Google Workspace for Education の料金およびライセンス体系

Google Workspace for Education には、利用規約に沿った形でのサービス導入を保証するためにライセンス要件が設けられています。Google Workspace for Education のご利用に現在および将来適用されるポリシーを明確にご理解いただけるよう、この記事では主な要件について詳しくご案内します。これらのライセンス要件を満たしていただくことで、定められたガイドラインに準拠しながら Google Workspace for Education を教育機関で最大限に活用できます。

料金とライセンスに関するガイドライン

  • Education Standard と Education Plus のライセンス - Education Plus または Education Standard を購入された教育機関には、有料の児童生徒向けライセンス 4 つにつき教職員向けのライセンス 1 つが無料で提供されます。どちらの種類のライセンスも利用できる機能は同じです。
  • 児童生徒の登録確認書類 - Education Standard と Education Plus のすべての注文において、児童生徒の登録確認書類の提出が必要です。初回購入時に販売パートナーから書類の提出を求められます。更新時にエディションまたはサブスクリプションを変更される場合は、その際にも書類の提出が必要になる可能性があります。書類のテンプレートはこちらよりご確認ください。
  • 最小購入数 - Education Plus と Education Standard の有料ライセンスの最小注文数は 50 です。Teaching and Learning Upgrade には最小注文数はありません。
  • フレキシブルと年間 / 定期のお支払いプランの比較 - Google Workspace for Education サブスクリプションのお支払いプランは次の 2 つからお選びいただけます。
    • 年間 / 定期プラン
      Google Workspace for Education のエディションを 1 年または複数年の契約で購入するプランです。料金は購入するユーザー ライセンス数に応じて決まります。教育機関の人数が増加した場合には、追加のライセンスをサブスクリプションの残期間分購入できます。その際の料金は利用日数に応じて調整されます。ライセンス数を減らすことができるのは、契約期間の終了時にプランを更新するときに限られます。更新日より前にサブスクリプションを解約した場合は、契約期間の残余料金(解約料)が発生します。契約期間中に解約した場合の払い戻しはありません。
      Education Plus、Education Standard、Teaching and Learning Upgrade でご利用可能
    • フレキシブル プラン
      各ユーザー アカウントの料金の請求が毎月発生します。ユーザー アカウントの追加と削除はいつでも可能です。お支払いいただくのは、当月に存在したアカウントの料金のみです。任意のタイミングでサブスクリプションの解約が可能で、解約料は発生しません。

      Teaching and Learning Upgrade でご利用可能

  • 複数年契約と割引 - Education Plus を複数年(2 年以上)契約されたお客様には、自動的に割引が適用されます。Teaching and Learning Upgrade および Education Standard には複数年契約はありません。
  • ライセンスの割り当て - Google Workspace for Education の有料エディションのライセンスはユーザー単位で付与されます。サービスをご利用いただくには、児童生徒および教職員向けのライセンスを Google ドメイン内の個々のユーザーに割り当てる必要があります。ライセンス割り当ての詳細やベスト プラクティスについては、プロビジョニング ガイドをご覧ください。
  • 年間プラン契約中のライセンス追加 - 最初の契約を締結した後に購入したユーザー ライセンスの料金は、利用日数に応じて算出されます。追加ライセンスのご注文については、販売パートナーにお問い合わせください。
  • 自動更新 - 各サブスクリプション期間の終了時に、Google Workspace for Education の有料サブスクリプションが自動的に 12 か月間更新されます。サブスクリプションを解約する場合、あるいは更新しない場合は、その時点の契約期間が終了する 15 日以上前に Google または販売パートナーにお知らせいただく必要があります。いかなる変更も、その時点の契約期間の終了時に発効します。
  • サブスクリプションの解約 - 契約が終了する前にサブスクリプションを解約した場合でも、元の契約料金全額のご負担が生じます。Google の利用規約のいかなる条項も、解除または更新停止に対して Google に料金を払い戻す義務を負わせるものではありません。

2024 年の Google Workspace for Education の割引、料金、ライセンスに関する最新情報

2024 年は割引、料金、ライセンスに関する規約の改定が予定されています。改定は一部の国のみに影響するものと、全世界のお客様に影響するものとがあります。適用対象は次のとおりです。

  • 2024 年 2 月 20 日以降に契約された新規サブスクリプション。
  • 2024 年 7 月 1 日以降に行われるサブスクリプションの更新。

既存のお客様には、料金改定が行われる遅くとも 30 日前までにお知らせいたします。

特定の国に影響する改定

セクションを開く  |  すべて閉じて一番上に移動

新たに 4 つの通貨に対応

お客様とパートナー様に、新たに次の 4 つの通貨をご利用いただけるようになります。

  • イスラエル シケル(ILS)
  • ノルウェー クローネ(NOK)
  • チェコ コルナ(CZK)
  • スイス フラン(CHF)

