ライセンスの割り当て、削除、再割り当て

Google 管理コンソールで管理されている G Suite、Google Drive Enterprise、Cloud Identity Premium、その他の有料サービスが対象となります。

サービスのライセンスが Google から組織内のすべてのユーザーに自動的に割り当てられることがありますが、管理者が組織全体、組織部門、ユーザー グループ、個々のユーザーに手動で割り当てることや、ユーザーにライセンスが自動的に割り当てられるよう設定することも可能です。

ライセンスの割り当てと管理は、Google 管理コンソールの次の 3 つのページで行います。

  • [お支払い] ページ - 組織内のすべてのユーザーまたはアップロードしたユーザーリストのユーザーにライセンスを割り当てる、または、ライセンスの自動割り当てを設定する場合に使用します
  • [ユーザー] ページ - 組織内全員ではないものの、複数のユーザーを対象としてライセンスを割り当てるときに便利です
  • 個々のユーザーのページ - ユーザーを個別に管理したいときに便利です

注: Postini(Google Message Discovery)から Google Vault に移行された場合は、Vault 元従業員のライセンスを割り当てることができます。

ライセンスの割り当て、削除を行う

ここでは、ユーザー ライセンスの割り当てと削除の手順を説明します。ライセンス数を減らす手順については、ライセンス数を減らすをご覧ください。

組織内のすべてのユーザーに自動的にライセンスを割り当てる
  • 組織内のすべてのユーザーにライセンスを自動的に割り当てるには、[お支払い] ページか、ライセンス管理のページを使用します。
  • 複数の Google サービスや同じサービスの複数のサブスクリプションをご利用の場合は、1 つのサービスまたはサブスクリプションにのみライセンスの自動割り当てをオンにできます。
  • サービスのライセンスをすべてのユーザーに自動的に割り当てることを選択した場合は、個々のユーザーのライセンスを削除することはできません。
  • 最上位組織の下位に組織部門がある場合は、特定の組織部門に対してライセンスの自動割り当てオプションを設定できます。
  • ライセンスの自動割り当てが反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

注: Google Cloud Directory Sync を使用する場合は、以下で説明する Google 管理コンソールの設定を行うか、Google Cloud Directory Sync でライセンスの自動割り当てを行う必要があります。

[お支払い] ページからすべてのユーザーにライセンスを自動的に割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

    [お支払い] ページには、購入済みのサービスとそのサブスクリプションに関する基本情報が一覧で表示されています。

  3. 目的のサービス名の左にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックし、ボックスを展開します。
  4. [自動ライセンス] 欄をクリックし、[オン(すべてのユーザー)] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

ライセンス管理ページからすべてのユーザーにライセンスを自動的に割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

    [お支払い] ページには、購入済みのサービスとそのサブスクリプションに関する基本情報が一覧で表示されています。

  3. ライセンスを割り当てるサービスの横にある [アクション] 次に [ライセンスの管理] をクリックします。
  4. [ライセンスの管理] タブで、[自動ライセンス割り当て] の横の、自動割り当てのチェックボックスをオンにします。
  5. 複数のサービスがある場合、ボックスの下のリストからライセンスを選択します。
  6. 下部にある [保存] をクリックします。

    ライセンスの自動割り当てをオンにした場合、ライセンス管理ページには [ライセンスの管理] タブのみが表示されます。

[お支払い] ページで手動でライセンスを割り当てる、削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

    [お支払い] ページには、購入済みのサービスとそのサブスクリプションに関する基本情報が一覧で表示されています。

  3. ライセンスを割り当てるサービスの横にある [アクション] 次に [ライセンスの管理] をクリックします。
  4. アカウント内の個々のユーザーにライセンスを割り当てるには:
    1. [未割り当てのユーザー] タブで、ライセンスを割り当てる各ユーザーのチェックボックスをオンにします。
    2. [割り当て] をクリックし、ライセンスを割り当てるサービスを選択し、[ライセンスを割り当てる] をクリックします。

      割り当てられたユーザーは [割り当て済みのユーザー] タブに移動します。

  5. アップロードしたユーザーリストにライセンスを割り当てるには:
    1. [ライセンスの管理] タブで、[ユーザーにライセンスを一括割り当て] の横にある [ファイルを選択] をクリックします。

      注: このオプションは、ライセンスの自動割り当てを有効にしている場合は使用できません。

    2. ユーザーのリストが記載されたファイルを選択し、[アップロード] をクリックします。

      このファイルは .csv 形式で、ライセンスを割り当てる各ユーザーの完全なメールアドレスが含まれる必要があります。1 行に 1 アドレスを入力します。

    3. サービスのサブスクリプションが複数ある場合は、ライセンスを適用するサブスクリプションを選択します。
    4. [アップロード] をクリックします。
  6. 組織内の各ユーザーにライセンスを割り当てるには:
    1. [未割り当てのユーザー] タブで [組織] をクリックします。
    2. 左側で、ライセンスを割り当てる組織を選択します。検索欄で組織を検索することもできます。

      [組織] 画面に、ライセンスを持っているユーザーの数と、持っていないユーザーの数が表示されます。

    3. [割り当て] をクリックし、ライセンスを割り当てるサービスを選択し、[ライセンスを割り当てる] をクリックします。

      サービスのサブスクリプションが複数あり、一部のユーザーがすでに別のサブスクリプションのライセンスを持っている場合は、それらのユーザーのライセンスを新しいライセンスに切り換えるか、まだライセンスを持たないユーザーにのみライセンスを割り当てるかを確認するメッセージが表示されます。

      組織にライセンスを割り当てると、その組織のユーザーだけにライセンスが付与されます。下位組織のユーザーにはライセンスは付与されません。

  7. ライセンスを削除するには:
    1. [割り当て済みのユーザー] タブで、ユーザー([リスト] ビュー)または組織([組織] ビュー)を選択または検索します。
    2. [割り当て解除] をクリックします。

      これによりライセンスが削除され、ユーザーは [割り当て済みのユーザー] タブから [未割り当てのユーザー] タブに移動します。

[ユーザー] ページで手動でライセンスを割り当てる、削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ライセンスを割り当てる、または削除する各ユーザーのチェックボックスをオンにします。
  4. 上隅にある [その他] 次に [ライセンスを割り当てる] または [ライセンスを削除する] をクリックします。
  5. 該当のサービス 次に [割り当て] または [削除] をクリックします。
個々のユーザーのページで手動でライセンスを割り当てる、削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. 管理するユーザーの名前をクリックします。
  4. 下にスクロールして、ユーザーの [ライセンス] をクリックします。
  5. サービスの横にある [ステータス] 列で、スイッチをクリックしてライセンスを割り当てるかまたは削除します。
  6. [保存] をクリックします。

ライセンスの割り当てを変更する

Google サービスのライセンス割り当てをあるユーザーから別のユーザーに直接変更することはできませんが、上記の任意の手順に沿って最初のユーザーのライセンスの割り当てを解除してから、新しいユーザーに割り当てることができます。

ライセンスの割り当てを解除してから、別のユーザーに再び割り当てられるようになるまでに、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。