G Suite for Education スタートガイド

G Suite for Education は、米国内外の非営利の幼稚園、小中高校、高等教育機関で G Suite Business の機能を無料でご利用いただけるサービスです。

高度な IT ニーズがある場合は、G Suite Enterprise for Education のご利用をご検討ください。次のようなビジネス仕様の機能が追加されています。

  • 管理者向けの高度な管理機能
  • 強化された分析機能と検索機能
  • ビジネス仕様のコミュニケーション ツール

G Suite for Education の利用資格

G Suite for Education をご利用になるには、以下のいずれかに該当する必要があります。

  • 米国: 非営利の幼稚園、小中高校、高等教育機関であり、一般に認められた認定機関により認可されている必要があります。
  • 米国以外の国: 要件は国によって異なります。詳しくは、G Suite for Education の利用資格をご覧ください。

G Suite for Education のお申し込み

お客様の機関が上記のいずれかの要件を満たしている場合は、以下の手順でお申し込みいただけます。

手順 1: G Suite for Education をリクエストする

注: G Suite のドメインをお申し込み済みで G Suite for Education へのアップグレードをご希望の場合は、G Suite の管理者アカウントでログインしてアップグレードをリクエストしてください。

  1. G Suite for Education のお申し込みフォームを開きます。
  2. お客様と所属する機関に関する情報を入力します。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. 所属する機関のドメインを入力するか、新しいドメインを購入します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. 情報を入力して管理者アカウントを作成します。
    : G Suite for Education アカウントへのログインにはこの情報を使用します。
  7. G Suite for Education 契約を一読し、チェックボックスをオンにします。
  8. [同意して登録] をクリックします。
    新しいアカウントに関する情報が記載されたメールが届きます。
手順 2: ドメインの所有権を証明する

すでにご使用になっているドメインで G Suite を申し込まれた場合は、まずドメインの所有権を証明していただく必要があります。ご証明いただいた後、Google でお申し込みの審査を開始します。この手続きは、お客様の機関に所属していないユーザーがサービスを使用したり、学校からのメールを装ってメールを送信したりすることを防ぐために行っていただくものです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. [確認] をクリックし、ドメインの所有権を証明します。
    ドメインの所有権の証明方法についての記事も併せてご覧ください。

リクエストを送信してドメインの所有権を証明していただいた後、Google はお客様の機関にサービスの利用資格があるかどうかを審査し、お申し込みの審査結果を 1~2 週間以内にメールにてご連絡します。

手順 3: ユーザーの追加やアプリの設定を行い、高度な機能を利用する

G Suite for Education の利用承認メールが届いたら、ドメインへのユーザーの追加やアプリの設定ができるほか、メールの移行などの高度な機能を利用できます。

手順 4: G Suite の設定と導入を行う

G Suite の設定と導入の方法については、G Suite 管理者ヘルプセンターをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。