Google Workspace for Education ストレージ ポリシーの変更

1. ストレージ ポリシーに関する変更を確認する

G Suite for Education は Google Workspace for Education となりました。詳細

先日お知らせしましたとおり、新しいストレージ モデルでは、すべてのユーザーで共有する 100 TB のストレージ プールが学校や大学に提供されます。新しいモデルの保存容量は、1 億件のドキュメント、8 百万件のプレゼンテーション、40 万時間の動画を保存するのに十分な容量です。このポリシーは、Google Workspace for Education エディションをご利用のすべてのお客様に対して 2022 年 7 月に適用されるほか、2022 年に新しくご契約いただくお客様についても適用されます。詳しくは、ブログでのお知らせをご覧ください。

組織が影響を受けるかどうかを確認する方法

多くのお客様が現在利用されている Google Workspace for Education Fundamentals(旧称 G Suite for Education)には、ドメインの無料の保存容量として 100 TB がすでに割り当てられています。

使用している保存容量を確認するには:

  1. 組織のアプリレポートを表示するという記事に移動します。
  2. アカウント レポート次に合計使用容量に移動する手順に沿って操作します。

保存容量に関するよくある質問

「ストレージ プール」とは何ですか。

ストレージ プールは、すべてのユーザー アカウントのあらゆるもの(Google ドライブ、Gmail、Google フォト間で共有されるファイルを含む)を対象とした共有ストレージです。詳しくは、Google Workspace ストレージの仕組みをご覧ください。

この新しいストレージ ポリシーはいつから適用されますか。

このポリシーは、Google Workspace for Education エディションをご利用のすべてのお客様に対して 2022 年 7 月に適用されるほか、2022 年に新しくご契約いただくお客様についても適用されます。なお、この変更を管理しやすいように、組織で使用している保存容量の確認と管理に役立つ新しい設定のリリースも予定されています。

Google では、誤ったストレージ制限によって、正規の教育機関のユーザーがメールなどの重要なサービスにアクセスできない事態が発生しないように努めています。提供予定のツールを使えば、ストレージのニーズに応じた計画を立てて対応することができます。また、ストレージの上限に近づいた場合はアラートでお知らせします。

追加の保存容量が必要な場合はどうすればよいですか?

生徒と教職員を合わせて 20,000 人を超える教育機関、または利用規約と利用規定が適用される 1 か月のアクティブ ユーザー数が 20,000 人を超える教育機関には、追加の保存容量が提供されます。このプロセスは 2021 年末までに展開される予定です。

保存容量がさらに必要な場合は、Education PlusTeaching and Learning Upgrade をご契約いただくことにより追加の保存容量をご利用いただけます。これらのエディションが利用可能になったら、アップグレードすることをおすすめします。詳しくは、エディションの比較をご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。