検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

会社所有端末を設定する

この機能は G Suite EnterpriseG Suite Business の各エディションでご利用いただけます。

G Suite 管理者ができること

  • 端末を従業員に支給する。
  • 従業員に支給した端末を Google モバイル管理で「会社所有」として登録する。端末を「会社所有」として登録できるのは、ユーザーに G Suite Business ライセンスが割り当てられている場合のみです。

これらの機能を使って次のことを行えます。

  • モバイル端末を適切に確認する。
  • ユーザーが会社の端末を保有するか、個人の端末を保有するかで、適用する組織のポリシーを分けるかどうかを決定する。たとえば、端末の紛失や盗難が発生したときに、その端末が会社所有かどうかを調べて端末の完全ワイプを行うことができます。

すべて開く   |   すべて閉じる

個人の端末と会社所有端末の違いを知る
端末を会社所有として登録することは、モバイル管理者にとって次の意味があります。
  • ユーザーが端末を登録するときは必ず端末所有者モードで登録することになります。
  • 端末の承認を必須としていても、管理者が会社所有端末を個別に承認する必要はありません。
  • 管理者は非アクティブ レポートを 30 日ごとに受け取り、どの会社所有端末が使用されていないかを容易に知ることができます。
  • 出荷時設定へのリセット保護機能を有効にする(出荷時設定へのリセット後に端末にアクセスするにはアカウントの端末機能設定を使用する)場合、ユーザーが会社所有端末を「出荷時設定にリセット」すると、その端末をユーザーが登録し直すことはできません。これを行えるのは、適切な権限を持つモバイル管理者のみです。
  • アカウントのワイプは会社所有端末には使用できません。
機能 会社所有端末 個人所有の端末
端末所有者モードを無効にできる いいえ はい
端末の承認が有効な場合、管理者が端末を承認する必要がある いいえ はい
管理者は 30 日ごとに非アクティブ レポートを受信できる はい いいえ
ユーザーが出荷時設定へのリセットを行った場合、端末を再登録できなくする はい いいえ
アカウントのワイプを使用できる いいえ はい

 

会社所有端末を展開するための準備
会社所有端末を展開する場合は、事前に次の操作を行うことをおすすめします。
  1. Android for Work と Google モバイル管理をバインドする。
  2. Android 搭載端末の管理を有効にする。会社所有端末のページで [ユーザーが端末所有者モードを有効にできるようにする] をオンにする必要はありません。これは個人の端末のみの設定です。
  3. 自動インストールする、またはユーザーが手動でインストール可能な Android アプリをホワイトリストに登録する。
  4. 会社所有端末のユーザーに G Suite Business ライセンスが適用されるようにする。
  5. 端末を初期状態にリセットする。詳細については、各端末の説明書をご覧ください。
  6. 一意のシリアル番号のリストを記載した CSV ファイルをアップロードすることで、会社所有として端末を登録する。

:

  • Google をデバイス マネージャーとして使用する場合に会社所有端末として登録できるのは、Android 6.0(Marshmallow)以降を搭載した端末のみです。他の EMM には、Android 5.1 以降での端末の所有者モードをサポートしているものがあります。
  • iOS® 搭載端末は現在サポートされていません。
既存の端末を会社所有端末に変更する
すでに従業員に端末を支給している場合は、それらの端末の登録を変更して会社所有にすることができます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [モバイル端末] ボックスをクリックして、管理対象のモバイル端末リストのページを開きます。
  4. [フィルタ] の [端末の所有者] の下矢印アイコン 下矢印 をクリックして [個人所有] を選択します。
  5. このリストから、変更するすべての端末のシリアル番号を取得します。
  6. [会社所有端末のインポート] ダイアログ ボックスでシリアル番号をアップロードします。すでに支給済みの端末を引き続き端末所有者モードでプロビジョニングするには、端末を出荷時設定にリセットする必要があります。既存の端末を会社所有端末に変更すると、ユーザーは端末を「出荷時設定にリセット」して再登録する必要があります。ユーザーの個人の端末を Android の端末所有者モードで登録していなかった場合は、出荷時設定にリセットするだけです。
会社所有端末を表示する

会社所有端末を表示するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [モバイル端末] をクリックして端末リストページを開きます。
  4. [フィルタ] の [端末の所有者] の下矢印アイコン 下矢印 をクリックして [会社所有] を選択します。
会社所有端末を追加で読み込む

CSV ファイルを使用すると、複数の端末を一括で読み込むことができます。まず、端末読み込み用テンプレートをダウンロードします。次に、読み込む端末のシリアル番号を入力してファイルを更新し、管理コンソールにアップロードします。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [モバイル端末] をクリックします。
  4. 左側の [端末の所有者] の下にある下矢印アイコン 下矢印 次へ [会社所有] をクリックします。
  5. 上部にある追加アイコン 追加 をクリックします。
  6. [ダウンロード] をクリックします。
  7. テンプレート ファイルを開き、次の端末情報を入力します。
    • 端末のシリアル番号(必須)
    • 端末に割り当てるアセットタグ(省略可)
  8. ファイルを保存します。
  9. 管理コンソールに戻り、[ファイルを選択] をクリックします。
  10. 先ほど保存したファイルを選択して [インポート] をクリックします。


読み込み処理が完了したら、正常に読み込まれた端末の数を知らせるメールが届きます。

いずれかの端末のシリアル番号が読み込まれなかった場合は、次の内容のエラー メッセージが表示されます。

  • シリアル番号の重複 - このシリアル番号はすでに会社所有端末として存在しています。
  • 無効またはシリアル番号が空白 - シリアル番号を入力する必要があります。

対処方法は次のとおりです。

  1. エラーを修正します。
  2. 前回正常に読み込まれたシリアル番号を削除します。
  3. ファイルを再度アップロードします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。