Google Chat の既知の制限事項

Google Chat には以下に示す制限事項があります。それぞれの制限事項をお読みになり、組織への影響を十分ご理解いただいてからユーザーを Chat に移行してください。

従来のハングアウトと Google Chat の相互運用

Chat の 1 対 1 のダイレクト メッセージ、新しいグループ チャット、非スレッド形式のスペースは、従来のハングアウトに表示されます。逆の場合も同様です。ただし、Chat の既存のグループ チャットおよびスレッド形式のスペースは、従来のハングアウトとは相互運用性がありません。

詳しくは、Chat と従来のハングアウトの相互運用をご覧ください。

グループの会話とスペースの参加人数の上限

グループの会話またはスペースに参加できる人数は、Chat の種類によって異なります。

チャットの種類 説明 最大参加者数
グループの会話 2 人以上のユーザーとの [チャット] セクションの会話 400
非スレッド形式のスペース 会話をグループ化しない(デフォルトのスペースの種類) 400
スレッド形式のスペース 会話をトピックごとにグループ化 8,000

外部とのチャット

  • まだ Chat を有効にしていない Google Workspace 組織内のユーザーと Chat を介してやり取りすることはできません。Chat を有効にしている外部組織のユーザーに対しては、メッセージを送信できます。
  • 外部とのチャットには引き続き hangouts.google.com を使用でき、従来のハングアウトのチャットは Chat にミラーリングされます。
  • Chat で作成されたグループ チャットに外部ゲストを追加することはできません。ただし、従来のハングアウトを有効にしているユーザーは、[外部とのチャット] の設定をオンにすると、外部ゲストとの名前のないグループ会話を従来のハングアウトで作成することができます。作成した従来のハングアウトのグループ会話は、外部ゲストとの新しいグループ チャットとして Chat に表示されます。
  • Essentials エディションのみ: ドメインの所有権の証明が済んでいない場合、ユーザーが Essentials チーム外の同僚をグループ チャットに追加することはできません。Essentials チーム外のユーザーは、同じ組織内のより大きな組織部門に属している場合も含め、全員外部のゲストと見なされます。ドメインの所有権を証明すると、ユーザーは組織内の誰とでもグループ チャットを行えるようになります。

従来のハングアウトと Chat のモバイルアプリ

従来のハングアウト アプリを無効にする場合、またはサービスの設定を [Chat を優先] にして組織全体を Chat に移行する場合は、次の点に留意してください。

  • Gmail アプリのダウンロード ページにリダイレクトするメッセージが表示されるようにするには、ユーザーが従来のハングアウト モバイルアプリの最新バージョン(Android 版、iOS 版)をインストールしておく必要があります。Gmail モバイルアプリでは、[チャット] タブと [スペース] タブが有効になります。また、Android ユーザーは Android 6.0 以降を使用する必要があります。
  • 最新バージョンではない従来のハングアウト モバイルアプリを使用しているユーザーの場合、過去のメッセージはアプリが無効になっていてもすべて表示されます。ただし、新しいメッセージを送受信することはできず、通知も届かなくなります。
  • ユーザーは Gmail アプリを使用して Chat にアクセスするようにリダイレクトされますが、2020 年 9 月より前の Gmail アプリには Chat は表示されません。ユーザーは Gmail モバイルアプリの最新バージョン(Android 版iOS 版)をインストールする必要があります。

音声通話

  • Google Voice を使用した通話とテキスト メッセージを Chat で直接利用することはできません。

    ユーザーはアプリを切り替えvoice.google.com を使って電話をかけたり、テキスト メッセージを送受信したりできます。Google Voice アプリをモバイル デバイス(AndroidiOS)にダウンロードすることもできます。

    : 自身の Google Workspace アカウントでまだ Voice を設定していないユーザーについては、新規ユーザーが Voice に申し込むための Voice ライセンスを組織で入手する必要があります。

  • Fi ユーザー: Chat には Google Fi との機能連携はありません。デバイスのデフォルトのテキスト メッセージ用アプリとして従来のハングアウトを選択した Google Fi ユーザーは、Google Fi モバイル デバイス上の従来のハングアウト アプリを使用して引き続きテキスト メッセージを送受信できます。

ビデオ通話

ユーザーは Android デバイスまたは iOS デバイスで Gmail の Google Chat を使用て、1 対 1 のチャットから会議を開始したり、会議に参加したりできます。モバイルに Gmail アプリをインストールしているユーザーは、Chat アプリからビデオ通話に参加することもできます(ただし、ビデオ通話の開始はできません)。

グループの会話やウェブ版 Chat などその他の状況では、次のようになります。

  • Meet へのリンクを共有すれば、Chat ユーザーは Google Meet で行われる臨時のオンライン会議に参加できます。従来のハングアウトからのビデオ通話とは異なり、着信中や呼び出し中の状態はありません。
  • スマートフォンから会議に参加したい場合は、Meet アプリ(Android 版、iOS 版)を自身のモバイル デバイスにダウンロードして、Google Workspace アカウントにログインする必要があります。

Chat のユーザーと従来のハングアウトのユーザー間でビデオ通話を行った場合、発信者側と受信者側の状況が整合しなくなる可能性があります。

発信者 受信者 結果
モバイル デバイスの Gmail の Chat 従来のハングアウト
  • 発信者が「呼び出し中」になります(通話は受信者につながっているかのようになります)。
  • 受信者がビデオ通話に参加するためのリンクを受信します(呼び出し音なし)。
Chat(Meet リンクを共有している場合) 従来のハングアウト
  • 発信者が Meet のリンクを共有
  • 受信者がビデオ通話に参加するためのリンクを受信します(呼び出し音なし)。
従来のハングアウト Chat
  • 発信者が「呼び出し中」になります(通話は受信者につながっているかのようになります)。
  • 受信者が Chat でメッセージを受信します。「ハングアウトから通話を試行しました。通話がハングアウトから開始された場合、Google Chat から参加することができません。代わりに Meet のビデオ通話のリンクを共有してください。」

Chat スタンドアロン アプリ

制限事項については、Google Chat スタンドアロン アプリを使用するをご覧ください。

Gmail の受信トレイに届くチャット メッセージ

Chat を優先するサービスの設定で 2020 年 6 月より前に Chat を導入したお客様: ユーザーが従来のハングアウトに一度もログインしたことがない場合は、すべてのチャット メッセージが Gmail の受信トレイに配信され、未読メールとして通知されます。ユーザーが hangouts.google.com で従来のハングアウトにログインすると、チャット メッセージは受信トレイには置かれず [チャット] ラベルでフィルタされます。

フィルタを使用してチャット メッセージを受信トレイに送信したり、コンテンツを [すべてのメール] ラベルで表示したりしている場合は、引き続き Gmail でチャット メッセージを表示できます。

デベロッパーに関する問題

Google Workspace Email Audit API を使用している場合、chatMonitorLevel パラメータは従来のハングアウトにのみ適用され、Google Chat には適用されません。

Google Chat の場合は、代わりにサードパーティのアーカイブ ソリューションを使用できます。サードパーティ アーカイブの管理者向けヘルプデベロッパー ヘルプで詳細をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false