メール転送

ドメインレベルのルーティング

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

 

ルーティング設定の導入に伴い、従来の [メール転送] 設定はすでにサポートを終了し、間もなく利用することができなくなります。この移行期間中、管理コンソールには [メール転送] 設定が「サポート終了」という赤色のタグ付きで表示されます。ここで設定されているドメインレベルの転送やキャッチオール アドレスへの転送は引き続き機能しますが、設定の編集や追加はできません。

[メール転送] で設定していたドメインレベルの転送は、[ルーティング] 設定に変換することができます。キャッチオール アドレスへの転送を設定してある場合は、その他のドメイン設定をすべて変換してから、キャッチオールの設定を変換してください。 

ドメインレベルのルーティング設定を変換する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。

    注: この設定は [アプリ]次に Google Workspace次にGmail次に[詳細設定] でも確認できます。

  3. 左側で最上位の組織を選択します。通常、これはドメインです。

  4. [転送] の下の [メール転送] までスクロールします。

  5. [メール不着通知を送信する] の下の [変換] をクリックします。ドメインレベルの転送に使用していた設定内容が新しい [ルーティング] 設定にコピーされ、画面に表示されます。

  6. 設定を確認し、必要に応じて編集します。ルーティング設定について詳しくは、ドメインまたは組織用のルーティング設定についてのページをご覧ください。

  7. [設定を追加] をクリックします。

  8. 手順 5~7 を繰り返して、その他の転送設定をすべて変換します。[メール不着通知を送信する] の下の各転送先で [変換] をクリックします。

  9. メインの転送先に対してキャッチオールを設定していた場合は、もう一度 [変換] をクリックするよう求められます。キャッチオール アドレスを設定していなかった場合、すべての転送設定の変換を終えると、キャッチオール アドレスに関連する設定がまったく表示されなくなります。

  10. Gmail の [詳細設定] ページの下部にある [保存] をクリックします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。