ドライブのログイベント

監査と調査のページ: Google ドライブ内のファイルに対するユーザー アクティビティを確認する

この機能に対応しているエディション: Frontline、Business Standard および Business Plus、1 つまたは複数の Enterprise エディション、Education Fundamentals、Education Standard、Teaching and Learning Upgrade、Education PlusG Suite Business、Essentials。 エディションの比較


監査ログページが新しい監査および調査ページに置き換えられました。この変更について詳しくは、監査と調査をより行いやすくするための変更: Google Workspace の新機能をご確認ください。

管理者は、監査と調査のページを使用して、ドライブのログイベントに関連する検索を実行できます。このページでは、組織のユーザーによるドライブでの操作の記録を確認できます。Google ドライブのログイベントには、ユーザーが Google Workspace アプリ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなど)で作成したコンテンツのほか、ユーザーがドライブにアップロードしたコンテンツ(PDF や Microsoft Word ファイルなど)が記録されます。

Activity API を使用すると、プログラムによって、基本的なレポートデータにアクセスできます。新しい Reports API(ご利用の Google Workspace エディションでサポートされている場合)を使用すると、Google Workspace の詳細なレポートデータにアクセスできます。

重要:

  • データを確認できるようになるまでの時間とデータの保持期間については、データの保持期間とタイムラグをご覧ください。
  • ドライブの監査イベントは、サポート対象エディションのユーザーがオーナーになっているファイルについてのみ記録されます。

Google ドライブやユーザーのアクティビティなど、調査できるサービスやアクティビティの完全なリストについては、監査と調査のページのデータソースをご覧ください。

監査と調査のページを開く

ドライブのログイベント データにアクセスする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 左側にある [レポート] 次に [監査と調査] 次に [ドライブのログのイベント] をクリックします。

データをフィルタリングする

  1. 上述のドライブのログイベント データにアクセスするの説明に沿って、ログイベントを開きます。
  2. [フィルタを追加] をクリックし、属性を選択します。
  3. ポップアップ ウィンドウで演算子を選択 次に 値を選択 次に [適用] をクリックします。
  4. (省略可)検索に対して複数のフィルタを作成するには:
    1. [フィルタを追加] をクリックして、手順 3 を繰り返します。
    2. (省略可)検索演算子を追加するには、[フィルタを追加] の上にある [AND] または [OR] を選択します。
  5. [検索] をクリックします。

注: [Filter] タブでは、シンプルなパラメータと値のペアを含めて、検索結果をフィルタリングできます。[条件作成ツール] タブを使用することもできます。このタブでは、フィルタは AND/OR 演算子を使って条件として表されます。

属性の説明

このデータソースでは、ログイベント データの検索時に次の属性を使用できます。

: ほとんどの操作はすぐにログに記録されますが、ドライブ ビューアでのプレビュー イベントは、イベントの発生時刻から 12 時間以上遅れることがあります。

属性 説明
アクター 操作を行ったユーザーのメールアドレスイベントを開始したユーザーがドメイン外のユーザーである場合は、匿名で表示されます。ただし、そのユーザーが、明示的に共有されているドキュメントを個人ユーザーまたは特定のグループのメンバーとして表示、編集した場合は除きます。
アクター グループ名 操作を行ったグループの名前
アクターの組織部門 操作を行った組織部門
対象 監査ログが公開設定の変更に関するものの場合、そのターゲット ドメイン
請求可能 (Essentials エディションのみ)ユーザーの操作が請求対象のアクティビティかどうか。
日付

イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)

注: ほとんどのイベントは、完了したときに記録されますが、アップロードのサイズが大きいと、ログの記録に時間がかかることがあります。

ドキュメント ID ユーザーの操作に関連するドライブ アイテムの一意の ID(ファイルの URL リンクに含まれる ID)。
ドキュメントの種類 ユーザーの操作に関連するアイテムの形式(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、JPEG、PDF、PNG、MP4、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、txt、HTML、MPEG オーディオ、QuickTime 動画、フォルダ、共有ドライブなど)。
ドメイン 操作が行われたドメイン
暗号化あり ファイルがクライアントサイドで暗号化されているかどうか
イベント

ログに記録されたイベント アクション(表示、名前の変更、作成、編集、セキュリティ アップデートの適用、コンテンツのインポートラベルの削除など)

IP アドレス

ユーザーが操作する際に使用したアドレス。ユーザーの物理的な位置を表していることもありますが、プロキシ サーバーやバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)のアドレスを指す場合もあります。

次のイベントに関連する IP アドレスは記録されません。

  • ドメイン外のユーザーが開始したイベント。
  • リクエスト内で IP アドレスを記録しないサービスからのイベント。
  • 共有ドライブの名前の変更または削除に関するイベント。
変更後の公開設定の値 ドキュメントの新しい公開設定
新しい値 変更後の設定の新しい値
新しい値の ID ラベル フィールドの新しい値
変更前の公開設定の値 ドキュメントの以前の公開設定(アクティビティが公開設定の変更に関するものである場合)
古い値 変更された設定の古い値
古い値の ID ラベル フィールドの古い値
オーナー ファイルのオーナー。
以前の公開設定 ドキュメントの以前の公開設定(公開設定が変更された場合)
対象 アクセス権が変更されたユーザー
タイトル ドキュメントのタイトル
公開設定 ユーザーの操作に関連するドライブ アイテムの公開設定。
公開設定の変更 ユーザーが操作する前のドライブ アイテムの公開設定。
ビジター Google 以外のユーザーによる操作の場合は「Yes」。Google ユーザーによる操作の場合は「No」。詳しくは、ビジターとのドキュメント共有についての記事をご確認ください。

