ユーザーの共有ドライブとそのファイルを削除、復元する

これらの機能に対応しているエディション: Business Standard および Business Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Education Standard、Teaching and Learning Upgrade、Education Plus、Nonprofits、G Suite Business、Essentials。 エディションの比較

管理している共有ドライブを削除するには: こちらの記事をご確認ください

管理者は、Google Workspace 管理コンソールで共有ドライブを削除、復元することができます。空き容量を増やす必要があるので共有ドライブがまだ使われているかどうか調べたい場合、あるいは組織のデータ ポリシーに違反するコンテンツが共有ドライブに含まれている場合などに、この操作を行うことができます。

共有ドライブを削除する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有ドライブの管理] をクリックします。

  4. 削除する共有ドライブを見つけます。共有ドライブが多い場合は、共有ドライブの名前やその他の属性でリストをフィルタリングできます。
  5. 1 つの共有ドライブを削除するには:
    1. 共有ドライブにカーソルを合わせ、その他アイコン 次に [削除] をクリックします。
    2. チェックボックスをオンにし、[共有ドライブを削除] をクリックします。
  6. 多数の共有ドライブを削除するには:
    1. 削除する各共有ドライブの横にあるチェックボックスをオンにします。
    2. 上部にある [削除] をクリックします。
    3. 確認チェックボックスをオンにして [共有ドライブを削除] をクリックします。

削除された共有ドライブは、削除後 30 日間は管理コンソールの共有ドライブのリストに引き続き表示されます。ステータスは [削除済み] と表示されます。

削除された共有ドライブや共有ドライブから削除されたファイルを復元する

共有ドライブが削除されてから復元する必要がある場合は、削除してから 25 日以内であれば復元できます。共有ドライブから削除されたファイルを復元することも可能です。

始める前に: 多数のファイルやフォルダを一度に復元すると、すべてのアイテムを復元するのに時間がかかることがあります。復元の進行中に別の復元を開始すると、いずれかの復元がキャンセルされます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有ドライブの管理] をクリックします。

  4. (省略可)[フィルタを追加] をクリックして、フィルタ オプション([メンバーなし]、[作成日] など)を選択します。
  5. 共有ドライブにカーソルを合わせ、[復元] ボタンをクリックします。
  6. どの期間に削除されたデータを復元するかを指定します。共有ドライブを復元する際に、削除された時点での共有ドライブ内のすべてのファイルを復元するには、削除された日付から現在の日付までを選択する必要があります。

    重要: Google Vault の保持ポリシーが設定されている場合を除き、過去 25 日以内に共有ドライブのゴミ箱から削除されたアイテムのみを復元できます。詳しくは、Vault を使用してドライブ ファイルを保持するをご覧ください。

  7. [データを復元] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false