検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

YouTube Kids で検索する

アプリの右端にある虫めがねのアイコン をタップして語句を入力し、動画を検索できます。音声検索を行うには、検索ページでマイクのアイコン をタップして検索する語句を話します。

検索結果の動画は、アルゴリズムによって選ばれており、人間によって審査されたものではありません。YouTube は、YouTube Kids で動画を検索する際に、年齢の低いお子様に適した動画が表示されるよう、さまざまな対策を講じています。自動解析とユーザーからのご意見を活用してコンテンツをチェックしており、新しいテクノロジー、研究、ユーザーからのフィードバックに基づいて改善を続けています。しかし、YouTube は膨大な種類、多様さ、規模のコンテンツを取り扱っているため、お子様に見せたくないコンテンツがアプリに表示されてしまう可能性もあります。お子様が目にするコンテンツを制限したい場合は、保護者設定から検索をオフにすることもできます。アプリの検索の設定にかかわらず、保護者の方が見せたくないコンテンツをお子様が見つけてしまう可能性があることにご注意ください。そのような場合は、YouTube に動画を報告してください。いただいた報告は、アプリの改善のために活用させていただきます。

検索結果に表示されるおすすめ動画

検索結果には、これまでお子様が視聴した動画や検索語句に応じておすすめの動画が表示されることがあります。

再生履歴と検索履歴の記録を一時停止する

再生履歴と検索履歴の記録を一時停止するには、保護者設定から行います。履歴の記録を一時停止すると、その間に新しく視聴した動画や検索語句に関連する動画は、ホームページのおすすめの動画、検索結果、[もういちど見る] に表示されません。

再生履歴と検索履歴を削除する

再生履歴と検索履歴の削除は、保護者設定から行えます。履歴を削除すると、おすすめの動画と [もういちど見る] はリセットされます。検索をオフにすると、再生履歴と検索履歴は自動でリセットされます。 

検索結果のブロック

YouTube で検索すると、[ほかのことをさがしてみよう。] というエラー メッセージが表示されることがあります。家族で楽しめる環境にするために、YouTube では成人向けのコンテンツが見つかる可能性のある検索語句の結果をブロックしています。ただし、YouTube では幅広いコンテンツを提供しているため、年齢の低いユーザーにとって必ずしも不適切とは限らない検索結果がブロックされてしまうこともあります。その場合は、フィードバックをお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。