検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
ナビゲーション メニュー

管理コンソールへのログイン

管理者アカウントへのアクセス権をお持ちの方は、Google 管理コンソールにログインできます。管理コンソールは、管理者が組織内のユーザーが使用する Google サービスを管理するための場所です。

ログインするには(管理者アカウントが必要です):

  1. ご使用のウェブブラウザから admin.google.com にアクセスします。
  2. ログインページで、管理者アカウントのアカウント名とパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合

    管理者アカウントには、組織内の他のユーザーが使用するサービスを管理する権限があります。したがって、管理コンソールにアクセスできるのは管理者アカウントにログインしている場合のみです。管理者アカウントへのアクセス権をお持ちでない場合は、他の管理者にサポートを求めてください。管理者を確認する

    ログインページに複数の Google アカウントが表示された場合は、管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)を選択してください。

    ご自分の管理者アカウントが表示されない場合は、[別のアカウントでログイン] をクリックします。

使い方: アカウントの切り替えのたびにログインしなくても、同じパソコン上でアカウントを切り替える方法については、複数のアカウントに同時にログインをご覧ください。

質問

ログインを 2 回するのはなぜですか?

会社で Google アカウントにシングル サインオン(SSO)サービスを使用している場合は、admin.google.com からアカウントにログインすると、2 つ目のログインページが表示されます。管理コンソールだけでなく、会社が SSO を設定した他のプログラムやサービスにもこのページからログインすることになります(個別にログインする必要はありません)。ここでは、管理者から割り当てられたログイン名とパスワードを入力します。

詳しくは、SSO を使用したログインについてのページをご覧ください。

シングル サインオン(SSO)を有効にすると、管理者がログインする場合にどのような影響がありますか?

特権管理者の場合、admin.google.com にログインしようとすると、管理者用の完全なメールアドレス(例: name@yourdomain.com)とパスワードを入力するよう求められます。ログインすると、管理コンソールにリダイレクトされます。SSO サーバーにはリダイレクトされません。

特権管理者権限がない場合、admin.google.com からログインすると、SSO ログインページにリダイレクトされます。

詳しくは、SSO を使用したログインについてのページをご覧ください。

Chrome のパスワード マネージャを使用して Google アカウントのユーザー名とパスワードを保存している場合はどうなりますか?

Google Chrome ではウェブサイトのパスワードを管理できます。ユーザー名とパスワードを保存すると、そのウェブサイトに次にアクセスしたときにログイン フィールドが自動入力されます。どの Google アカウントを使用した場合も、新しい 2 段階のログイン手順がパスワード マネージャの動作に影響を与えることはなく、今後もログイン フィールドに自動的に入力されます。

公開プロフィールがない場合はどうなりますか?

公開プロフィール写真がない場合は、代わりに青色のアバター画像が表示されます。Google+ プロフィールを管理する方法については、Google+ プロフィール情報の共有方法の選択をご覧ください。

販売パートナーが顧客の管理コンソールにアクセスするには、どうすればよいですか?
販売パートナーが顧客の管理コンソールにログインする場合は、admin.google.com/<顧客ドメイン> にアクセスし、販売パートナーのアカウント名とパスワードを使用してログインするか、顧客のドメインの管理者アカウントを使用してログインします。詳しくは、販売パートナーによる顧客の管理コンソールへのアクセスをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合

パスワードを忘れた場合は、管理者パスワードの再設定をご覧ください。それでもログインできない場合は、管理コンソールにアクセスできないをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
アカウントにログインする

ご利用の Apps for Work アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、Apps for Work を使い始める方法について知ることができます。