G Suite は Google Workspace となりました

お客様に未来の働き方に備えていただくために、2020 年 10 月 6 日、新しいブランド、サービス エクスペリエンス、一連のサービスを導入いたしました。この変更の一環として、G Suite から Google Workspace に名称が変わりました。自宅、勤務先、教室のどこにいても、Google Workspace を使用してドキュメントの作成、コミュニケーション、コラボレーションを行うことができます。

この新しい名称とロゴは、Google 管理コンソール、オンライン ヘルプ、各種のお知らせメールに表示されます。

この変更の背景については、ブログの投稿をご覧ください。

新しい Google Workspace のエディション

お客様のニーズに合わせてより多くの選択肢をご提供するため、新しいサブスクリプション オプションも展開しています。

  • Business ファミリー - 中小企業向けに、Google Workspace のご利用開始にあたって操作性と費用対効果の向上につながる、カスタマイズされたサービス群を導入します。これには、高い水準のコラボレーション ツールと生産性向上ツール、セキュリティ保護、管理機能が含まれます。
  • Enterprise ファミリー - 大企業向けに、追加の生産性向上機能、エンタープライズ級の管理機能、最先端のセキュリティおよびコンプライアンス機能といった、チームレベルでも組織レベルでも利用可能な一連のサービスを導入します。

最適なエディションをお選びください

エディション名の変更

以前の名前 新しい名前
G Suite Enterprise Google Workspace Enterprise Plus
G Suite Essentials Google Workspace Essentials
G Suite for Education Google Workspace for Education Fundamentals
G Suite Enterprise for Education Google Workspace for Education Plus
G Suite for Nonprofits Google Workspace for Nonprofits

G Suite から Google Workspace への移行に関するよくある質問

以下では、G Suite から Google Workspace への移行に関するよくある質問のいくつかにお答えし、ご利用のサブスクリプションに対する影響についてご説明します。

今すぐ移行

G Suite Basic、Business、Enterprise サブスクリプション

すべて開く  |  すべて閉じる

現在使用している G Suite サブスクリプションにはどのような影響がありますか?

G Suite Basic と G Suite Business のお客様

お客様の現在の G Suite サブスクリプションと関連サービスは、新しいエディションのいずれかに移行するまでは、これまでどおりご利用いただけます。

  • フレキシブル プランを月払いでご利用の場合は、今後数か月にわたって新しいサービスのいずれかへの移行に関する詳細をお知らせいたします。
  • 年間 / 定期プランでご契約の場合は、更新日まで現在の G Suite サブスクリプションをこれまでどおりご利用いただけます。お客様がニーズに合わせた方法で移行できるよう、今後数か月にわたって、さらに情報をご提供いたします。それまでの間、サービスの更新についてご不明な点がございましたら、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。

G Suite Enterprise のお客様

現在ご利用中の G Suite Enterprise サブスクリプションは自動的に Google Workspace Enterprise Plus に移行されます。移行についてご不明な点がございましたら、Google Workspace 営業担当者までお問い合わせください。

現在の G Suite サブスクリプションを引き続き利用できますか?

現在ご利用中の G Suite サブスクリプションから新しいエディションのいずれかへの移行については、今後数か月にわたって、さらに情報をご提供いたします。アクティブな年間 / 定期プランの契約期間中、サブスクリプションが変更されることはありません。

今後数か月以内または現在の契約期間が終了した時点で、新しい Google Workspace エディションのいずれかに移行できます。

Google Workspace Enterprise エディションにユーザー数の上限、下限はありますか?
いいえ。ユーザー数の上限、下限はありません。ご希望のユーザー数で Enterprise エディションをご購入いただけます。
その他
新しい Google Workspace エディションと G Suite サブスクリプションは何が違いますか?

お客様の特定のニーズに合わせて 2 つの新しいサービス群を新たにご用意しました。

  • Business エディション ファミリーは中小企業向けで、セルフサービスで迅速にご購入いただけます。
  • Enterprise エディション ファミリーは、より複雑な導入課題があったり、長い購入 / 導入サイクルにわたって技術的支援を必要としていたりする大企業向けです。

新しいエディションの機能を確認し、現在のサブスクリプションと比較するには、各エディションの比較についてのページをご覧ください。

G Suite Basic や G Suite Business は、まだ購入できますか?

オンラインでは、新しい Google Workspace エディションのみご購入いただけます。G Suite Basic または G Suite Business のサブスクリプションをご利用の場合は、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。お客様のニーズに合った方法で Google Workspace に移行できるようサポートいたします。

現在も G Suite Basic から G Suite Business にアップグレードできますか?

はい。現在 G Suite Basic サブスクリプションをご利用の場合、現在の契約期間中であれば G Suite Business にアップグレードできます。新しい Google Workspace Business エディションまたは Enterprise エディションへのアップグレードも可能です。

Enterprise Plus になると、G Suite Enterprise サブスクリプションの料金は変更になりますか?

現在のところ、サブスクリプションの料金に影響はありません。年間プランまたは定期プランをご利用の場合、契約期間中の料金変更はありません。フレキシブル プランを月払いでご利用の場合は、今後数か月以内の料金改定前にお知らせいたします。

新しい Google Workspace エディションの詳細については、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。

これまでどおり G Suite サブスクリプションにユーザーを追加できますか?

