検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

モバイル端末管理機能を自動で設定する

この機能は G Suite EnterpriseG Suite BusinessG Suite Basic の各エディションでご利用いただけます。

モバイル端末管理機能を自動または手動で設定できるようになりました。

ステップ 1: 自動設定にするか手動設定にするか選択する

自動設定

管理機能を自動で設定する場合は、次のいずれかの方法で行います。
  • 管理コンソールのダッシュボードの右上にある [管理を開始] をクリックします。 
  • G Suite 設定ウィザードで、ドメイン内のすべてのモバイル端末を Google が管理できるように許可するオプションを選択します。

どちらの管理機能設定方法でも、自動的に管理機能が有効になり、デフォルトのポリシー設定が管理対象端末に適用されます。

手動設定

使用する方法が決まっておらず、設定作業を自分で完了する場合は、手順を確認しながらモバイル端末管理機能を設定できます。

ステップ 2: 使用できる設定オプションを確認する

自動設定のいずれかの方法を選択した場合は、下記の管理機能について確認します。

iOS® 端末(基本管理) Android 端末(詳細管理)
  • 端末のセキュリティを維持するため、パスコードが必要です。
  • 該当する企業データを端末から消去できます。
  • ユーザーは、引き続き Google モバイルアプリにアクセスできます。
  • 所属組織のすべてのモバイル端末を一元的に表示、管理できます。
  • ユーザーの端末にインストールされているアプリを管理します。
  • 仕事用プロファイルが自動的に提供され、ユーザーは仕事用アカウントと個人アカウントを分けておくことができます。
  • 必要に応じて、安全なパスワードを適用できます。
  • 参照用に、管理レポート、監査、アラートを利用できます。
  • 必要に応じて、ポリシー設定を調整して、管理対象端末のセキュリティを維持し、制御できます。
  • ユーザーは、引き続き Google モバイルアプリにアクセスできます。
  • 所属組織のすべてのモバイル端末を一元的に表示、管理できます。

ステップ 3: 登録処理を完了する

iOS 端末ユーザー

  • G Suite アカウントを持っているユーザーで、画面ロックのパスコードを設定している場合は、自動的に登録されます。
  • G Suite アカウントは持っているものの画面ロックのパスコードを設定していないユーザーは、アカウントを操作してパスワードのセキュリティ用にパスコードを作成するよう求める通知が表示されます。
  • 管理者が管理機能を設定した後に登録を行った新しいユーザーは、画面ロックのパスコードの設定に応じて同様の状況になります。

パスコードが必要な場合:

  1. G Suite アカウントがすでに設定されている端末で、この時点で同期中である場合は、登録が完了するまでアプリと企業データの同期は停止されます。
  2. ユーザーが PIN を作成すると、新しく登録した端末では同期が開始され、G Suite アカウントがすでに設定されている端末では同期が再開されます。
     

Android 端末ユーザー

(必須)Android 端末ユーザーの場合は、アカウントを操作するよう求めるプロンプトが表示されます。端末に G Suite アカウントがすでに設定されている場合は、操作手順が完了するまで、アプリとデータの同期は停止されます。新しいユーザーが G Suite アカウントを追加する場合は、操作手順が完了するまで、同期は開始されません。
  1. 端末の管理に役立つ Device Policy アプリをダウンロードしてインストールします。
  2. 端末上に仕事用プロファイルが作成されるのを許可します。
    これにより、企業の G Suite アプリにそれぞれビジネス向け Android アイコン Android for Work が追加され、端末上にある個人用 Google アプリと視覚的に区別できるようになります。
    ユーザーは登録時に、仕事用プロファイルを許可しないように選択することもできます。ただし、管理者は、Android 設定カードで仕事用プロファイルの適用を設定することで、この設定を任意から必須に変更できます。

    仕事用プロファイルを許可すると、次の Google モバイルアプリが自動的に利用可能になります。
    カレンダー カレンダー   Google ドライブ ドライブ   Gmail Gmail
  3. 管理機能への登録を許可し、Android 詳細管理に対して適用されているポリシーに準拠していない端末上の設定を調整します。

Android 端末ユーザーが手順を完了すると、新しく登録した端末では同期が開始され、既存の G Suite アカウントを同期中だった端末では同期が再開されます。

デフォルトでは、アプリのホワイトリストが自動的に作成され、次の追加アプリが利用可能になります。

Chrome Chrome   ドキュメント ドキュメント   ハングアウト ハングアウト   受信トレイ Inbox
Google Keep Keep   スプレッドシート スプレッドシート   スライド スライド      

ユーザーは、このホワイトリストに含まれる追加のアプリを Google Play ストアで確認できます。
アプリのホワイトリストを管理して、アプリの追加や削除を行うことができます(サードパーティの EMM プロバイダを利用している場合、いつでも Google モバイル管理を使用して Android アプリを管理するように切り替えることができます)。

ステップ 4: 管理ポリシーを調整する

自動設定を選択している場合は、選択した Android 管理ポリシーが自動的に適用されます。ポリシーの設定を調整する場合は、以下をご覧ください。

  • Android 設定 - Android 端末のポリシー用
  • 詳細設定 - セキュリティや Google Sync、その他各種 Google サービスに関するポリシー用

後で iOS 端末に詳細管理を適用するように決定した場合は、iOS 設定も調整できます。

次のステップ: 端末を管理する

端末管理のページに移動して、端末の表示や管理を行います。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。