Gmail ユーザーへのメールがブロックされたり迷惑メール扱いされたりしないようにする

以下の内容は、以前は「一括送信ガイドライン」という記事で公開されていたものです。

この記事のガイドラインに沿った対応を行うことで、Gmail ユーザーへのメール メッセージが想定どおりに配信される確率が各段に上がります。この記事のおすすめの方法を参考にして、Gmail でメールがブロックされたり、迷惑メールに分類されたりするのを防ぎましょう。このおすすめの方法を適用すると、次のような問題が発生する可能性を低減できます。

  • Gmail でメールの送信レートが制限される
  • Gmail でメールがブロックされる
  • Gmail でメールが迷惑メールに分類される

このガイドラインは、Gmail ユーザーにメールを送信するすべてのユーザーを対象としています。Gmail ユーザーとは、次のいずれかの Gmail アカウントを利用しているユーザーを指します。

  • 末尾が @gmail.com の個人用 Gmail アカウント。
  • 職場または学校で導入している Google Workspace の Gmail アカウント。職場または学校の Google Workspace アカウントのメールアドレスに @gmail.com は含まれません。

Google Workspace アカウントを使用してメールを送信する場合: Gmail の迷惑メールや不正行為に関する規定を必ずご確認ください。この規定は、Google Workspace 利用規定の一部です。

この記事で解決できない問題

この記事では、次の問題に対する解決策は示していません。

サードパーティのメールサービス プロバイダ

Gmail ではサードパーティのメール送信元からの許可リスト登録リクエストは受け付けていないため、サードパーティのメール プロバイダから送信されたメールが Gmail の迷惑メールフィルタを通過することは保証できません。

ご使用のドメインでサードパーティのメールサービス プロバイダを利用してメールを送信している場合は、次のことを確認してください。

  • ご使用のプロバイダがこの記事のガイドラインに準拠していることを確認します。大手メール プロバイダ(Google、AOL、Yahoo など)は通常、こうしたガイドラインを遵守しています。
  • ドメインの SPF レコードに、ご使用のドメインのすべてのメール送信元が含まれていることを確認します。サードパーティ送信者が SPF レコードに含まれていない場合、このプロバイダから送信されたメールは、迷惑メールに分類される可能性が高くなります。詳しくは、ドメインのすべてのメール送信元を承認するように SPF レコードを設定する方法をご覧ください。

ドメイン プロバイダを利用しながら、メールサービスは独自に管理している場合は、次の対策をおすすめします。

  • この記事で紹介している、Gmail ユーザーにメールを送信する場合のおすすめの方法を確認して実施する。
  • Postmaster Tools を使用して、ドメインから Gmail ユーザーに送信されたメールに関する情報を監視する。

Gmail にメールを送信する場合のおすすめの方法を実施する

ドメインから Gmail に送信したメールが迷惑メールに分類されたり、ブロックされたりする可能性を下げるには、ここで紹介する一般的なおすすめの方法を実施してください。

  • IP アドレスとドメインを対応付ける有効な逆引き DNS レコードを設定します。
  • すべてのメールが同じ IP アドレスから送信されるのが理想的です。複数の IP アドレスから送信する必要がある場合は、メールの種類ごとに異なる IP アドレスを使用します。たとえば、アカウントに関する通知の送信には特定の IP アドレスを使用し、プロモーション関連のメールの送信には別の IP アドレスを使用します。
  • 同じメールに種類の異なるコンテンツを含めないでください。たとえば、顧客に送る領収書のメールにプロモーションに関する内容を含めないでください。
  • 同じカテゴリのメールでは、[From:] ヘッダーに同じメールアドレスを指定する必要があります。たとえば、solarmora.com というドメインからのメールの [From:] ヘッダーは以下のように指定します。
    • 顧客に送る領収書のメール: receipt@solarmora.com
    • プロモーション メール: deal@solarmora.com
    • アカウントに関する通知メール: alert@solarmora.com
  • ご利用のドメインが Google セーフ ブラウジングで危険なドメインとして登録されていないことを定期的に確認します。ドメインのステータスを確認するには、セーフ ブラウジング サイトのステータス ページにドメインを入力してください。また、リンクされているドメインもすべて確認します。
  • フィッシング メールのサンプルやキャンペーンのテストをドメインから送信しないでください。ドメインの評価が下がり、インターネット上のブロックリストに追加される可能性があります。
  • 許可なく他のドメインまたは送信者になりすまさないでください。このような行為はなりすましと呼ばれ、Gmail によってメールが迷惑メールに分類される可能性があります。
  • 正当なメールが迷惑メールに分類されないようにするには:
    • [From] 欄のメールアドレスが受信者の連絡先リストに登録されている場合、そのメールは迷惑メールに分類される可能性が低くなります。
    • 正当なメールであっても迷惑メールに分類されることがあります。受信者が正当なメールから迷惑メールのマークを外すと、同じ送信者からの以降のメールが受信トレイに配信されるようになります。

