検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    Chrome アプリの管理の概要

    Chrome web app pack
    この記事は、Chrome for Work と Chrome for Education の管理者を対象としています。

     

    管理コンソールでは、どの Chrome アプリや拡張機能へのユーザー アクセスを許可するかを制御できます。また、Chrome アプリを設定し、キオスクとして導入することもできます。

    Chrome アプリの管理用ビュー

    Chrome の管理では、Chrome アプリを 2 つの異なるビューから管理できます。

    • ユーザー設定 - 組織部門レベルの Chrome アプリのビューです。アプリのポリシーや設定を全体的に把握できます。
    • アプリケーションの管理 - Chrome アプリの個別の設定を行うビューです。特定のアプリのポリシーや設定を重点的に確認することができます。

    上記 2 つのビューでは、それぞれ別の観点から Chrome アプリの管理を行います。ただし、[アプリケーションの管理] では、[ユーザー設定] で設定できるアプリのポリシー(ユーザーに対するブロック、許可、強制インストール、Chrome ウェブストアのおすすめアプリなど)のすべての管理を行うことができます。

    また、[アプリケーションの管理] では、設定したすべてのアプリを一覧表示し、カスタマイズするための設定を指定して、キオスクアプリとして導入できます。

    管理コンソールで [端末管理] > [Chrome 管理] を選択し、いずれかのビューにアクセスします。

    それぞれのビューの主な違い
    Chrome アプリを設定する

    [アプリケーションの管理] では、Chrome アプリに適用するポリシーを指定した設定ファイルをアップロードして、アプリをより細かく制御できます。Chrome アプリが設定ファイルをサポートしている場合は、カスタマイズしたポリシーや、アプリでサポートされる設定をインストールできます。

    たとえば、デジタル サイネージ キオスクアプリ用の設定ファイルには、イベントのスケジュールを含めることができます。また、コールセンターのキオスクアプリ用の設定ファイルには、VoIP サーバーの IP アドレスやポート番号を含めることを検討できます。

    キオスクの設定

    Chrome アプリが設定ファイルをサポートしているかどうか、また、サポートしている場合は、どのようなカスタマイズ設定ができるかを確認するには、Chrome アプリに関するドキュメントをご覧ください。

    Chrome アプリをキオスクアプリとして導入する

    [アプリケーションの管理] では、Chrome アプリをキオスクアプリとして導入し、そのアプリをシングルアプリ キオスクとして設定できます。アプリは端末のブート時に自動的に起動します。

    Chrome アプリの一覧を表示する

    [アプリケーションの管理] を選択すると、ドメインのすべての組織部門に対して設定されているすべてのアプリの一覧が表示されます。この一覧には、アプリがブロックされているかどうか、インストールされているかどうか、Chrome ウェブストアでおすすめになっているかどうか、キオスクアプリかどうかなど、各アプリの詳細が示されます。

    Chrome app management - app list

    [ユーザー設定] では、表示されるアプリの一覧は、強制インストール、ホワイトリスト(許可)、ブラックリスト(ブロック)、固定、おすすめなど、そのときアプリに対してどのような設定を行っているかによって異なります。アプリが継承されたものかどうか、その組織部門のローカルなアプリかどうか、アプリを追加または削除するオプション、Chrome ウェブストアのアプリへのリンクなど、アプリの設定に関する基本的な情報が表示されます。

    Chrome app list in user settings

    Chrome アプリを検索する

    [ユーザー設定] でアプリを検索すると、Chrome ウェブストアが検索されます。検索結果は、どのようなアプリを表示しているかによって異なります(強制インストールされたアプリ、許可、ブロック、または固定されているアプリ、おすすめのアプリなど)。

    [アプリケーションの管理] でアプリを検索すると、既定で、Chrome ウェブストアと設定したすべてのアプリが検索されます。検索結果には、強制インストールされたアプリ、許可、ブロック、または固定されているアプリ、おすすめのアプリだけでなく、検索条件に一致するすべてのアプリが表示されます。検索結果に含まれるアプリのうち、ポリシーを設定したアプリについては、特定のユーザーに対してブロックまたは許可されているかなど、設定に関する情報が表示されます。

    作業に応じた適切なビューの選択

    一般的な管理作業にどのアプリケーション管理ビューを使用するかについて、推奨事項を次に示します。

    複数のアプリを自動的にインストールする(強制インストール):

    • [ユーザー設定] で組織部門を選択します。
    • [強制インストール済みアプリケーションを管理] を選択します。
    • 表示されたダイアログ ボックスで、強制インストールするアプリを選択します。
      [アプリケーションの管理] でも実行できますが、一度に 1 つのアプリしかインストールできません。アプリに対して追加のポリシーや設定を指定するときは、[アプリケーションの管理] を使用します。

    すべてのユーザーに対してすべてのアプリをブロックまたは許可する:

    • [ユーザー設定] で組織部門を選択します。
    • [ブロックしたものを除くすべてのアプリケーションや拡張機能を許可する] または [許可したものを除くすべてのアプリケーションや拡張機能をブロックする] を選択します。

    選択した特定のユーザーを除くすべてのユーザーに対して、すべてのアプリをブロックまたは許可する:

    • [ユーザー設定] で組織部門を選択します。
    • [ブロックしたものを除くすべてのアプリケーションや拡張機能を許可する] または [許可したものを除くすべてのアプリケーションや拡張機能をブロックする] を選択します。
    • [アプリケーションの管理] で、ブロックまたは許可するアプリを選択します。
      [ユーザー設定] でも実行できますが、[アプリケーションの管理] のアプリ一覧には、設定したすべてのアプリが含まれているのに対し、[ユーザー設定] のアプリ一覧には、ブロックされているすべてのアプリか、許可されているすべてのアプリが表示されます。

    すべてのユーザーに対して 1 つのアプリをブロックまたは許可する:

    • [アプリケーションの管理] でアプリを選択します。
    • 最上位の組織部門で、アプリのインストールをブロックまたは許可します。
      最上位の組織部門で設定を変更すると、すべてのユーザーに影響します。ただし、既に子組織部門で設定がオーバーライドされている場合は除きます。

    一部のユーザーに対して 1 つのアプリをブロックまたは許可する:

    • [アプリケーションの管理] でアプリを選択します。
    • 対象となるユーザーのみを含む子組織部門で、そのアプリをブロックまたはインストールします。

    設定ファイルを使用してアプリのポリシーを設定する:

    • [アプリケーションの管理] でアプリを選択し、設定ファイルをアップロードします。
    設定の継承方法

    2015 年 3 月までは子組織部門にアプリを追加することはできず、親組織部門から既存のアプリとそのポリシーを継承していましたが、継承モデルが変わり、子組織部門の各アプリでは親組織部門から設定を継承またはオーバーライドできるようになりました。

    たとえば、最上位の組織部門に 3 つのアプリを追加した場合、それらのアプリとアプリのポリシーは、すべての子組織部門に継承されます。子組織部門にアプリを追加した場合、アプリはその子組織部門固有のアプリになりますが、後から最上位の組織部門に追加したアプリは、子組織部門に継承できます。

    4 つ目のアプリを最上位の組織部門に追加すると、アプリとアプリのポリシーは子組織部門に継承されます。ただしそれには、そのアプリをまだ子組織部門にインストールしておらず、最上位の設定をオーバーライドしていないことが条件です。

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。