ユーザー名の変更

この記事は管理者専用です。表示名を変更する場合は、Google アカウントの名前の変更についての記事をご覧ください。メールアドレスを変更する場合は、この記事の手順を実施するよう管理者にご依頼ください。

組織の G Suite または Cloud Identity サービスの管理者は、管理コンソールでユーザーのメールアドレスを変更できます。ユーザーが送信するメール、カレンダーの招待状、その他の Google サービスに表示される名前も変更可能です。

ユーザーの名前やメールアドレスを変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. 名前を変更するユーザーにカーソルを合わせて、右側にあるユーザー名を変更アイコン 編集 をクリックします。



    このオプションは、ユーザーのアカウント ページの左上にもあります。
     
  5. 次のいずれかを変更します。
    • (オプション)[姓] と [名] - 送信するメールに表示される名前。
    • (オプション)[メインのメールアドレス] - ログインに使用するメールアドレスと名前。
    • (省略可)メールのドメイン - 組織に複数のドメインがある場合は、@ 記号の右側にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックして目的のドメインを選択します。

      注: メールアドレスに使用できるのは、組織のアカウントのメインのドメインまたは追加(セカンダリ)ドメインのみです。gmail.com などの別のドメインを使用することはできません。

  6. [ユーザー名を変更] をクリックします。

ユーザーのメールアドレスを変更した場合

  • Google アカウントへのログインには、新しいアドレスを使用する必要があります。
  • 変更前のアドレスにもこれまでどおりメールが届きます(変更前のアドレスはメール エイリアスになります)。
  • ユーザーの新しいメインのメールアドレスが既存の Google アカウントと一致する場合、ユーザーの名前を変更する前に競合の解決を促すメッセージが表示されることがあります。詳しくは、競合するアカウントについての説明をご覧ください。

ユーザーの表示名を変更した場合

次の場所に新しい名前が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。