SMTP リレーの迷惑メールに関するポリシー

SMTP リレーサービスを使って Google サーバー経由でメールを送信している場合、登録済みの G Suite ユーザー アカウント、未登録のユーザー アカウント、またはその両方を送信元とする迷惑メールが大量に検出されると、管理者にメールアラートが届きます。未登録のユーザー アカウントは、お客様のドメインに属するか、SMTP リレー中に HELO 引数でお客様のドメイン名が使われているかの、いずれかに該当します。

24 時間を経過しても、登録済み G Suite ユーザー アカウントから引き続き迷惑メールが送信されている場合、そのアカウントは停止されます。その際、アカウントの停止を知らせる 2 通目のアラートが管理者に届きます。管理者は、問題の解決後にアカウントを再開することができます。

24 時間が経過しても、未登録の G-Suite ユーザー アカウントから引き続き迷惑メールが送信されている場合にも、管理者に 2 通目のアラートが届きます。このようなアカウントは、迷惑メールの送信元を特定して問題を解決するまで、停止しておくことをおすすめします。

ご利用のアカウントからリレーを利用した迷惑メールが送信される原因

ユーザーの端末が不正なソフトウェアに感染すると、迷惑メールが多数送信されることがあります。オープンリレーとして設定されている端末も、多数の迷惑メールの原因になることがあります。詳しい原因を知るには、迷惑メールの発信元を調査する必要があります。

リレーを利用した迷惑メールが正当なメールに及ぼす影響

大量の迷惑メールを送信することでお客様のドメインの信頼性が低下し、正当なメールが受信者の迷惑メールフォルダに保存されたり、配信を拒否されたりする可能性があります。また、迷惑メールによってお客様の送信メールがリレーサービスの上限に達すると、メール配信の遅延や失敗が発生することもあります。

ユーザー アカウントが Google によって停止される理由

Google では、お客様のドメインの信頼性を維持し、メールフローを正常に保つために、リレーを利用して多数の迷惑メールの送信を繰り返すアカウントを停止します。停止されたアカウントにもメールが引き続き配信されますが、アカウントへのログインや、アカウントからのメール送信はできません。

迷惑メールの原因の特定と解決方法

メールアラートに記載されているアカウントの送信パターンを確認します。

ユーザーの送信パターンを解明する

該当のユーザーが中継したメールの件数や種類をメールログ検索で確認します。リレー IP アドレスを [送信者の IP] 欄に入力し、送信者とリレー IP の組み合わせで検索します。

Gmail での一括送信をご利用の場合は、一括送信ガイドラインをご確認ください。

ユーザーの端末を調査する

[送信元端末の IP] 列に表示される IP アドレスのリストに基づいて、ユーザーの端末を調査します。

通知リストには、送信者が利用した IP アドレスのうち、最新のアドレスが最大 10 個まで表示されます。IP アドレスが複数表示される場合は、端末のログをチェックして大量の迷惑メールの原因となっている可能性がある端末を特定し、ウィルス スキャンを行います。

[送信元 IP] がプライベート IP アドレスの場合、お客様のネットワーク上にある端末で使われている内部 IP アドレスの可能性があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。