管理コンソールへのログイン

Google Apps 管理者は、Google 管理コンソールを使って組織のアカウントを管理します。ここでは、ユーザーの追加やセキュリティ設定の管理、チームが利用する Google サービスの有効化などを行います。

所属する会社や学校、政府機関を Google for Work アカウントに登録したユーザー、またはアカウントの管理者から特別な権限を付与されているユーザーであれば、Google 管理コンソールにログインしてアカウント設定を管理することができます。 

管理コンソールにログイン

手順:

  1. お使いのウェブブラウザから admin.google.com にアクセスします。
  2. ログインページで、Google 管理者のメールアドレスとパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合
  3. [ログイン] をクリックします。

    メールアドレスとパスワードの入力を求める別の画面が表示された場合は、この情報をもう一度入力します。

 

管理コンソール ダッシュボードが表示される

ログインすると、管理コンソール ダッシュボードが表示されます。ダッシュボードには、チームの Google ユーザー アカウントとサービスを管理するためのコントロールが表示されます。ダッシュボード コントロールが表示されず、代わりにアプリケーションのリストが表示される場合は、管理者権限を持っていないことを意味します。この場合は、他の Google 管理者に依頼して権限を付与してもらいます。詳しくは、管理者権限の付与をご覧ください。

グリッドで自分のアプリケーションを見つける

管理コンソールにログイン後、コンソール上部にあるグリッドを開いてサービスを選択すると、自分の Gmail 受信トレイとサービスが表示されます。後からコンソールに戻るには、グリッドから [管理] を選択します(管理コントロールを表示するには、[More] をクリックすることが必要な場合があります)。

ログインが 2 回必要な理由

会社で Google アカウントにシングル サインオン(SSO)サービスを使用している場合は、admin.google.com からアカウントにログインすると、2 つ目のログインページが表示されます。管理コンソールだけでなく、会社が SSO を設定した他のプログラムやサービスにもこのページからログインすることになります(それぞれ個別にログインする必要はありません)。ここでは、管理者から割り当てられたログイン名とパスワードを入力します。

これにはショートカットがあり、次回 admin.google.com からコンソールにログインするときは、Google ログインページでパスワードの入力を省略できます(ログイン名だけを入力します)。その場合も SSO ログインページが表示され、そのページではログイン名とパスワードの両方を入力する必要があります。

詳しくは、SSO を使用したログインについてのページをご覧ください。

説明をすべて読んでもログインできない場合

admin.google.com からログインするには、次の要件を満たしている必要があります。

  • gmail.com で終わるアドレスではなく、組織の Google Apps アドレスを使用する。
  • 組織の管理コンソールを表示するための管理者権限を持っている。

パスワードを忘れた場合は、管理者パスワードの再設定をご覧ください。それでもログインできない場合は、管理コンソールにアクセスできないをご覧ください。

販売パートナーが顧客の管理コンソールにアクセスする場合
販売パートナーが顧客の管理コンソールにログインする場合は、admin.google.com/<顧客ドメイン> にアクセスし、販売パートナー アカウント名とパスワードを使用してログインするか、顧客のドメインの管理者アカウントを使用してログインします。詳細については、販売パートナーによる顧客の管理コンソールへのアクセスの設定をご覧ください。

他にも Google アカウントをお持ちの場合: 名前とパスワードが異なる他の Google アカウントを持っている場合、切り替えのたびにログインしなくても、同じパソコン上でアカウントを簡単に切り替えられるようにすることができます。詳しくは、複数のアカウントに同時にログインをご覧ください。