通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

メールがエラー メッセージとともに返送される

メールが返送されたときに役立つエラー メッセージが記載されていなくても、管理者はトラブルシューティングを行うことができます。

メールが戻ってくる理由には、アカウント設定やメールの内容など、いくつかの理由が考えられます。たとえば、迷惑メールフィルタによって迷惑メールに分類された可能性や、受信ゲートウェイの制限により受信側のサーバーでメールが拒否された可能性が挙げられます。Google では、Google Workspace への不正申し込みにより迷惑メールが送信されることのないよう対策を講じています。

迷惑メールの送信元であると誤って判断されたため組織の Google Workspace アカウントが無効になっている場合は、アカウントを再設定する必要があります。詳しくは、Google Workspace サポートへのお問い合わせをご覧ください。

おすすめの対策

すべて開く  |  すべて閉じる

Google グループを使用してメールを一括送信する

多数の受信者宛てにメールを送信する場合に該当

多数の宛先にメールを送信すると、Google のシステムで迷惑メールと判断されることがあります。よくあるのが Cc または Bcc に多くの受信者が設定されているケースで、これは迷惑メールが送信される状況と似ています。この対策として、1 つのグループにすべての受信者を登録し、そのグループ宛てにメールを送信するという方法があります。詳しくは、組織向けの Google グループの設定をご覧ください。

重要: グループ内のメンバーの多くにメールを送信できない場合、そのグループメールは返送されます。アクティブなメールアドレスのみを、正しいスペルで追加するようにしてください。

受信者側で許可リストにドメインを登録してもらう

サードパーティ製メール クライアントがメールを受け付けない場合が該当

サードパーティの拒否リストが原因で、お客様の組織から送信するメールが他のドメインから拒否されることがあります。たとえば、特定の IP アドレスまたはサーバー以外から送信されるメールを拒否する設定を受信側が行っている場合には、メールが届かないことがあります。この問題を解決するには、受信側のドメイン管理者または IT 管理者に連絡し、お客様の組織からのメールが届く設定にするよう依頼してください。

POP / IMAP クライアントで Gmail を使用する

POP / IMAP クライアントを使用している場合はログアウトし、別のメール クライアントではなく Gmail を使用してアカウントにログインし直してください。

受信ゲートウェイの設定を確認する

組織内へのメールが該当

管理コンソールの受信ゲートウェイの設定で、指定されたホストからのメールのみを受け入れるようにしている場合、メールの受信に問題が発生する可能性があります。具体的には、[ゲートウェイの IP を経由しないメールをすべて拒否する] を選択すると、それらのホストからのメールのみを受信します。MX レコードでメールを正しい宛先に配送する必要があり、他のホストから Gmail に配送されたメールは拒否されます。詳しくは、受信メールのゲートウェイを設定するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6238387178604091095
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010