削除済みのファイルまたはフォルダをドライブ ユーザーに代わって復元する

この記事は管理者向けです。Gmail の削除済みメールをユーザーに代わって復元する場合は、G Suite ユーザーの完全に削除されたメールを復元するをご覧ください。一般ユーザー向け Gmail アカウントの削除済みメールを復元する場合は、メールを削除する、または復元するをご覧ください。一般ユーザー向けドライブ アカウントのファイルを復元する場合は、ファイルを検索または復元するをご覧ください。

概要

ユーザーの削除済みのファイルまたはフォルダは、そのユーザーに代わって管理者が復元できる場合があります。削除済みとは、G Suite ユーザーが自分のドライブのゴミ箱を空にしたり、ゴミ箱内のファイルとフォルダが 30 日後に自動的に削除されたりした場合を指します。ゴミ箱を空にしてから 25 日以内であれば、管理者はデータを復元できます。この期間が経過すると、データは Google のシステムからパージされます。

組織で Google Vault をご利用の場合: 保持ルールや記録保持(リティゲーション ホールド)の対象となっているデータは、25 日が経過しても取得できる場合があります。Vault ユーザーは、保持されているデータを検索して書き出すことができます。ただし、そうしたデータをユーザーのドライブに直接復元することはできません。詳しくは、検索と書き出しの基本的手順をご覧ください。

ドライブ データを復元する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーにカーソルを合わせて、[その他] 次に [データを復元] をクリックします。

    ""

    このオプションは、ユーザーのアカウント ページの左上にあるその他アイコン "" からも選択できます。
  5. 復元するデータの対象期間を選択します(過去 25 日以内)。
  6. 復元するデータの種類([ドライブ])を選択します。
  7. [復元] をクリックします。

注: 復元するデータの量によっては、復元したデータがユーザーのアカウントに再度表示されるようになるまでに数日かかることがあります。組織で Google Vault を使用している場合、ユーザーのドライブのデータに記録保持を適用するには、Vault ユーザーに依頼してください。記録保持は、ユーザーがアクセスする前にデータが削除またはパージされないようにします。

データが復元されたことを確認する

ユーザーのドライブ フォルダで、復元されたドライブのデータを確認します。

ドライブのデータは、ユーザーのドライブ フォルダの削除前と同じ場所に復元されます。

注: ドライブ内に復元されたアイテムを共有したい場合は、ユーザーがそのアイテムを再共有する必要があります。

ファイル復元の期間制限

削除されたファイルまたはフォルダを復元できる期間は 25 日以内です。その期間を過ぎるとデータは復元できなくなり、完全に失われます。

できること

  • 過去 25 日以内に完全に削除されたデータを復元する。
  • 復元するデータの対象期間を 25 日以内で指定する。
  • ユーザーのドライブのフォルダにデータが復元されたことを確認する。
  • データを共有ドライブに復元したり、削除された共有ドライブを復元したりする。詳細

できないこと

  • 完全に削除されてから 26 日以上経過したデータを復元する。
  • ドライブから削除された Google マイマップのファイルまたは Fusion Tables を復元する。
  • ユーザーのゴミ箱からデータを復元する。
  • ユーザーがドライブ ストレージの上限に達した場合に、ユーザーのドライブのデータを復元する。
  • ドライブで複数の復元を実行する。復元の進行中に別の復元を開始すると、いずれかの復元がキャンセルされます。

削除された共有ドライブまたは共有データを復元する

詳しくは、削除されたファイルまたは共有ドライブの復元をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。