動画を収益化の対象にできる条件

この記事は説明のみを目的としており、法律上の助言を目的としたものではありません。法律上の助言については、弁護士または法定代理人にご相談ください。

動画を収益化の対象とするには、チャンネルが YouTube パートナー プログラムの基準を満たし、動画が次の基準を満たしている必要があります。

  • 広告掲載に適したコンテンツをアップロードしている。
  • コンテンツの作成者であるか、コンテンツを商用利用する権利を所有している。
  • すべての音声コンテンツと動画コンテンツについて商用利用の権利を所有していることを証明する文書を提出できる。
  • コンテンツが YouTube パートナー プログラムのポリシー、YouTube 利用規約コミュニティ ガイドラインを遵守している。YouTube は、ガイドラインを遵守しないアカウントに対して収益化を無効にする権利を有しています。
YouTube の広告ポリシーチームによって手動で審査された動画や一部のパートナーのチャンネルでも、広告が掲載される場合があります。

収益化の対象となるコンテンツの例

  • 自分の猫を撮影し、BGM は使用していない。
  • 著作権使用料無料の音楽が動画に含まれており、商用利用する権利の保有を使用許諾に直接リンクすることで証明できる。
  • 動画のコンテンツを友人が作成し、そのコンテンツを使用して収益を得る許可を書面でもらっている。
  • 自分で作曲し、レコード会社と契約していない。

収益化の「対象にならない」コンテンツの例

  • iTunes で購入した、またはテレビから録音した音楽を動画で使っている。
  • 他人が作成したコンテンツを集めて編集した。
  • ショックや不快感を与えることを目的とした暴力やヌードをコンテンツに含めている。

動画に含めることができるコンテンツについてのその他のアドバイスはこちらでご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。