検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

迷惑メールフィルタの設定のカスタマイズ

この機能は Google Apps(無償版)(お申し込み受け付けは終了いたました)ではご利用いただけません。

受信メールは Google の迷惑メールフィルタでチェックされ、迷惑メールとして検出されると、自動的にユーザーの Gmail の迷惑メールフォルダに振り分けられます。迷惑メールの設定を使用すると、次の方法で迷惑メールフィルタをカスタマイズすることができます。

  • 積極的な迷惑メールフィルタを有効にして、一括メールをより厳格にフィルタ処理することができます。
  • 承認されている送信者リストを作成すると、Google の迷惑メールフィルタを適用しないようにすることができます。メールアドレスやドメインに基づいて特定の送信者を承認できます。組織内のすべての内部メールを承認することもできます。

他のメール セキュリティ設定と同様に、迷惑メールの設定は組織部門のすべてのユーザーに適用されます。子組織のユーザーは、親組織に対して作成された設定を継承します。

Gmail の詳細設定を行った後、その設定が各ユーザー アカウントに反映されるまで最大で 1 時間ほどかかる場合があります。以前の変更は、管理コンソールの監査ログで追跡できます。

承認されている送信者について

承認されている送信者リストは、複数の設定で再使用することができます。たとえば、1 つの承認されている送信者リストを迷惑メールの設定とブロックされている送信者の設定の両方に指定すると、両方の設定の動作を変更できます。

承認されている送信者オプションや迷惑メールフィルタの迂回オプションは、受信メールにのみ適用されます。

注:

  • アドレスまたはドメイン名を入力すると、これらのアドレスやドメイン名は Gmail でエンベロープ送信者(またはメッセージ ヘッダーの「Return-Path」セクション)ではなく、メッセージ ヘッダーの「From:」部分と照合されます。このため、「From:」の送信元と入力したアドレスまたはドメインが正確に一致する必要があります。
  • 承認されている送信者から「迷惑メール」にあたるメールが送信された場合は、迷惑メールマークが付けられ、受信者の迷惑メールフォルダに振り分けられることがあります。また、承認されている送信者からのメールがウィルスに感染している場合やメール攻撃の一端である場合、Google のウィルス対策機能によりメールはユーザーに配信されません。
迷惑メールフィルタの設定をカスタマイズするには
  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. ダッシュボードから [アプリ] > [G Suite] > [Gmail] > [詳細設定] に移動します。
  3. [組織] セクションで、設定の適用先となるドメインまたは組織部門をハイライト表示します(詳しくは、Gmail の詳細設定をご覧ください)。
  4. [迷惑メール] セクションまで下にスクロールします。
    • 設定のステータスが「まだ設定されていません」の場合は、[設定] をクリックします([設定を追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    • 設定のステータスが「ローカルに適用しました」の場合は、[編集] をクリックして既存の設定を編集するか([設定を編集] ダイアログ ボックスが表示されます)、[他にも追加] をクリックして新しい設定を追加します([設定を追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    • 設定のステータスが「継承」の場合は、[表示] をクリックして継承された設定を表示するか、[他にも追加] をクリックして新しい設定を追加します([設定を追加] ダイアログボックスが表示されます)。
  5. この設定の説明を入力します。たとえば、「英語の迷惑メールの迂回設定」などと入力します。
  6. より積極的な迷惑メールフィルタを有効にするには、[積極的に迷惑メールに分類する] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、Gmail の迷惑メールフィルタによってメールが迷惑メールであると判断される可能性が高くなります。その結果、受信トレイに届く迷惑メールの数が減ります。ただし、このチェックボックスをオンにすると、迷惑メール以外のメールも迷惑メールフォルダに振り分けられることがあります。
  7. 承認されている送信者リストを設定するには、次のいずれかまたは両方のオプションを選択します。
    • 内部の送信者から(同じ組織内のユーザーから)受信したメールに迷惑メールフィルタが適用されないようにするには、[内部の送信者から受信したメッセージについて、スパムフィルタをバイパスする] チェックボックスをオンにします。
    • 承認されている送信者リストにあるアドレスやドメインから受信したメールに迷惑メールフィルタが適用されないようにするには、[これらの承認済み送信者リストにあるアドレスまたはドメインから受信したメールについて、スパムフィルタをバイパスする] チェックボックスをオンにします。
    • 迷惑メールフィルタの条件に一致するメールを、確認のために管理者検疫に送信するには、[迷惑メールを管理検疫に移動する] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、迷惑メールはユーザーの迷惑メールフォルダ(Gmail 以外のメールボックスをご使用の場合はメッセージ センター)に振り分けられなくなります。管理者検疫の対象から解除されたメールは、エンドユーザーの受信トレイまたは Gmail 以外のメールボックスに直接配信されます。
  8. 手順 7 で 2 つ目のチェックボックスをオンにした場合は、次の手順を行います。
    • 承認されている送信者リストを新たに作成するには、[新しいリストを追加または作成します] をクリックします。
    • 既存のリストを承認されている送信者リストとして使用するには、リスト名をクリックします。
    • 新しいリストを作成するには、[新しいリストを作成] 欄にリストの名前を入力し、[作成] をクリックします。
    • いずれかのリストを編集するには、リスト名にカーソルを合わせ、[編集] をクリックし、次のいずれかを行います。
      • [追加] をクリックしてメールアドレスやドメインをリストに追加します。
      • メールアドレスまたはドメイン名(例: solarmora.com)を入力します。
        注: 承認されている送信者が SPF や DKIM などの認証を有効にしていない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられないようにするには、[送信者の認証を要求しない] チェックボックスをオンにします。なりすましに利用される可能性があるため、このオプションの使用には注意が必要です。
      • 変更を終えたら、[設定を追加] または [保存] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
      • さらにメールアドレスまたはドメインをリストに追加するには、上記の手順を繰り返します。
  9. 変更を終えたら、[設定を追加] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。
    注: 追加した設定は [メール設定] ページでハイライト表示されます。
  10. [メール設定] ページ下部にある [変更を保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。