ドメイン外で共有されているファイルを表示する

ドメイン外のユーザーと共有されているファイルを表示する手順は次のとおりです。

  1. 上述のドライブのログイベント データにアクセスするの説明に沿って、ログイベントを開きます。
  2. [フィルタを追加] 次に [公開設定] をクリックし、[外部と共有中] を選択します。
  3. [検索] をクリックします。

Google アカウントを持っていないドメイン外のユーザーとファイルを共有する場合は、相手が Google アカウントを作成する必要があります。共有権限の変更イベントは、相手がアカウントを作成してファイルを開くまでログイベント データに記録されません。

外部共有を無効にしている場合に、ユーザーが外部ユーザーの参加を許可しているグループとリソースを共有すると、そのデータは「外部と共有中」と記録されます。ただし、そのグループの外部ユーザーは、共有されているリソースにアクセスすることはできません。「外部と共有中」は、そのグループに外部ユーザーが存在しない場合でも表示されます。

外部ドメインが関係するイベント

イベントによっては、外部ドメインが関係するイベントがあります(ユーザーがファイルを別のドメインにコピーしたときなど)。このようなイベントの一部は、組織のドメインと外部ドメインの両方のドライブの監査ログで報告されます。外部ドキュメントの名前は、監査ログエントリに含まれません。

ドライブ アイテムに対する操作のうち、外部ドメインが関係していて、両方のドメインのドライブ監査ログで報告される可能性がある操作には、移動、コピー、アクセス権の変更が含まれます。

ログに記録されたイベントとログに記録されていないイベント

Google ドライブにより自動削除されたファイルまたはゴミ箱から削除されたファイルは、ログに記録されます。他のイベント(ファイルのアップロードなど)は、完了したときにログに記録されます。

ファイルのコピー

ユーザーがファイルをコピーした際にログに記録される操作の種類は、ファイル形式によって異なります。

  • ドキュメント、スプレッドシート、スライド - 新規ファイルの [作成]、[コピー]、[編集] イベントが記録されます。
  • Microsoft Office など、Google 以外の形式のファイル - 新規ファイルについては [作成]、[コピー] イベントが記録されます。

ファイルがコピーされるたびに、コピーされたファイルの [ソースのコピー] イベントが記録されます。ユーザーがドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで [コピーを作成] をクリックすると、そのファイルが新規ファイルとして表示されるため、[表示] イベントがログに記録されます。

共有ドライブのファイル

チームドライブ上のゴミ箱の表示はログに記録されません。

ファイルの印刷

Google 形式のファイル(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム)の印刷イベントは記録されません。

iPhone または iPad デバイスまたは Android デバイスのドライブ アプリからファイルを印刷したときは、[印刷] イベントが [ダウンロード] イベントとして記録される場合があります。

ファイルのダウンロード

次のダウンロード操作は、ログに記録されません。

  • Google データ エクスポートでのダウンロード
  • オフラインのブラウザ キャッシュへのダウンロード
  • Google フォトに同期された写真、Google フォトからダウンロードした写真、Google フォトを介して表示した写真
  • 添付ファイルとしてメールで送信され、受信者のメール クライアントでダウンロードされたドライブのアイテム

ファイルの閲覧

/htmlview、/embed、/revisions やその他の特別な URL を使用したファイルの表示が、[表示] イベントとしてログに記録されるようになりました。

ファイルの公開

Google サイト、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームのウェブへの公開は記録されません。

匿名ユーザー

Google アカウントにログインしていない匿名ユーザーがリンクで共有されているファイルを表示した場合、次の操作のみが記録されます。

  • ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描写、フォームでのファイル編集

次の操作はログに記録されません。

  • ドライブ内のすべての形式のファイルの表示
  • すべての形式のファイルのダウンロード

クライアントの同期

パソコン版 Google ドライブ を使用してドライブとローカル デバイスの間でファイルをコピーしたときは、[ダウンロード] イベントが記録されます。

ログイベント データを管理する

検索結果の列のデータを管理する

検索結果にどのデータ列を表示するかを設定できます。

  1. 検索結果の表の右上にある列を管理アイコン "" をクリックします。
  2. (省略可)現在の列を削除するには、削除アイコン "" をクリックします。
  3. (省略可)列を追加するには、[新しい列を追加] の横にある下矢印アイコン "" をクリックしてデータ列を選択します。
    以上の手順を必要に応じて繰り返します。
  4. (省略可)列の順序を変更するには、目的のデータ列名をドラッグします。
  5. [保存] をクリックします。

検索結果データを書き出す

  1. 検索結果の表の上部にあるすべてエクスポート アイコンをクリックします。
  2. 名前を入力し 次に [エクスポート] をクリックします。
    書き出しの結果は、検索結果の表の下にある [「エクスポート」操作の結果] に表示されます。
  3. データを表示するには、エクスポートの名前をクリックします。
    書き出したデータが Google スプレッドシートで開きます。

レポートルールを作成する

レポートルールの作成と管理に関する記事をご確認ください。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false