メールが認証されるようにする

メールの認証には、次のような利点があります。

  • 悪意のあるメール(フィッシング メールなど)から受信者を保護できます。
  • Gmail で拒否されたり、迷惑メールに分類されたりする可能性が低くなります。

認証方法はドメイン プロバイダで設定されています。ドメイン ホスティング サービスまたはメール プロバイダを利用している場合は、プロバイダの手順に沿って認証を設定します。認証は、送信ドメインごとに設定してください。

メールが迷惑メールに分類される可能性を最小限に抑えるには、次の認証方法を設定してください。

  • ドメインの SPF レコードを公開します。SPF は、スパマーが未認証のメールをお客様のドメインからのものであると装って送信することを防ぎます。ドメインの SPF レコードには、ご使用のドメインのすべてのメール送信元を含める必要があります。サードパーティ送信者が SPF レコードに含まれていない場合、このプロバイダから送信されたメールは、迷惑メールに分類される可能性が高くなります。詳しくは、ドメインのすべてのメール送信元を承認するように SPF レコードを設定する方法をご覧ください。
  • メールの DKIM 署名を有効にします。受信サーバーは DKIM を使用して、実際にメールを送信したのがドメイン所有者であることを確認します。重要: Gmail では 1,024 ビット以上の DKIM キーが必要です。
  • ドメインの DMARC レコードを公開します。DMARC は、送信者がメールのなりすましからドメインを保護できるようサポートします。

メールが認証されるためには、メールが SPF チェックまたは DKIM チェックに合格する必要があります。DMARC チェックに合格するには、まずメールが SPF または DKIM によって認証され、かつ、認証ドメインがメールの From: ヘッダーに含まれているドメインと一致している必要があります。

これらの認証方法と、組織のメールがどのように保護されるのかについて詳しくは、迷惑メール、なりすまし、フィッシングを Gmail の認証で防止するをご覧ください。

承諾しているユーザーにメールを送信する

あなたからのメールの受け取りを承諾しているユーザーにのみメールを送信します。一般的にこういったユーザーは、あなたのドメインからのメールを迷惑メールとして報告することはありません。

ドメインからのメールが迷惑メールとして報告される頻度が高いと、以降のメールは迷惑メールに分類される可能性が高くなります。迷惑メールとして報告され続けていると、送信元ドメインの評価が下がる可能性があります。ドメインの評価を確認するには、Postmaster Tools をご使用ください。

受信者が簡単に登録できるようにする

承諾しているユーザーに確実にメールを送信するには、次の方法で確認を行います。

  • 受信者があなたからのメールの受信を許可していることを確認します。
  • 受信者の登録を行う前に、各受信者のメールアドレスを確認します。
  • 受信者がメールの配信登録を継続したいかどうかを確認するために、定期的にメールを送信することを検討します。
  • あなたからのメールを読んでいないユーザーについては、配信登録を解除することを検討します。

受信者が簡単に登録解除できるようにする

受信者がいつでもメール配信登録を解除できる方法を提供して、登録解除を容易に行えるようにします。ユーザーがメールの受信を停止できるようにすることで、メールの開封率、クリック率、送信効率を上げることができます。

おすすめの登録解除の方法をいくつか以下に示します。

  • 受信者を登録解除ページに案内するわかりやすいリンクをメールに含めます。
  • 受信者が、登録しているメーリング リストを自分で確認して、リストごとに登録解除するか、リスト全体をまとめて登録解除できるようにします。
  • 何回もメールが返送された受信者を自動的に登録解除します。
  • 受信者がメールの受信をまだ希望しているかどうかを確認するために、メールを定期的に送信します。

ワンクリックでの登録解除機能を利用する

受信者が Gmail 内で登録解除を完了できるようにするには、ワンクリックでの登録解除を設定します。次のヘッダーのいずれかまたは両方をメールに含めます。

List-Unsubscribe-Post: List-Unsubscribe=One-Click
List-Unsubscribe: <https://solarmora.com/unsubscribe/example>

両方のヘッダーを含めると、Gmail は最初に指定されたヘッダーを使用します。

受信者がワンクリックで登録解除すると、次の POST リクエストが届きます。

"POST /unsubscribe/example HTTP/1.1
Host: solarmora.com
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Content-Length: 26
List-Unsubscribe=One-Click"

