Gmail の機能の比較

G Suite サブスクリプションの種類に応じて、ご利用いただける Gmail の機能が異なります。

各エディションの特徴を表でご確認ください。

メールの使用

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
メールの保存容量(ドキュメントや写真と共用) 無制限 * 無制限 * 30 GB

添付ファイルのサイズ制限

(送信)
(受信)

 

25 MB
50 MB

 

25 MB
50 MB

 

25 MB
50 MB

メッセージあたりの最大受信者数 500 500 500
ユーザーあたり 1 日の最大受信者数(ドメイン外) 3,000 3,000 3,000

* 5 ユーザー未満の G Suite Business アカウントまたは G Suite for Education アカウントの場合、ユーザーあたり 1 TB になります。

アドレスとメーリング リスト

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
メールアドレス([ユーザー名]@[会社名].com)
ユーザー単位で付与できる追加のアドレス([部署名]@[会社名].com)
複数のドメインのアドレス
([名前]@[会社名 2].com)
メーリング リスト(管理者が管理)
メーリング リスト(ユーザーが管理)

メールのセキュリティとビジネス向け機能

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
迷惑メールフィルタとウィルス ブロック
Gmail での広告の無効化
フィルタ機能やコンテンツ ポリシーのカスタマイズ
メール保持ポリシー
IP アドレスのホワイトリスト
ユーザーが管理するブラックリスト
コンプライアンス フッターの適用
メール / IM の検索、保持、電子情報開示(Google Vault) ✘ *
Gmail のデータ損失防止(DLP)(下の注記を参照)
BigQuery での Gmail ログ検索
サードパーティ製アーカイブ ソリューションと Gmail の統合
メールの S/MIME 暗号化

* G Suite Basic では、Google Vault を有料アドオンとしてご利用いただけます。

 

現在のところ、Gmail の DLP は G Suite Enterprise と G Suite for Education でのみご利用いただけます。2017 年 3 月 31 日よりも前に購入した G Suite Business ライセンスをお持ちの場合は、G Suite Business ライセンスを有効にしている限り、2020 年 1 月 31 日まで Gmail の DLP を継続してご利用いただけます。

 

ご利用いただけるサービス、機能

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
サポートされているブラウザ
スマートフォンとタブレット
オフライン メールとドキュメント エディタ
IMAP と POP メールのサポート
Microsoft® Outlook® のサポート

移行サービス

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
管理コンソールを使用したデータの移行
Exchange、IBM® Notes®、その他のウェブメール ホストからのメール、連絡先、カレンダーの移行
ウェブメール ホストからのメールの読み込み
Microsoft Exchange® からの複数ユーザーの読み込み
IBM Notes からの複数ユーザーの読み込み

管理機能

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
IMAP と POP アクセスを無効にする設定

その他のメール配信設定

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
キャッチオール アドレス
メール ルーティング(ユーザーおよびドメインレベル)
受信ゲートウェイ
送信ゲートウェイ(ドメイン全体が対象)
送信リレーサーバー(別の差出人アドレスが対象)
複数の POP アドレスのメールの受信(Mail Fetcher)
他の機能を見る: G Suite 機能比較表
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。