会社所有の Android 搭載端末を設定する

この機能は、G Suite for EducationG Suite for Nonprofits以前の無償版の Google Apps ではご利用いただけません。

Android 6.0(Marshmallow)以降を搭載した端末の所有権を会社に割り当てることで、ユーザーに提供する仕事用端末を管理できます。会社所有として登録された端末は、端末所有者モードで動作します。端末所有者モードとは、組織が端末を完全に制御できる管理モードです。たとえば、アプリのインストール、個人アカウント、ハードウェア、ネットワーク設定、セキュリティ オプションを制御する追加のポリシーを適用できます。

始める前に

端末の所有権を会社に割り当てる前に、以下を行う必要があります。

  • 端末を出荷時設定にリセットします(端末がすでに使用されている場合)。
  • Android 搭載端末にモバイルの詳細管理を設定します。詳しくは、モバイル端末詳細管理機能を設定するをご覧ください。

オプション 1: 管理コンソールで会社所有端末を登録する

この機能は、G Suite Business、G Suite Enterprise でご利用いただけます。エディションの比較

Google 管理コンソールで端末のシリアル番号を読み込み、会社所有として登録できます。ユーザーが管理対象の G Suite アカウントを登録済み端末に追加すると、自動的に端末の所有権が会社に割り当てられます。この場合、次の点にご注意ください。

  • ユーザーは割り当てを無効にすることはできません。
  • 管理者は会社所有端末のリストで、読み込み対象の端末を確認できます。
  • 管理者による端末の承認が必須の場合でも、端末の管理を承認する必要はありません。
  • 使われていない会社所有端末の月次レポートを取得できます。

端末の詳細を読み込む

CSV ファイルを使用すると、複数の端末を一括で読み込むことができます。まず、端末読み込み用テンプレートをダウンロードします。次に、読み込む端末のシリアル番号を入力してファイルを更新し、管理コンソールにアップロードします。管理コンソールに端末の詳細を追加する前に端末をユーザーに支給した場合でも、会社所有端末として端末の詳細を追加できます。この処理中に、端末のユーザーは、端末を出荷時設定にリセットして再登録するよう求められる場合があります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[端末管理] にアクセスします。

    [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [モバイル端末] をクリックします。
  4. (省略可)左側にある [端末の所有者] で下矢印 下矢印 をクリックし、[個人所有] を選択します。リストから、会社所有端末に変更する管理対象端末のシリアル番号を取得します。
  5. 左側にある [端末の所有権] で下矢印 下矢印 をクリックし、[会社所有] を選択します。
  6. 上部にある追加アイコン 追加 をクリックします。
  7. [ダウンロード] をクリックします。
  8. テンプレート ファイルを開き、次の端末情報を入力します。
    1. 端末のシリアル番号(必須)
    2. 端末に割り当てるアセットタグ(省略可)
  9. ファイルを保存します。
  10. 管理コンソールに戻り、[ファイルを選択] をクリックします。
  11. 先ほど保存したファイルを選択して [インポート] をクリックします。
読み込み処理が完了したら、正常に読み込まれた端末の数を知らせるメールが届きます。

問題を解決する

いずれかの端末のシリアル番号が読み込まれなかった場合は、次の内容のエラー メッセージが表示されます。

  • シリアル番号の重複 - このシリアル番号はすでに会社所有端末として存在しています。
  • 無効またはシリアル番号が空白 - シリアル番号を入力する必要があります。

対処方法は次のとおりです。

  • エラーを修正します。
  • 正常に読み込まれたシリアル番号をテンプレート ファイルから削除します。
  • ファイルを再度アップロードします。

オプション 2: ユーザーが会社所有端末を登録できるようにする

管理コンソールで設定を有効にすることで、デフォルトでユーザーが端末を設定し、会社所有として登録できるようになります。Google Apps Device Policy アプリが自動的に端末にインストールされ、端末がドメインに登録されます。この場合、次の点にご注意ください。

  • 個人所有端末(BYOD)の場合、ユーザーはデフォルトの所有権の割り当てを無効にできます。
  • 管理者は個人所有端末のリストで端末を確認できます。
  • 管理者による端末の承認が必須の場合は、端末の管理を承認する必要があります。

従業員による設定中に個人所有端末かどうかを指定させるには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[端末管理] にアクセスします。

    [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. 左側にある [セットアップ] をクリックします。
  4. [会社所有端末] をクリックします。
  5. (省略可)左側で組織を選択します。
  6. [会社所有として登録されていない Android 搭載端末に対して端末所有者モードを有効にする] をオンにします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. ユーザーが会社のアカウントを端末に追加すると、端末の所有権が会社に割り当てられることを示すメッセージが表示されます。[次へ] をタップして続行できます。個人所有端末の場合、ユーザーは [この端末を所有しています] をオンにして割り当てを無効にできます。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。