それぞれの通貨は、その通貨の流通国を拠点とされているお客様にのみご利用いただけます。Google for Education の販売パートナー様は、Partner Sales Console から直接新しい通貨を有効にできます。

国別割引に関する改定

2021 年の Google Workspace for Education のリリース時に、有料エディションの正規グローバル料金を次のように設定しました。

  • Education Standard: 児童生徒 1 人あたり年額 $3
  • Teaching and Learning Upgrade: 教職員 1 人あたり月額 $4
  • Education Plus: 児童生徒 1 人あたり年額 $5

現在、一部の国では Google Workspace for Education サブスクリプションを割引料金でご提供しています。この割引料金は Google Workspace for Education サービスのご購入時に選択いただく国に基づいて適用されます(選択いただくのは、教育機関の所在地、および Google Workspace for Education サービスをご利用になるユーザーの大部分が拠点とされている国です)。

米ドルでお支払いされるお客様の場合、正規ローカル料金は正規グローバル料金に拠点国の割引が適用されたものとなります。米ドル以外の対応通貨でお支払いされるお客様の場合、正規ローカル料金は米ドルから現地通貨に換算した料金に、拠点国の割引が適用されたものとなります。

2024 年に一部の国の割引調整を行うほか、正規ローカル料金を改定して Google Workspace for Education 有料エディションの価値をより正確に反映します。

拠点とされている国での料金の詳細については、Google Workspace for Education 販売パートナーにお問い合わせください。担当の Google Workspace for Education 販売パートナーがお決まりでない場合は、Google for Education の担当チームまでお問い合わせください。

複数年割引と国別割引の両方が適用されている場合に関する改定

Google Workspace for Education Plus を複数年(2 年以上)契約されているお客様には、割引が適用されます。国別割引も適用されている国に対しては、複数年割引の改定が予定されています。国別割引が適用されていない国に対しては、複数年割引の改定はありません。

詳しくは、Google Workspace for Education 販売パートナーにお問い合わせください。担当の Google Workspace for Education 販売パートナーがお決まりでない場合は、Google for Education の担当チームまでお問い合わせください。

Education Standard の国別割引に関する改定

Education Standard の国別割引は終了しました。

グローバルな変更

Teaching and Learning Upgrade のフレキシブル プランにおける料金の差別化

フレキシブル プランのサブスクリプション料金は 20% の引き上げを予定しています。フレキシブル プランは、契約なしでご利用分のみをお支払いいただくプランです。ユーザー アカウントを任意のタイミングで追加または削除できるため、コミュニティの規模が変化する教育機関でより柔軟に利用できます。このたびの調整により、柔軟性の高い月極プランをプレミアム料金で提供するのが一般的である業界標準のアプローチに、Google Workspace for Education の料金モデルが沿う形となります。

年間プランで契約されているお客様については、料金の改定はありません。Teaching and Learning Upgrade のフレキシブル プラン サブスクリプションを管理コンソールから直接購入されたお客様は、販売パートナーと年間プランをご契約いただくことで、現行の料金を維持できます。年間プランのサブスクリプションを、お客様ご自身で管理コンソールからご購入いただくことはできません。

よくある質問

セクションを開く  |  すべて閉じて一番上に移動

料金が改定される前に契約を更新できるよう、現在の契約を早期に終了できますか?

サブスクリプションの更新可能期間は、サポート終了日の 30 日前からです。早期に解約された場合の払い戻しはありません。

これらの改定は現在結んでいる Education Plus の複数年契約に適用されますか?

現在複数年契約を結ばれている場合、そのサブスクリプションの期間中に料金が改定されることはありません。更新の際は、その時点の正規料金と国別割引が適用されます。

Google Workspace for Education Fundamentals をまだ持っていないのですが、Google Workspace for Education の有料エディションを購入することはできますか?

いいえ。Google Workspace for Education Plus などの有料エディションをご購入いただくには、アクティブな Google Workspace for Education Fundamentals サブスクリプションが必要です。

Education Standard または Teaching and Learning Upgrade から Education Plus にアップグレードする場合、割引や料金の改定はどのように影響しますか?

Education Standard または Teaching and Learning Upgrade から Education Plus へのアップグレードをお考えのお客様は、サブスクリプションの更新と見なされるため、2024 年 7 月 1 日より新しい料金が適用されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー