーのログアウトなどの操作を行うことはできません。代わりに、新しいデバイスリスト項目を見つけ、そのデバイスに対して操作を行います。



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。