Google モバイル管理設定ガイド

モバイル端末の詳細管理について

従来の G Suite(無償版)をご使用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしてください。

端末のパスワードの強化、Device Policy の管理、Android 搭載端末や Apple® iOS® 搭載端末のアプリの管理、端末のすべてのデータのワイプを行う場合は、詳細管理を使用します。機能の完全なリストについては、モバイル管理機能の比較をご覧ください。

Android 搭載端末と iOS 搭載端末の詳細管理の設定方法は異なります。Android 搭載端末の場合、Android アプリの管理をオンにする必要があり、iOS 搭載端末の場合、Apple プッシュ証明書を設定する必要があります。Android および iOS ユーザーは、端末を管理できるよう、Device Policy アプリまたはプロファイルをインストールするように求められます。

ご利用の前に

  • サポートされている端末を確認する - サポートされている端末は Android、Apple® iOS®および、Microsoft Exchange® ActiveSync® を使用する端末です(G Suite のみ)。詳細については、端末の最小要件をご覧ください。
  • ユーザーをグループ分けする - 組織部門を使用して、ユーザー グループごとに異なる設定を適用します。たとえば、ロック画面での通知の表示をマネージャーには許可して、他の従業員には許可しないといった設定が可能です。詳細については、ユーザー別にポリシーを適用するをご覧ください。
  • ユーザーに通知する - 仕事で使用しているモバイル端末が管理対象になることをユーザーに伝え、適用されるポリシーと端末の登録方法を通知します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。