はい。現在の G Suite サブスクリプションにユーザーを追加できます。既存の G Suite サブスクリプションと関連サービスは、移行が行われるまでこれまでどおりご利用いただけます。

G Suite Basic サブスクリプションに登録しているユーザー数が 300 を超える場合、アップグレードは必要ですか?

ユーザー数が 300 を超える場合は、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。お客様のニーズに合った方法で Google Workspace に移行できるようサポートいたします。

G Suite Business サブスクリプションで Vault を使用している場合、Business Plus へのアップグレードは必要ですか?
Google Vault をご利用の場合は、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。お客様のニーズに合った方法で Google Workspace に移行できるようサポートいたします。
エンハンスト サポートの内容と組織で利用する方法を教えてください。

エンハンスト サポートは、新しい Enterprise の各エディションに含まれているサービスです。すでに Enterprise Plus をご利用の場合は、エンハンスト サポートを追加料金なしでご利用いただけます。

Google Workspace Business エディションまたは従来の G Suite エディションをご利用でエンハンスト サポートの購入をご希望の場合は、Google Workspace 営業担当にお問い合わせください。

Google Workspace for Education、Google Workspace for Education Plus、Google Workspace for Nonprofits

すべて開く  |  すべて閉じる

Google Workspace と Google Workspace for Education の違いは何ですか?

Google Workspace に関して発表された変更は、企業のお客様のみが対象です。Google Workspace と Google Workspace for Education には、以下のような違いがあります。

  • コミュニケーション機能の管理 - 統合型のコミュニケーション機能(Gmail 内の Meet の統合ビューなど)は Google Workspace for Education のお客様にご利用いただけますが、まず、管理者が [Chat を優先] を選択して Google Chat サービスを有効にする必要があります。詳細
  • 料金 - Google Workspace の新しいエディションと料金は、企業のお客様のみが対象です。Education と Nonprofits の各エディションの料金に変更はありません。
  • 教育機関用の機能 - Google Workspace for Education には、独自性レポート、アサインメント、Classroom など、教育現場のニーズに応えるツールが用意されています。
Google Workspace for Education、Google Workspace for Education Plus、Google Workspace for Nonprofits に含まれるサービスに変更はありますか?

いいえ。Google Workspace for Education および Google Workspace for Education Plus では、教師と生徒のニーズを満たすサービスをこれまでどおりご利用いただけます。これには、Classroom、アサインメント、Gmail、Google カレンダー、Google ドライブ、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Google Meet が含まれます。Google は、進化する教育現場のニーズに応じて引き続きツールの開発を進めてまいります。

Google Workspace for Nonprofits は、所定の条件を満たす組織で引き続きご利用いただけます。

その他
Google Workspace for Education、Google Workspace for Education Plus、Google Workspace for Nonprofits の料金に変更はありますか?
いいえ。Google Workspace の発表に伴う、Google Workspace for Education、Google Workspace for Education Plus、Google Workspace for Nonprofits の料金に変更はありません。
Google はこれからも Google Workspace for Education の無償版を提供しますか?
はい。Google Workspace for Education は、今後も教育機関に無料で提供されます。また、Google は無償版と有償版の両方で引き続きサービス向上に努めてまいります。
Google はこれからも教育向けサービスを提供しますか?
はい。教育現場固有のニーズに応えるサービスの構築に注力するという Google の姿勢は変わりません。

AppSheet

すべて開く  |  すべて閉じる

AppSheet とは何ですか?

AppSheet は Google Cloud の非プログラミング型アプリケーション開発プラットフォームで、共同編集に対応したモバイルアプリやデスクトップ アプリを誰でも構築することができます。AppSheet アプリを使用することで、ユーザーは安全検査の実施、作業手順の管理、候補のトラッキング、在庫管理などのプロセスの合理化や作業の簡素化を図ることができます。AppSheet は Google Workspace をご利用のお客様に追加サービスとして、まもなく提供されます。

Google Workspace ユーザーは、スプレッドシート内のデータの読み取りと更新、ドライブ内のファイルの読み取りと保存が可能なアプリを構築できます。詳しくは、www.appsheet.com をご覧ください。

その他
Enterprise Plus ユーザーは AppSheet のどのバージョンを利用できますか?

Enterprise Plus のお客様は AppSheet Core にアクセスできます。AppSheet Core について詳しくは、AppSheet の価格についてのページをご覧ください。

Enterprise Plus サブスクリプションに含まれる AppSheet Core ライセンスのご利用について詳しくは、Google Workspace サポートにお問い合わせください。

Enterprise Plus または AppSheet Core の利用者でなくても AppSheet を使用できますか?
Enterprise Plus 以外の Google Workspace をご利用の場合は、AppSheet の無料枠が提供され、ユーザーはプロトタイプ アプリケーションを無料で作成できます。AppSheet の他のサブスクリプション タイプについては、追加購入が必要になることがあります。詳細
Enterprise Plus または AppSheet Core を使用している場合、AppSheet にアクセスするにはどうすればよいですか?

ユーザーは AppSheet にアクセスして、アプリケーションを無料で作成できます。他のユーザーとアプリを共有する場合は、AppSheet サブスクリプションが必要です。利用方法は次のとおりです。

  1. appsheet.com にアクセスします。
  2. Google Workspace の認証情報を使用して AppSheet にログインします。

詳しくは、AppSheet.com をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。