Gmail またはウェブメールから G Suite に移行する

この移行ガイドでは、組織で使用しているメール、カレンダー、連絡先のデータを Gmail またはウェブメール プロバイダから G Suite に読み込む方法をご紹介します。組織で次のようなウェブメール プロバイダをご利用の場合は、このガイドを使用してください。

  • 個人用 Gmail アカウント(末尾が @gmail.com)
  • 別の G Suite アカウント
  • IMAP プロトコルを使用するウェブメール プロバイダ(1&1 IONOS®、AOL®、Apple® iCloud®、Bluehost®、GoDaddy®、Outlook®、Rackspace®、Yahoo!®、Zoho® など)

    RFC 3501 準拠の企業向け IMAP サーバーについては、IMAP サーバーから G Suite に移行するをご覧ください。

管理者は過去のメールの移行をサポートすることはできますが、受信メール、カレンダー、連絡先の読み込みはユーザー自身で行う必要があります。

手順 1: 受信メールの転送をユーザーに指示する

新しいメールの転送設定を行うことで、ユーザーは G Suite への移行中および移行後も、従来のアカウントに送信されたメールを確実に受信できます。

従来のアカウント

指示の内容

@gmail.com または G Suite アカウント

Gmail のメールを他のアカウントに自動転送する

@gmail.com または G Suite 以外のウェブメール アカウント

従来のウェブメール プロバイダからメールを自動転送する方法を調べる

手順 2: カレンダーと連絡先の読み込みをユーザーに指示する

目的

指示の内容

従来のアカウントから G Suite にカレンダーを読み込む

Google カレンダーに予定を読み込む

従来のアカウントから G Suite に連絡先を読み込む

連絡先を読み込む

手順 3: 過去のメールの移行をサポートする

目的

方法

ユーザーのメールを G Suite に移行する(従来のアカウントが IMAP に対応している場合)

この方法は、IMAP サーバーが次の場合にのみ使用します。

データ移行サービス

G Suite の特権管理者である必要があります

: IMAP、Gmail、G Suite から移行する場合、データ移行サービスで読み込まれるのはメールのみです。連絡先、カレンダーの予定、カレンダー リソースの移行はサポートされていません。

従来のアカウントから G Suite へのユーザー自身によるメールの移行を許可する

この方法は、次の場合にのみ使用します。

  • ユーザーの従来のアカウントが IMAP に対応していない。
  • 読み込んだメールを既読または未読として表示する必要がない。
  • 管理者がラベルを移行する必要がない。

次の 2 段階で進めます。

  1. Google 以外のウェブメール プロバイダから G Suite 向け Gmail にユーザー自身でデータを読み込めるようにします。
    詳しくは、ウェブメール ホストからの読み込みを有効または無効にするをご覧ください。
  2. Gmail の読み込みオプションを設定するようユーザーに指示します。
    詳しくは、他のアカウントのメールを確認するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。