既知の問題

Chromebox、Chromebase、Google Meet ハードウェアに関する既知の問題について説明します。また、回避策がある場合はあわせてご案内しています。

カレンダーとタイムゾーン

カレンダー リソースの割り当てが遅れる

管理者権限を付与されたばかりのユーザーが Google Meet ハードウェアにリソースを割り当てることができるようになるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。24 時間を過ぎても問題が解決されない場合は、サポートにお問い合わせください。

初期設定後にタイムゾーンの設定が変更される

一部の Google Meet ハードウェアでは、ユーザーが設定したタイムゾーンが保持されず、初期設定後にデフォルトのタイムゾーンに戻ってしまうことがあります。

この問題を解決するには、次の方法でタイムゾーンを変更します。

Google 管理コンソールを使用してタイムゾーンを変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. Go to Menu 次に Devices次にGoogle Meet hardware次にSettings.
  3. [タイムゾーン] 欄までスクロールし、正しいタイムゾーンを選択します。
  4. [保存] をクリックします。

会議

現在一時的に音声操作が利用できません

有効になっている会議への参加に影響がある問題が解決されるまでは、Acer Chromebase for Meetings と Series One Desk 27 では、音声操作「OK Google」が一時的に利用できなくなっています。
Chromebox で作成された会議に、ダイヤルイン オプションが表示されない
Chromebox で [新しいミーティングを開始] をタップまたはクリックしても、ダイヤルイン オプションを利用できません。
この問題を回避するには、次のいずれかを行います。
  • Google カレンダーで会議のスケジュールを設定する。
  • 個人用デバイスで会議を作成する。
会議の招待状に記載されたメールアドレス

Gmail で、ユーザー名に含まれるピリオドが無視されます。たとえば、「test.email@gmail.com」と「testemail@gmail.com」の配信先が同じ受信トレイとなります。詳しくは、他人宛てのメールが届いた場合をご覧ください。

メールアドレスのユーザー名にピリオドが含まれる場合、Chromebox から送信される会議の招待状の宛先アドレスは、ピリオドを含む正確なアドレスと一致している必要があります。一致しない場合、招待状から招待者が参加することができず、[このハングアウトは終了しました] というエラーが表示されます。

HDMI

カメラがミュートされています

HDMI アダプターを電源に接続してプレゼンテーションが開始された後、HDMI アダプターを外すと、カメラは数秒間検出されなくなり、その後自動的にミュートされます。その後カメラをミュート解除すると、通常通り動作するようになります。

HDMI エクステンダーを使用して画面を共有したときに、ノートパソコンの接続が解除されません

HDMI エクステンダーを使用してノートパソコンから画面を共有する場合、HDMI エクステンダーを外しても、ディスプレイでの表示がアクティブのままになることがあります。

  • ノートパソコンを HDMI エクステンダーなしで Chromebox に直接接続します。
  • エクステンダーからノートパソコンを接続解除する前に、会議で画面共有を停止します。
Mimo タッチスクリーン エラー: この会議室は HDMI に対応するように適切に設定されていません

HDMI ケーブルを接続する際に、[この会議室は HDMI に対応するように適切に設定されていません] というメッセージが表示される場合は、次の方法をお試しください。

  • Mimo に接続する USB ケーブルが正しく差し込まれていることを確認します。
  • USB ハブを使用する場合は、ケーブルを Chromebox の USB ポートに直接接続します。ハブがなくても動作する場合は、ハブのファームウェアが最新版であることを確認してください。
  • 上記の手順を行っても解決しない場合は、Mimo に接続する USB ケーブル、画面共有中のパソコンに接続する HDMI ケーブル、HDMI コンバータなど、ケーブルの不良や誤設定が原因である可能性があります。認定済み周辺機器に交換してください。
会議室のタッチスクリーンに画面を共有できない

HDMI を使って会議室のタッチスクリーンにプレゼンテーションを表示する際に、プレゼンテーション ストリームが開始されなかったり開始されても音声が聞こえなかったりします。

  • Mimo タッチスクリーンが電源に正しく接続されていることと、認定済みの USB 3.0 ケーブルを使用していることをご確認ください。詳細については、設定ガイドをご覧ください。
  • なお、ケーブルが正しく設定されていても、この問題が発生する場合があります。このような場合は、サポートチームが調査にあたりますのでサポート チケットを送信してください。

周辺機器

Lenovo Series One カメラ

Series One Room Kit カメラでは、会議中にフレーム落ちが発生することがあります。これにより、ビデオが途切れることがあります。Google はこの事象を認識しており、現在調査を進めています。