List-Unsubscribe ヘッダーについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

避けるべき操作

  • 内部メールを迷惑メールとしてマークしないでください。ドメインの評価が下がり、今後送信するメールが迷惑メールに分類される可能性が高くなるためです。
  • 他の企業からメールアドレスを購入しないでください。
  • あなたからのメールの受信を登録(オプトイン)していないユーザーにはメールを送信しないでください。不要なメールは迷惑メールに分類される可能性があるため、このようなユーザーに送信される以降のメールも迷惑メール フォルダに振り分けられるようになります。
  • デフォルトで有効になるオプトイン フォームを使用してユーザーを自動的に登録しないでください。一部の国や地域では、自動オプトインに関して制約があります。ユーザーのオプトインが自動で行われるようにする前に、拠点とする国または地域の法律を確認してください。

メールサービス(メール プロバイダ)を利用している送信者を監視する

注: ここで紹介するガイドラインはメールサービス プロバイダ向けです。

顧客がメールサービス プロバイダのサービスを利用してメールを送信する場合、顧客の送信アクティビティの責任はプロバイダが負うことになるため、以下の手順で顧客の送信アクティビティを管理することをおすすめします。

  • メールの不正使用を報告するためのメールアドレスをメール受信者に提供する(例: abuse@mail-provider.com)。
  • WHOIS レコードと abuse.net で最新の連絡先情報を維持する。
  • 自社のメールサービスを利用して迷惑メールを送信した顧客を直ちに排除する。

アフィリエイト マーケティング プログラムを監視する

アフィリエイト マーケティング プログラムでは、対象のウェブサイトに訪問者を誘導した企業または個人に対して報酬が支払われますが、スパマーがそうしたプログラムを悪用する可能性もあります。ブランドがアフィリエイト マーケティングの迷惑メールに関連付けられてしまうと、そのブランドから送信する他のメールも迷惑メールに分類される可能性があります。アフィリエイトを監視し、迷惑メールを送信するアフィリエイトを排除することをおすすめします。

受信トレイに配信されるようにメールの形式を設定する

次に紹介するメールの形式設定に関するガイドラインに沿ったメールは、Gmail でメールが迷惑メールフォルダではなく、受信トレイに配信される可能性が高くなります。

  • Internet Format Standard(RFC 5322)に準拠する形式でメールを作成します。
  • HTML メールの場合は、HTML 規格に準拠する形式でメールを作成します。
  • HTML または CSS を使用してメールのコンテンツを非表示にしないでください。コンテンツを非表示にすると、メールが迷惑メールに分類される可能性があります。
  • メールの [From:] ヘッダーには、次の例に示すように 1 つのメールアドレスのみ含めるようにします。
    From: notifications@solarmora.com
  • すべてのメールに有効な Message-ID ヘッダー欄を含めます(RFC 5322)。
  • メール本文中のリンクは、見やすく、わかりやすいものにする必要があります。リンクをクリックした場合の移動先について、受信者が把握できるようにします。
  • 送信者の情報を、明確に、見やすく示す必要があります。
  • メールの件名は、本文の内容に関連したものである必要があります。誤解を招くものであってはなりません。
  • 国際化ドメインの形式が、Highly Restrictive guidelines (Unicode Technical Standard #39、セクション 5.2) に準拠するようにします。
    • 認証ドメイン
    • エンベロープ From ドメイン
    • ペイロード ドメイン
    • 返信先ドメイン
    • 送信者ドメイン

送信量を徐々に増やす

重要: 送信量を急激に増やすと、配信に問題が生じる場合があります。メールの送信量を徐々に増やすと同時に、Postmaster Tools を使用してメールのパフォーマンスを監視します。

大量のメールを送信する場合は、次のことをおすすめします。

  • 常に一定の送信レートで送信する。大量のメールを集中的に送信することは避けてください。
  • 少ない送信量から始めて、時間をかけて量を増やしていく。
  • 送信量の増加にあわせて、送信レートとすべての応答を定期的に監視する。定期的に監視することで、送信レートに制限が生じたり、エラーが発生し始めたりしたときに、送信量を減らすことができます。

送信量を増やすペースは、次の要因の影響を受けます。

  • 送信するメールの数: 送信するメールの数が多いほど、送信量をゆっくりと増やす必要があります。
  • メールの送信頻度: メールを週単位でなく日単位で送信するほうが、より早く送信量を増やすことができます。
  • メールに関する受信者からのフィードバック: メール受信登録をしているユーザーにのみメールを送信するとともに、登録解除のオプションも提供します。

IP アドレスに関するおすすめの方法

Gmail ユーザーにメールを送信するメールサーバーについてのおすすめの方法を以下に示します。

送信元サーバーの PTR レコードを確認する

重要: 送信元 IP アドレスは、ポインタ(PTR)レコードで指定されたホスト名の IP アドレスと一致している必要があります。PTR レコードは逆引き DNS レコードとも呼ばれます。

送信元 IP アドレスには PTR レコードが必要です。PTR レコードによって、送信元ホスト名が送信元 IP アドレスに関連付けられていることが検証されます。すべての IP アドレスは、PTR レコードのホスト名にマッピングされる必要があります。

intoDNS ツールを使用して PTR レコードを確認します。

送信量を監視する

重要: 仕事用アカウントおよび学校用アカウントの場合、異なる Google Workspace ドメインの受信者にも送信制限が適用されます。たとえば、ドメインが your-company.netsolarmora.com のメールアドレスを持つユーザーにメールを送信するとします。どちらのドメインの MX レコードにも google.com が含まれている場合は、これら 2 つの異なるドメインに送信されるメールは送信上限にカウントされます。

メール送信に Google Workspace または Gmail を使用している場合: 送信制限に達すると、Google Workspace によって、その IP アドレスのメール送信レートが制限されます。

送信元 IP アドレスの制限内に収まるようにするためのおすすめの方法を以下に示します。

  • google.com の MX ホストを持つドメインから送信する場合は、メールの送信制限に注意してください。
  • 1 つの IP アドレスから送信するメールの制限は、受信者のメールアドレスに含まれるドメインではなく、MX レコードのドメインに基づいて行います。
  • 送信制限内に収めるために、応答を監視して送信レートを適宜変更します。

共有 IP アドレスの評価を監視する

共有 IP アドレス(共有 IP)は、複数のメール送信者によって使用される IP アドレスです。共有 IP アドレス上のすべての送信者のアクティビティが、その IP アドレスを使用している全ユーザーの評価に影響します。

メールの送信に共有 IP アドレスを使用する場合、他の送信者の評価が低いと、お客様自身の評価にも悪影響が及びます。低評価の場合、到達率に影響が出ることがあります。

メールの送信に共有 IP アドレスを使用する場合は、次の手順をおすすめします。

  • IP アドレスがインターネット上のいずれのブロックリストにも登録されていないことを確認します。ブロックリストに登録された送信元 IP アドレスからのメールは迷惑メールに分類されることがあります。
  • 共有 IP でメールサービス プロバイダを利用する場合は、Postmaster Tools を使用して共有 IP アドレスの評価を監視してください。

Postmaster Tools を使用して送信済みメールを監視する

Postmaster Tools を使用すると、Gmail ユーザーに送信したメールに関する次のような情報を取得できます。

  • 受信者がそのメールを迷惑メールに分類したタイミング
  • メールが配信されない理由
  • メールが認証されているかどうか
  • ドメインまたは IP アドレスの評価と、その評価がメール到達率に与える影響

メールの配信に関する問題のトラブルシューティング

メールサービス プロバイダを利用している場合

メールサービス プロバイダを利用していて配信に関する問題が発生している場合は、当該プロバイダにお問い合わせのうえ、この記事に記載されているおすすめの方法をプロバイダが採用しているかどうかを確認してください。

MX ツールボックスを使用してドメインの設定を確認する

ドメインの設定を確認、修正するには、Google 管理者ツールボックスを使用します。

メールが拒否された原因を修正する

メールが拒否されると、エラー メッセージが表示される場合があります。問題を解決できるように、エラーの詳細を確認してください。一般的なエラー メッセージの例を次に示します。

  • 421, "4.7.0": Messages are rejected because the sending server’s IP address is not on the allowed list for the recipient’s domain.(送信元サーバーの IP アドレスが受信者のドメインの許可リストに登録されていないため、メールは拒否されました。)
  • 550, "5.7.1": Messages are rejected because the sending server’s IP address is on an IP suspended list.(送信元サーバーの IP アドレスが IP 停止リストに登録されているため、メールが拒否されました。)このエラーは、評価の低い共有 IP を使用してメールを送信すると発生する場合があります。

メールと SMTP に関するエラー メッセージについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

IPv6 認証エラーを修正する

送信元サーバーの PTR レコードで IPv6 が使用されていない場合、IPv6 認証エラーが返される場合があります。メールサービス プロバイダを利用している場合は、プロバイダが IPv6 の PTR レコードを使用していることを確認してください。

IPv6 認証エラーの例を次に示します。
550-5.7.1: Message does not meet IPv6 sending guidelines regarding PTR records and authentication.(メールが PTR レコードと認証に関する IPv6 の送信ガイドラインに準拠していません。)

トラブルシューティング ツールを使用する

この記事のガイドラインに沿って対応した後もメールの配信に関する問題が解決されない場合は、メールの送信に関する問題のトラブルシューティングをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false