概要: Chrome のデバイス ポリシーの管理

このページは、企業や学校で使う Chrome 端末の管理者を対象としています。

Chrome Enterprise 管理者は、クラウドベースの管理コンソールから Chromebooks やその他の Chrome OS 搭載端末を管理できます。ここでは、ポリシーや設定の管理方法の概要を説明します。リンクをクリックすると詳しい説明をご覧いただけます。

管理コンソールでの操作

端末レベルのポリシーを設定する

[端末の設定] ページで、組織で管理している Chrome 端末のすべてのユーザーに適用するポリシーを設定します。ゲストとしてログインしている場合や、個人の Gmail アカウントでログインしている場合も適用対象です。

  • 組織で管理する Chrome 端末を自動登録する。
  • ゲストモードの使用を禁止するなどして、端末を使用するユーザーを制御する。
  • 端末を特定の用途のキオスクアプリとして使用する。
  • Chrome 端末の更新を管理する。

詳しくは、Chrome の端末設定の管理をご覧ください。

ユーザーレベルの(Chrome プロファイル)ポリシーを設定する

[ユーザー設定] ページで、ユーザーが任意の端末から管理対象の Google アカウントにログインする際に適用するポリシーを設定します。

  • Windows グループ ポリシーのような社内運用型ツールで管理できる 100 以上の同じ Chrome ポリシーを適用する。
  • 個人のパソコンで Chrome にログインした際の、仕事用アプリ、ホームタブ、及びテーマを同期する。

詳しくは、ユーザー用 Chrome ポリシーの設定をご覧ください。

アプリや拡張機能のポリシーを設定する

アプリや拡張機能の使用を管理するポリシーを設定します。

[アプリの管理] ページでは、次の操作を行えます。

  • 特定のアプリのポリシーを設定する。たとえば、アプリを自動インストールして Chrome のタスクバーに固定できます。
  • 設定済みのすべてのアプリを確認し、設定が必要なその他のアプリを検索する。
  • 設定ファイルをアップロードして、アプリを管理するためのカスタム ポリシーや設定をインストールする。
  • アプリをシングルアプリのキオスクアプリとして導入する(端末を起動するとアプリが自動的に起動します)。
  • 詳しくは、Chrome の個々のアプリを管理するをご覧ください。

[ユーザー設定] ページでは、次の操作を行えます。

  • アプリ全般に及ぶポリシーを設定する。たとえば、許可していないアプリのインストールを禁止することができます。
  • 一度に複数のアプリにポリシーを設定する。たとえば、自動インストールするアプリを一括で追加できます。
  • ポリシーごとにアプリを表示、検索する。たとえば、使用が禁止されているすべてのアプリを簡単に確認できます。
  • 詳しくは、複数のアプリに Chrome ポリシーを設定するをご覧ください。

その他のオプション

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。