Series One Room Kit カメラは切断されることがあります。この問題を回避するには、システムを再起動します。Google では引き続き根本原因の調査を進めております。

Lenovo Series One デバイス: スピーカー マイクのミュートとミュート解除が繰り返されます

スピーカーバーをホットプラグで接続すると、Lenovo Series One スピーカー マイクがミュートとミュート解除を繰り返す状態から先に進まなくなります。スピーカー マイクのライトは、赤と緑が交互に短時間で切り替わります。

名前を変更できる周辺機器は、サポート対象外として表示されることがあります

周辺機器の名前を変更できる場合(QSC デバイスなど)は、認定済みの周辺機器であっても、管理コンソールでその周辺機器が「サポート対象外」と表示されることがあります。

Logitech Rally バーのエラー: 周辺機器の更新中です

Rally Bar を搭載したデバイスに初めて電源を入れる、または Rally Bar をホットプラグすると、「周辺機器の更新中です」というメッセージが画面に表示されます。このメッセージは、更新がない場合でも同様に表示されます。この問題は今後の Chromebox for meetings のリリース時に修正される予定です。
会議が終了するたびに音声の設定がリセットされる

快適なご利用をお約束するため、デフォルトの周辺機器は Google が承認したものに設定されています。そのため、会議終了時に毎回デバイスがこれらの周辺機器に合わせてリセットされます。

別の周辺機器を使用する場合は、デフォルトの周辺機器を設定するをご覧ください。

他の周辺機器がデフォルトに設定されている場合は、会議の前に手動で周辺機器を設定してください。

  1. デバイス上で設定アイコン 次に [音声] をクリックします。
  2. 目的の周辺機器を見つけて選択します。
  3. 次の会議が始まる前に、他のすべての周辺機器のプラグを取り外しておきます。
カメラがちらつく

日本で Google Meet ハードウェアをご使用の場合、デバイスでちらつき防止設定が 50 Hz から 60 Hz に上書きされるため、会議中にカメラがちらつくことがあります。この問題を解決する手順は次のとおりです。

  1. デバイスを同じタイムゾーンの GMT +09:00 東部インドネシア時間(ジャヤプラ時間)に設定してから、電源周波数を変更します。
  2. デバイスを再起動します。

ハードウェアと電源に関する問題

Series One オーディオバーの接続に予想以上に時間がかかる

Series One オーディオバーを使用する際、デバイスを再起動した後、スピーカーとマイクが接続されるまでに数分かかることがあります。

Chromebox のエラー メッセージ: Chrome OS がない、または損傷しています

[Chrome OS がない、または損傷しています] というエラー メッセージが表示される場合は、以下をお試しください。

  • デバイスをワイプして再登録する。詳しくは、デバイスを再登録するをご覧ください。
  • USB メモリまたは Chromebook リカバリ ユーティリティ拡張機能を使用して Chromebox を復元する。Chrome を復元するをご覧ください。
    : このユーティリティを使用すると、Chromebox または Chromebook 向けの復元用 USB を作成できます。

以上の手順で問題が解決されない場合は、サポート チケットを送信してください。

Chromebox がクラッシュする、または起動できないことがある

Chromebox が何度もクラッシュする場合、または Chromebox を起動できない場合は、コンポーネントに問題がある可能性があります。このような場合は、サポートチームが調査にあたりますのでサポート チケットを送信してください。

電源が切れると Chromebox がリセットされる

Chromebox に Kingston SSD(ソリッド ステート ドライブ)が搭載されている場合は、電源が切れたときに登録が解除され、初期設定画面にリセットされることがあります。

デバイスに Kingston SSD が搭載されているかどうかを確認するには:

  1. デバイスに USB キーボードを接続します。
  2. Chromebox を再起動します。
    デバイスの起動中に Ctrl+Alt+S キーを押します。
  3. 画面下部の [ゲストとしてブラウジング] をクリックします。
  4. Chrome ブラウザ ウィンドウで「chrome://system」と入力します。
  5. [storage_info] までスクロールし、[展開] をクリックします。
  6. Advanced Technology Attachment(ATA)デバイスのモデル番号が Kingston RBU-SNS4151S316GG2 であることを確認します。

ご使用のデバイスがこの問題の影響を受ける場合は、ハードウェア サポートに連絡し、ハードウェアの交換を依頼してください。

さらにサポートが必要な場合

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー