通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

「ほとんどの広告主に適していない」と判断された動画について、人間による審査をリクエストする

動画がほとんどの広告主に適していない場合、動画の横に黄色のドル記号アイコン()が表示されます。この記事では、動画が「制限付き」と判断される仕組みと、再審査をリクエストする方法について説明します。

動画が「ほとんどの広告主に適していない」と判断されるのは次のような場合です。

  • YouTube の自動システムによって、コンテンツがすべてのブランドに適しているわけではないと判断された場合。
  • 専門の審査担当者によって、動画が YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠していないことが確認された場合。

収益化ステータスが適用される仕組み

YouTube は、動画のアップロード処理中に機械学習を使用して、その動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているかどうかを判断しています。これは、スケジュール設定されたライブ配信についても同様で、ライブ配信前にシステム側でタイトル、説明、サムネイル、タグを確認しています。

ご自身の動画に黄色のアイコンが表示される理由がわからない場合は、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインをご確認ください。動画のタイトル、説明、サムネイル、タグは必ず確認してください。タイトルやメタデータのない動画は、すべての広告主に適しているかどうかをシステム側で判断するための情報が不十分になってしまう可能性があります。

審査を依頼するタイミング

動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインの条件を満たしているかどうかを確認します。動画が「このコンテンツは広告収入を得ることができます」の条件をすべて満たしている場合は、審査をリクエストしてください。詳しくは、収益化の審査の仕組みをご覧ください。

広告の適合性の制限に対する再審査請求

システムの判断が常に正しいとは限りません。黄色のアイコンが表示されたものの、YouTube のシステムの判断が間違っていると思われる場合は、人間による審査をリクエストできます。人間による審査を受ける動画については、専門の審査担当者が確認します。このプロセスを繰り返すことで、システムの精度が次第に向上していきます。

注: 動画を削除して再アップロードしても解決しません

再審査請求を送信するには:

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューで [コンテンツ]  をクリックします。
  3. 再審査を請求する動画に移動します。
  4. 動画の横にある [制限] 列の [広告の適合性] にカーソルを合わせます。
  5. [審査をリクエスト] をクリックします。画面上の指示に沿って操作します。

注: 再審査請求を選択できるのは、再審査の要件を満たしている動画のみです。再審査請求を送信すると、動画の横のテキストが再審査請求のステータスに応じて更新されます。

広告の適合性の制限に関する追加の審査を申請する

お客様の動画は、人間による審査を追加で 1 回リクエストできる可能性があります。動画が再審査の対象かどうかを確認するには、こちらのセルフヘルプ フローをご利用ください。

再審査の利用資格を確認

再審査請求プロセスの仕組み

人間による審査をリクエストすると、専門の審査担当者が動画を確認します。審査担当者は動画を視聴して確認する際に、YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに照らしてコンテンツ、タイトル、メタデータをチェックします。詳しくは、収益化の審査の仕組みをご覧ください。

動画審査の最終的な結果についてはメールでお知らせします。

注: 審査のために動画を送信すると、動画のアイコン ステータスが変わることがありますが、これは審査が完了するまで、動画のスキャンが続行されるためです。

審査にかかる時間

Google は、このような審査がクリエイターとクリエイターの収益にとって重要であると理解しています。人間による審査には最大で 7 日かかることがあります。審査が完了すると、収益化の結果が記載されたメールが届きます。再審査請求後の審査担当者の決定は最終的なものです。審査後に収益化のステータスが変更されることはありません。

今後、広告の適合性に関する制限を受けないようにする

今後、制限を受けないようにするために、動画をアップロードする際に自己診断ツールを使用できます。[チェック] ページについて詳しくは、YouTube 動画自己診断プログラムの概要をご覧ください。
注: 著作権チェックと広告の適合性チェックの結果は最終的なものではありません。たとえば、その後の Content ID の手動申し立て著作権侵害の警告動画設定の編集が動画に影響する場合もあります。動画のメタデータが公開後に変更され、広告に適していない状態になった場合、収益化に関する新しい制限が動画リストに表示される可能性があります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー