アカウントを販売パートナーに移行する

Google 管理コンソールに表示される Google Workspace の各エディションおよびその他の有料サブスクリプションに適用されます。

ご利用の Google アカウントについて Google から直接請求を行っている場合に、アカウントの管理を Google 販売パートナーへと移行することができます。販売パートナーが組織のアカウントを管理して、導入やサポートなどのサービスを提供できます。移行しても、お客様は引き続きアカウントの特権管理者のままとなります。移行することで変わるのは、お客様が販売パートナーの顧客になるということだけです。

お住まいの地域の正規販売パートナーを探すには、Google Partner 検索ディレクトリをご利用いただけます。

販売パートナーによるアクセス

G Suite や Cloud Identity といった管理対象の Google アカウントを販売パートナーに移行する場合、販売パートナーはお客様のドメインに対し以下のアクセスを持つことになります。

  • ユーザーの追加と削除
  • ユーザーの詳細の編集
  • ユーザー パスワードのリセット
  • 組織部門の編集

行える操作は、販売パートナーのアクセスレベルによって異なります。アクセスの制限方法など、販売パートナーによるドメインへのアクセスについて詳しくは、販売パートナー経由で購入したドメインへの Google 販売パートナーによるアクセスをご覧ください。

アカウントを移行する

販売パートナーにアカウントの管理を移行する場合、Google で移行トークンが必要となります。このトークンは、お使いのアカウントを販売パートナーと関連付けるものです。移行トークンの取得方法は次のとおりです。

  1. 新しい販売パートナーに公開 ID を確認します。
  2. [移行トークンの取得] に移動します。
  3. 管理対象の Google アカウントのユーザー名とパスワードを使用してログインします。
  4. チェックボックスをオンにして利用規約に同意します。
  5. [販売パートナーの公開 ID を入力してください] に、販売パートナーの公開 ID を入力します。
  6. [販売パートナー ID を確認] をクリックします。
  7. ドメイン名と会社名が移行先の新しい販売パートナーと一致することを確認します。
  8. [移行トークンを生成] をクリックします。
  9. [コードをコピー] をクリックします。
  10. このトークンの英数字コードを新しい販売パートナーに提供すると、新しい販売パートナーが移行を完了できるようになります。

移行トークンの有効期限は生成後 14 日間です。有効期限が切れた場合は、もう一度ログインして上述の手順を繰り返します。

移行後の請求

販売パートナーが移行を完了すると、そのアカウントは新しいサブスクリプションになります。請求は Google ではなく、販売パートナーから行われるようになります。

月の初日以外の日に移行が完了した場合、その月の請求書は次の 2 通となります。

  • Google が発行する、移行日までの請求
  • 販売パートナーが発行する、移行完了日以降の請求

翌月以降は、販売パートナーからの請求書 1 通のみとなります。

G Suite または Cloud Identity Premium の場合、請求に関する移行の影響は以前のお支払いプランによって異なります。詳しくは、移行した顧客への課金をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。