検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

集計レポート

動向や管理情報を確認する

組織の管理者は集計レポートを使用して、認証のステータス、アカウントのステータス、管理者のステータス、保存容量、ドライブ内のファイル数など、さまざまな設定やステータスについての動向や管理情報の概要を確認できます(G Suite の場合)。レポートには、ドメイン内のすべてのユーザーの情報を示すさまざまなグラフや表が含まれます。情報の概要や動向の確認には集計レポートを、ユーザーごとのデータの確認にはアカウント アクティビティ レポートを使用してください。

ステップ 1: 集計レポートを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [レポート] にアクセスします。

    [レポート] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [集計レポート] にアクセスします。
  4. ツールバーにある、列を選択アイコン 列選択ツール をクリックします。次に、レポートに表示するデータを選択します。
  5. レポートデータを確認、カスタマイズする方法については、下記をご覧ください。

ステップ 2: 集計レポートデータを確認する

管理コンソールの集計レポートは、次のユーザーデータに基づいています。
アカウント
レポートタイプ 説明
2 段階認証プロセスの登録 ドメイン内で、2 段階認証プロセスに登録しているユーザーの数。
2 段階認証プロセスの適用 ドメイン内で、2 段階認証プロセスに登録する必要があるユーザーの数。
ユーザー アカウントのステータス
全ドメインにおける、各アカウント ステータス(アクティブブロック中強制停止中)のユーザー数。
  • ブロック中のユーザーとは、利用規約への違反があったために Google のシステムによって自動的に停止され、「不正利用」していると判断されたユーザーです。詳しくは、サポートにお問い合わせください。
  • 強制停止中のユーザーとは、管理者によって一時的にアカウントが無効にされているユーザーです。管理者は、ドメイン プロフィールや関連付けられている情報(ドキュメントやプレゼンテーションなど)を削除せずにユーザー アカウントを停止することができます。管理者によって停止中のユーザー アカウントが再開されるまで、強制停止中のユーザーはログインできません。
管理者のステータス 管理者権限(特権管理者代理管理者、またはなし)ごとの、ドメイン内のユーザーの数。
安全性の低いアプリのアクセスのステータス 安全性の低いアプリからのユーザー アカウントへのアクセスの可否についてのユーザー操作(許可または拒否)ごとの、ドメイン内のユーザーの数。
アプリで使用中の保存容量(MB) Gmail、Google ドライブ、Google フォトでドメイン内のすべてのユーザーが消費した使用容量(MB)。

このレポート形式は、G Suite EnterpriseG Suite BusinessG Suite for Education の各エディションをご利用のお客様には表示されません。

合計使用容量(MB) ドメイン内のすべてのユーザーが消費した使用容量(MB)。

このレポート形式は、G Suite EnterpriseG Suite BusinessG Suite for Education の各エディションをご利用のお客様には表示されません。

Gmail(G Suite のみ)
レポートタイプ 説明
受信メール: 配信 組織に関連付けられたドメインの外部の送信者からユーザーが受信する受信メール(配信、ルート変更、拒否)の合計数。
受信メール: 迷惑メール 受信メールの合計のうち、迷惑メールとして分類された受信メールの件数。
受信メール: 暗号化 受信メールの合計のうち、暗号化された受信メールの件数。
送信メール: 配信 送信メールの合計のうち、配信済みの送信メール(配信、ルート変更、拒否)の件数。
送信メール: 暗号化 送信メールの合計のうち、TLS(Transport Layer Security)暗号化された送信メールの件数。
合計メール件数 ドメイン内のすべてのユーザーが保存したメールの合計数。

レポート内の送受信メールの詳細については、メールフロー用語の定義をご覧ください。

Gmail 集計レポートの既知の問題 - 「デフォルトの転送」ルールによって拒否されたメールは、拒否されたメールとしてカウントされません。ウィルスに感染したメールが SMTP MSA ネゴシエーション中に検出された場合、そのメールは [集計レポート] ではなく [メールログ検索] で「拒否」としてカウントされます。
モバイル

Android データは G Suite のお客様専用です。

レポートタイプ 説明
管理対象端末(7 日間)

過去 7 日間にアクティブだった管理対象端末(Google SyncAndroid SynciOS Sync)の数。

2 種類の同期が設定されている端末(Google Sync と Android Sync が設定された Android 搭載端末、または Google Sync と iOS Sync が設定された iOS 端末のいずれか)の場合は、該当する両方のデータセットでグラフにカウントされます。

管理対象端末(30 日間)

過去 30 日間のアクティブな管理対象端末(Google Sync、Android Sync、iOS Sync)の数。

2 種類の同期が設定されている端末(下記を参照)の場合は、該当する両方のデータセットでグラフにカウントされます。

  • Google Sync と Android Sync が設定された Android 搭載端末
  • Google Sync と iOS Sync が設定された iOS 端末

注: このレポートは、デフォルトでは表示されません。

管理対象ユーザー(7 日間) 過去 7 日間のアクティブな管理対象ユーザー(Google Sync、Android Sync、iOS Sync)の数。
管理対象ユーザー(30 日間) 過去 30 日間のアクティブな管理対象ユーザー(Google Sync、Android Sync、iOS Sync)の数。
注: このレポートは、デフォルトでは表示されません。
管理対象の Android 端末(7 日間) バージョン(Google Sync と Android Sync)ごとの、過去 7 日間のアクティブな Android 搭載端末の数。
管理対象の Android 端末(30 日間) バージョン(Google Sync と Android Sync)ごとの、過去 30 日間のアクティブな Android 搭載端末の数。
注: このレポートは、デフォルトでは表示されません。
管理対象の iOS 端末(7 日間) バージョン(Google Sync と iOS Sync)ごとの、過去 7 日間のアクティブな iOS 端末の数。
管理対象の iOS 端末(30 日間) バージョン(Google Sync と iOS Sync)ごとの、過去 30 日間のアクティブな iOS 端末の数。
注: このレポートは、デフォルトでは表示されません。
モバイル端末レポートにアクティビティが表示されない場合は、ユーザーの端末にポリシーを適用してモバイル管理を有効にする必要があります。
ドライブ(G Suite のみ)

新しい指標の定義には「追加」が含まれています。これまでの指標と異なるのは、「追加」イベントが発生したタイミングでカウントされる点です。「追加」イベントは、ファイルの作成、アップロード、ゴミ箱からの復元、オーナー権限の譲渡などにより発生します。このアクティビティは、ファイルの最終的な状態を問わずレポートに記載されます。同じファイルに対して複数の追加イベントがあっても、カウントは増えません。

レポートタイプ 説明
外部との共有数

ドメイン内のユーザーが実施した、外部ユーザーとのファイル共有イベントの数。グラフには、以下の各項目の数が表示されます。

  • 公開 - 一般公開されているファイル
  • リンクを知っている全員 - リンクを知っている全員が閲覧できるファイル
  • ドメイン外部 - ドメイン外の個人またはグループと明示的に共有されているファイル
     
内部での共有数

ドメイン内のユーザーが実施した、内部ユーザーとのファイル共有イベントの数。グラフには、以下の各項目の数が表示されます。

 

  • ドメイン内の全員 - ドメイン内の全員に共有されたファイル
  • ドメイン内のリンクを知っている全員 - メイン内のリンクを知っている全員に共有されたファイル
  • ドメイン内部 - ドメイン内のユーザーまたはグループと明示的に共有されているファイル
  • 限定公開 - 誰とも共有されていないファイル
追加されたファイルの数

ドメイン内のユーザーが追加したドライブ内のファイル数。以下の各項目の数が表示されます。

 

  • 追加された Google ドキュメントの数 - ドライブに追加されたテキスト ドキュメントの数。
  • 追加された Google スプレッドシートの数 - ドライブに追加されたスプレッドシートの数。
  • 追加された Google スライドの数 - ドライブに追加されたプレゼンテーションの数。
  • 追加された Google フォームの数 - ドライブに保持されているフォームの数。
  • 追加された Google 図形描画の数 - ドライブに追加された Google 図形描画の数。
  • 追加されたその他の種類のファイル数 - 追加された Google 以外のファイルの数。
     

 

Classroom
レポートタイプ 説明
アクティブなクラス 14 日間のアクティブなクラスの数。
作成したクラス数 作成されたクラスの数。
投稿作成数 教師と生徒が作成した投稿の合計数。
Chrome 搭載端末

これらのレポートは、Chrome 端末の管理ライセンスを購入したドメインに対して表示されます。

レポートタイプ 説明
Chrome 端末(7 日間アクティブ)

過去 1 週間にユーザーがログインした一意の Chrome 端末の数。

Chrome 端末のリリース チャンネル

端末の Chrome リリース チャンネル。

: 組織内のユーザーのほとんどは最新の安定した Chrome OS を使用するようにして、Beta チャンネルを使用するユーザーは 5% 程度に留めることをおすすめします。IT チームが Beta チャンネルまたは Dev チャンネルを使用するように選択することもできます。詳しくは、Chrome 端末の自動更新についての記事をご覧ください。

Chrome 端末のブートモード 端末のブートモード。大部分は「確認済みブート」にする必要があります。
バージョン別の Chrome 端末の数

Chrome のバージョン別の Chrome 端末の数。

: 組織内のユーザーのほとんどが最新の安定した Chrome OS を使用するようにすることをおすすめします。また、一部のユーザーと IT チームは最新バージョンの Chrome を使用する(ユーザーを Beta チャンネルに設定する)ようにすることをおすすめします。詳しくは、Chrome 端末の自動更新についての記事をご覧ください。

Google+(G Suite のみ)
レポートタイプ 説明
アクティブ ユーザー数 過去 1 日、7 日、30 日間に Google+ を使用したドメイン内のユーザーの数を示す複合レポート
新しいユーザー 初めて Google+ を使用したドメイン内のユーザーの数
投稿 ドメイン内のユーザーが作成した投稿の数
コレクション ドメイン内のメンバーがオーナーになっている一般、組織全体、組織の一部に公開しているコレクションの数、およびコレクションの合計数
コメント ドメイン内のユーザーが投稿に対して作成したコメントの数
コミュニティ ドメイン内のメンバーがオーナーになっている一般、組織全体、組織の一部に公開しているコミュニティの数、およびコミュニティの合計数
+1 ドメイン内のユーザーが投稿やコメントに対して行った +1 の数
閲覧された投稿 ドメイン内のユーザーが閲覧した投稿の数
再共有された投稿 ドメイン内のユーザーが再共有した投稿の数
ビデオハングアウト件数 ドメイン内のすべてのユーザーが、特定の日に行ったビデオ会議の合計数。
Cloud Search
レポートタイプ 説明
アクティブ ユーザー数

Google Cloud Search を使用して検索を行ったドメイン内のユーザーの合計数。

App Maker
レポートタイプ 説明
ユーザー

App Maker プロジェクトを実行したドメイン内のユーザーの合計数。

プロジェクト

ドメイン内のユーザーによって実行された App Maker プロジェクトの合計数。

Apps Script
レポートタイプ 説明
ユーザー

Apps Script プロジェクトを実行したドメイン内のユーザーの合計数。

プロジェクト

ドメイン内のユーザーによって実行された Apps Script プロジェクトの合計数。

ステップ 3: グラフに表示されるデータを変更する

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. グラフ上部のタイトルの横にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。
  3. リストからオプションを選択するか、表内の列をクリックします。
  4. グラフ内の任意のポイントにカーソルを合わせると、そのデータをタイムライン上で確認できます。

ステップ 4: レポートに表示されるデータを変更する

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. ツールバーで列を選択アイコン 列選択ツール をクリックして、表示可能なすべての列を表示させます。
  3. 表示させたい列の横にあるボックスをクリックし、[適用] をクリックします。
次回このレポートを開いたときにも、同じ列が表示されます。

ステップ 5: レポートデータのカスタマイズや書き出しを行う

ユーザーやアクティビティでレポートデータをフィルタリングする

特定のイベントやユーザーのみを表示するようにレポートをフィルタリングすることができます。たとえば、2 段階認証プロセスを使用しているすべてのユーザーや、多数の外部リンクを共有しているユーザーを確認するためのフィルタを作成できます。

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. [フィルタ] 画面が表示されていない場合は、ツールバー上のフィルタ アイコン フィルタ をクリックします。
  3. フィルタの条件を入力または選択します。フィルタ条件を自由に組み合わせてレポートに反映できます。

レポートデータを書き出す

集計レポートデータは、Google スプレッドシートに書き出したり、CSV ファイル形式でダウンロードしたりできます。

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. (省略可)書き出すデータの項目を変更するには、ツールバーから、列を選択アイコン 列選択ツール をクリックします。
  3. 書き出すデータの横にあるボックスをクリックして [適用] をクリックします。
  4. レポート上でダウンロード アイコン ユーザーをダウンロード をクリックします。

書き出しの最大セル数は 210,000 個です。最大行数は、選択している列の数によって変わります。

 
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。