Gmail の設定の上限に関する推奨値

コンプライアンス、ルーティング、不快なコンテンツ、検疫などの Gmail の設定は、G Suite 管理者が行います。Gmail を効率的に運用し、メールが遅滞なく配信されるようにするために、Gmail の設定の上限が推奨値以下であることを確認してください。

上限の推奨値

次の値の範囲は、すべての組織部門とドメインを合わせた G Suite アカウント全体を対象としています。

設定の説明 G Suite アカウントの上限 詳細
設定: すべての Gmail 設定のサイズ上限(迷惑メール、コンプライアンス、ルーティングなどの設定)。
  • 5 MB。この上限は、G Suite アカウントのすべての Gmail 設定のサイズを合計したものです。Gmail の設定を保存した後、システムによってまとめられます。この上限に達すると、それ以上の設定を保存できません。
  • 設定数: 1,000(5 MB 以下)
説明: 設定、正規表現、その他の項目の説明文に使用できる文字数です。
  • 説明ごとに 1,000 文字
正規表現: 単純一致と詳細一致に関する正規表現のガイドラインです。
  • 表現数: 1,000 件
  • 1 つの表現あたり 10,000 文字
受信者: [その他の送信先] に設定する受信者数。
  • 受信者数: 100 人
不快な単語: [不快なコンテンツ] に設定する単語の数。
  • エントリ数: 100,000 件

メールアドレス: 次の項目に設定するアドレスの数。

  • 承認またはブロック済みの送信者
  • 適用またはバイパスリスト(特定のアドレスに設定を適用する場合や、特定のアドレスで設定をバイパスする場合に使用するリスト)
  • アドレスリスト数: 2,000
  • 1 つのリストあたり 100,000 件のアドレス

メールアドレスのマッピング: 受信者アドレスマップやエイリアス テーブルのガイドライン。

  • 1 つのマップあたり 2,000 エントリ
S/MIME 証明書: S/MIME ルート証明書の数。
  • ルート証明書数: 100
メール検疫: メール検疫の数
  • 検疫数: 30

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。