プライマリ ドメインを変更する前に

プライマリ ドメインの変更は常に必要とは限りません。ドメインの使い方によっては、ドメインまたはドメイン エイリアスとして追加するだけでよい場合もあります。また、プライマリ ドメインを変更する場合は、事前にいくつか検討事項があります。

まず、ご利用の管理対象の Google アカウントの種類で、プライマリ ドメインの変更がサポートされていることを確認します。下記の事項のすべてを検討したうえでプライマリ ドメインの変更を希望される場合は、管理コンソールからプライマリ ドメインを変更するをご覧ください。

管理対象の Google アカウントがサポートされていることを確認する

現在のところ、次に該当する場合は管理コンソールでプライマリ ドメインを変更できません。

  • 販売パートナーまたは販売パートナー申請中の組織のプライマリ ドメイン(販売パートナー経由で購入されたお客様のドメイン名は変更可能です)
  • Google サービスのお申し込みの際に、Google ドメイン登録パートナーまたは Google Domains 経由でドメイン名を購入されたお客様
  • Google Domains 経由で Google サービスを購入されたお客様
  • 端末の登録(Chrome 端末管理、Chromebox for meetings、Google Play for Education を含む)
  • G Suite 試用期間中のお客様
  • G Suite Standard Edition(無償版や従来のエディションを指します)

プライマリ ドメインを変更する前に検討すべき事項

プライマリ ドメインの変更が必要な場合

プライマリ ドメインを変更する必要があるのは、通常、次の場合のみです。

  • ユーザーが新しいプライマリ ドメイン名を使用してアカウントにログインできるようにする場合。
  • 古いドメインの所有権を喪失し、アカウントから削除する場合。
  • Google App Engine を使用し、プライマリ ドメインのユーザー アカウントによる認証を行っている場合。
  • ドライブでの共有やカレンダーでの招待で、ユーザーのメインのメールアドレスが常に表示されるようにして、ブランドの一貫性を保ちたい場合。

プライマリ ドメインの変更について報告されている問題

Google Play for Education

  • プライマリ ドメインを更新すると、Google Play for Education に影響が生じる場合があります。ポリシーが機能しなくなったり、端末の登録や再登録の際に問題が発生したりする場合もあります。さらに、年単位のサブスクリプション サービスで追加ライセンスの購入や契約の更新を行う際に、注文を完了できない可能性があります。

管理コンソール

  • お支払いに関する重要な通知のすべてが正確な連絡先に送信されるよう、[お支払い情報] でビジネス拠点の連絡先情報を更新する必要があります。
  • プライマリ ドメインの名前を変更した後は、カスタムロゴを再適用してください。

以前の Google サイト

  • サイトを表示するには、URL の古いドメイン名を新しいドメイン名に置き換える必要があります(たとえば、「sites.google.com/a/<旧ドメイン名>」を「sites.google.com/a/<新ドメイン名>」に変更します)。
  • 古いドメイン内の既存のサイトには、以前の URL を使用して引き続きアクセスできます。
  • 古いドメインを削除すると、その古いドメイン内の既存のサイトもすべて削除されます。サイトを保持したい場合は、プライマリ ドメインを変更する前に、Google Sites API を使用してサイトを複製する必要があります。

新しい Google サイト

一般公開 URL については、古いドメインを削除すると、その古いドメイン内の既存のサイトの公開は停止されます。サイトのオーナーには、一般公開 URL を更新してサイトを再公開する手順が記載された通知メールが届きます。

Marketplace と Google App Engine のアプリ

  • Marketplace や Google App Engine から追加したアプリは、すべて再インストールする必要があります。ドメイン名やユーザーのメールアドレスに基づいてデータを保存するアプリの場合、データが失われる場合があります。詳しくはアプリのデベロッパーまでお問い合わせください。

ドメイン エイリアス

  • ドメイン名を変更した後も、ドメイン エイリアスは変更前のプライマリ ドメインに引き続きリンクされます。このドメイン エイリアスによって、ユーザー名の変更後にメールのエイリアスを作成するときに影響が生じる可能性があります。

カレンダー

  • 既存の予定(定期的な予定も含まれます)にあるすべてのビデオ通話リンクには、変更前のドメイン名が含まれます。このリンクをクリックしても、予定には参加できません。リマインダー メールや変更通知メールに含まれるリンクも同様です。ドメイン名の変更後に作成された予定のビデオ通話リンクには、変更後の新しいドメインが表示されます。
  • カレンダーでドメイン名の変更前に作成された予定のメールアドレスは、更新されません。そのため、この予定のリソース カレンダーをユーザーが確認することはできません。ドメイン名の変更後に作成された予定のリソース カレンダー アドレスには、変更後のドメインが表示されます。

プライマリ ドメインを変更する際の一般的な検討事項

  • ドメイン名を変更すると、変更が Apps に反映されるまでしばらく時間がかかる場合があります。
  • ドメイン名を変更しても、以前のドメインでプロビジョニングされていたユーザーやグループのメインのメールアドレスは自動では変更されません。新しいプライマリ ドメインを使うようユーザー名を変更することはできますが、変更する前に必ずユーザー名の変更による影響をご確認ください。なお、グループのメールアドレスも変更できます。
  • 新しいメールアドレスでメールを受信できるようにするには、Google を参照先とするように MX レコードを設定する必要があります。この設定はドメイン名を変更する前に行っておくことを強くおすすめします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。