一括操作に要審査を設定する

G Suite 管理者は調査ツールを使用して、大量の組織データを削除または変更する一括操作を実行できます。たとえば、調査ツールを使用して多数のユーザーを停止または削除することができます。このツールが誤って使用されたり、悪用されたりしないように、組織の特権管理者は調査ツールの設定で審査担当者による一括操作の承認を要求できます。

この設定は、調査ツールを使用するすべての管理者に対するグローバル設定として設定されます。設定が有効な場合、300 個を超える項目(300 人を超えるユーザーや 300 件を超えるメールなど)に対する操作を管理者が実行するには、その操作を確認するために 2 人目の管理者を指定する必要があります。

要審査設定をオンにする

調査ツールで一括操作の要審査を設定するには:

  1. 特権管理者アカウントで、admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく、特権管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [調査ツール] をクリックします。
  4. [調査] ページで、画面の右側にある歯車アイコンをクリックします。
    [調査の設定] ウィンドウが表示されます。
  5. [要審査] の設定をオンにします。
  6. [適用] をクリックします。

審査担当者を選択する

[要審査] の設定を有効にした場合、調査ツールへのアクセス権限を持つすべての管理者は、300 個を超える項目(300 人を超えるユーザーや 300 件を超えるメールなど)に対して操作を行う前に、少なくとも 1 人の審査担当者を選択する必要があります。

審査担当者は、一括操作に関連するデータ(ドライブ、Gmail、モバイルなど)を操作できる特定の権限を持っている必要があります。審査担当者が 72 時間以内に操作を承認しなかった場合、操作は無効となります。

一括操作の審査担当者を選択するには:

  1. 管理者アカウントで、admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [調査ツール] をクリックします。
  4. 検索を実行します(詳しくは、調査ツールでの検索をカスタマイズするをご覧ください)。
  5. 検索結果の項目(ユーザーなど)を選択します。
  6. [操作] をクリックします。
  7. 選択した行のユーザーに対して [ユーザーを再開] または [ユーザーを停止] を選択します。
  8. 審査を担当する管理者のメールアドレスを入力し、メッセージを追加します。
  9. [送信] をクリックします。

注: 承認される前に一括操作をキャンセルするには、[調査] ページの下部にある [キャンセル] をクリックします。

一括操作のステータスを確認する

操作を実行すると、現在の検索の下に操作のステータスを示すカードが表示されます。たとえば、操作の承認待ち中であるかどうか、操作が完了したかどうか、操作が無効になったかどうかなどを示すメッセージが表示されます。

また、Google 管理コンソールでは、大規模なタスクが進行中かどうか、あるいは完了しているかどうかのステータスを確認できます。たとえば、調査ツールの一括操作のいずれかが完了するまでに時間がかかる場合は、いったん管理コンソールから離れ、後から操作のステータスを確認できます。

管理コンソールの上部にある ToDo リスト アイコン Tasks をクリックすると、大規模なタスクのステータスが表示されます。

  ここで ToDo リストをクリック

一括操作タスクのステータスは、ToDo リスト ウィンドウに表示されます。たとえば、ユーザーを停止するための承認待ち中、ユーザーを停止中、ユーザーの停止操作が完了した、ユーザーの停止操作がキャンセルされた、ユーザーの停止操作が無効になったなどのステータスが表示されます。

ToDo リスト ウィンドウで [詳細を表示] をクリックして、試行された一括操作の合計数(合計試行回数、成功、失敗)を確認することもできます。調査ツールで結果と特定の項目に関する詳細情報を表示するには、[結果を表示] をクリックします。結果を表示すると、アカウントがすでに停止されているためあるユーザーが一括操作で停止されなかったことなどがわかる場合があります。

詳しくは、大規模なタスクのステータスを確認するをご覧ください。

一括操作を承認する

他の管理者から審査担当者に選ばれた場合は、一括操作を承認することができます。審査担当者は、一括操作の詳細と操作を承認するリクエストが記載されたメール通知を受信します。

メール通知を受信してから 72 時間以内に操作を承認しなければ、操作は無効となります。

一括操作を承認するには:

  1. メール通知で、[表示] をクリックして Google 管理コンソールにログインします。
  2. ID を確認するために、管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
    その後、Google 管理コンソールの調査ツールが表示されます。
  3. [承認] をクリックします(操作を承認しないオプションもあります)。

一括操作をキャンセルする

審査担当者の承認を受ける前は、一括操作をキャンセルすることができます。[調査] ページの下部にある [キャンセル] をクリックします。調査ツールで操作をキャンセルすると、一括操作が審査担当者によって承認済みで進行中の場合には結果の一部を得られます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。