迷惑メールフィルタ設定のカスタマイズ

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

この記事は G Suite 管理者を対象としています。Gmail をご利用の場合は、迷惑メールのマーク付けとマークの解除をご覧ください。

Gmail のフィルタ機能は迷惑メールを自動的に迷惑メールフォルダに振り分けます。このフィルタは次のようにカスタマイズすることもできます。

  • フィルタを積極的に適用して一括メールをより厳格に分類する。
  • ドメインから送信されたメールにフィルタを適用しない。
  • 承認済み送信者リストを使用する。
  • 迷惑メールを管理検疫に移動する。

迷惑メールの設定とフィルタは、組織部門内のすべてのユーザーに適用されます。子組織内のユーザーは親組織の設定を継承します。

迷惑メールフィルタの設定

迷惑メールフィルタをカスタマイズする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ]次に[G Suite]次に[Gmail]次に[詳細設定] をクリックします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. (省略可)左側で組織を選択します。
  4. [迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア] までスクロールして、[迷惑メール] で [設定] をクリックします。

    すでに設定されている場合は、[編集] または [他にも追加] をクリックします。

  5. 新しく設定する場合は、新しい名前を入力します。
  6. (省略可)より積極的な迷惑メールフィルタを設定するには、[積極的に迷惑メールに分類する] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、迷惑メールに分類されてユーザーの迷惑メールフォルダに振り分けられるメールが増えることがあります。

    複数の迷惑メール設定を追加すると、迷惑メールフィルタの動作に影響することがあります。

  7. (省略可)組織内のユーザーからの内部メールに迷惑メールフィルタが適用されないようにするには、[内部の送信者から受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない] チェックボックスをオンにします。

    サブドメイン(Google 以外でホストされているサブドメインを含む)からの認証済みメールは、内部メールとして処理されます。

    複数の迷惑メール設定を追加すると、迷惑メールフィルタの動作に影響することがあります。

  8. (省略可)承認済み送信者リストを設定するには、[これらの承認済み送信者リストにあるアドレスまたはドメインから受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない] チェックボックスをオンにします。
  9. [既存のリストを使用するか、新しいリストを作成してください] をクリックします。
  10. 新しいリストを作成するには、新しいリスト名を入力して [作成] をクリックします。
  11. 既存のリストを承認済み送信者リストとして使用するには、リスト名をクリックします。
  12. リスト名にカーソルを合わせ、[編集] をクリックします。
  13. 追加アイコン 追加 をクリックします。
  14. メールアドレスやドメイン名を入力します。複数入力する場合は、スペースかカンマを使用して区切ります。

    注: 認証されていない承認済み送信者にこの設定を適用しない場合は、[送信者の認証を要求する] をオフにします。この設定により DMARC、SPF、DKIM 認証が適用されなくなります。詳しくは、送信者の認証についてのページをご覧ください。

  15. [保存] をクリックします。

    複数の迷惑メール設定を追加すると、迷惑メールフィルタの動作に影響することがあります。

  16. (省略可)迷惑メールに分類されたメールを審査のために検疫に送信するには、[迷惑メールを管理検疫に移動する] チェックボックスをオンにします。詳しくは、メール検疫に関する記事をご覧ください。

    複数の迷惑メール設定を追加すると、迷惑メールフィルタの動作に影響することがあります。

    • このチェックボックスをオンにすると、迷惑メールはユーザーの [迷惑メール] フォルダに振り分けられません。
    • メッセージ センターを使用している場合、迷惑メールはメッセージ センターに配信されません。
      2019 年 10 月以降、メッセージ センターおよび検疫レポートのサポートは終了しました。詳しくは、迷惑メールへの対応をご覧ください。
    • 検疫対象から外れたメールは、迷惑メールに振り分けられます。そのメールがエンドユーザーのメールボックスに配信されるときに、再び Gmail のフィルタ チェックが行われます。
  17. [保存] をクリックします。
  18. Gmail の [詳細設定] ページの下部にある [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかることがあります。変更履歴は管理コンソールの監査ログで確認できます。

承認済み送信者リストの使用

承認済み送信者リストを作成して、迷惑メールフィルタを適用しないようにすることができます。リストは、メールアドレスまたはドメイン全体に基づいて作成できます。この設定は受信メールにのみ適用されます。

承認済みの送信者リストを使用する場合は、次のことをおすすめします。

  • 複数の設定で承認済み送信者リストを再利用する - たとえば、[迷惑メール] の設定と [配信を制限] の設定で同じリストを指定すると、両方の動作を変更できます。
  • From 部分のアドレスと承認済み送信者リストのエントリを照合する - Gmail ではアドレスまたはドメインをメールヘッダーの From 部分と照合します。ヘッダーの Return-Path 部分は対象ではありません。このため、From がリストに入力したアドレスまたはドメインと一致する必要があります。
  • ドメインとサブドメインの両方を承認済み送信者リストに追加する - たとえば、abc.com だけでなく xyz.abc.com も追加します。

承認済み送信者から迷惑メールや不正なソフトウェアを受信した場合の動作は、次のようになります。

  • 承認済み送信者から迷惑メールが送信された場合 - メールは迷惑メールフォルダではなく、受信者の受信トレイに配信されます。バナーに、組織のメール設定により迷惑メールフォルダに送信されなかったことが表示されます。
  • 承認済み送信者からのメールがウィルスに感染している場合や、メール攻撃の一部である場合 - Google のウィルス フィルタによってユーザーには配信されません。
  • 承認済み送信者からのメールをブロックする場合 - DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)ポリシーを設定します。
複数の迷惑メールフィルタがフィルタの動作に与える影響
迷惑メールフィルタのオプション フィルタの動作に与える影響
  • 積極的に迷惑メールに分類する
  • 内部の送信者から受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない
  • これらの承認済み送信者リストにあるアドレスまたはドメインから受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない
  • 迷惑メールを管理検疫に移動する
  • どのオプションも、スパムフィルタが使用される組織部門全体に適用されます。
  • 同じ組織部門に対する同じオプションのオンとオフが迷惑メールフィルタごとに異なる場合は、オン(有効)の設定が優先されます。

動作例

人事部門に次の 3 つの迷惑メールフィルタを設定します。

  • Foo: [積極的に迷惑メールに分類する] が有効
  • Bar: [積極的に迷惑メールに分類する] が無効
  • External: [積極的に迷惑メールに分類する] が無効

結果: Foo フィルタの [積極的に迷惑メールに分類する] オプション設定(有効)が、Bar フィルタと External フィルタの同じオプション設定(無効)よりも優先されます迷惑メールは、3 つすべての迷惑メールフィルタで [積極的に迷惑メールに分類する] が有効になっている場合と同様に分類されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。