検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

「ほとんどの広告主に適していない」とマークされた動画の再審査請求

アップロードした動画のコンテンツがほとんどの広告主に適していないと判断された場合、動画の横に黄色いドル記号 が表示されます。また、YouTube アカウントに関連付けられたメールアドレスにも通知が届きます。

[動画の管理] で動画に「ほとんどの広告主に適していない」のマークが付くのは、次のような場合です。

  • 一部のブランドに適していないと判断された場合。この場合、動画に表示される広告の数が少なくなります。
  • 広告掲載に適したコンテンツの基準を満たしていない場合。この場合、動画に広告が表示されません。

動画がすべてのブランドに適していると思われる場合は、再審査請求を行うことができます。再審査請求を受けた動画については、専門の審査担当者が確認します。このプロセスを繰り返すことで、システムの精度が次第に向上していきます。なお、動画を削除して再びアップロードしても、結果は変わりませんのでご注意ください。動画を審査に送ることができるのは 1 回限りです。審査による決定に対して再審査請求を行うことはできません。

「ほとんどの広告主に適していない」アイコン が表示されていても、その動画が検索システムで制限を受けるわけではありません。広告主に適しているかどうかを示すアイコンは、YouTube で動画がどのように表示されるかについてお知らせするものではありません。しかし、冒とく的な表現や暴力を伴う動画は、すべての広告主には適さないのと同様、すべての視聴者に広くおすすめされるものでもありません。

ステータスを確認して再審査請求を行う方法

動画の収益化ステータスを確認する
動画を公開する前に収益化ステータスを確認したい場合は、限定公開の動画としてアップロードしてください。通常、動画はアップロード後 2 時間以内に分類されますが、動画の分類はその動画に対する視聴者の反応によって、後から変更される場合があります。
「ほとんどの広告主に適していない」とマークされたものの、それが誤っていると思われる場合は、再審査請求が可能です。
チャンネル登録者数が 10,000 人を超えていれば、視聴回数に関係なく限定公開の動画が審査されます。チャンネル登録者が 10,000 人未満の場合は、過去 7 日間で少なくとも 1,000 回視聴された動画のみが審査の対象となります。そのため、動画を公開して視聴回数を増やすことが必要となります。
これは、審査リクエストが毎日多数寄せられている中で、視聴回数を伸ばせる収益力の高いチャンネルの動画を優先させるための措置です。ご了承ください。
収益化ステータスの適用の仕組み
動画をアップロードすると数時間のうちに、動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを満たしているかどうかがシステムによって自動的に判断されます。この仕組みはスケジュール設定されたライブ配信でも同じで、ライブ配信前にシステム側でタイトル、説明、サムネイル、タグを確認しています。
ただし、システムによる自動判断が必ず正しいとは限りません。[動画の管理] に黄色いアイコンが表示されたもののその判断が正しくないと感じた場合は、再審査請求を行えます。このような再審査請求により、システムの精度が次第に向上していきます。
ご自身の動画に黄色のアイコンが表示される理由がわからない場合は、動画のコンテンツだけでなく、タイトルや説明、サムネイル、タグが広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているかどうかもご確認ください。また、空の動画や、タイトルやメタデータのない動画は、すべての広告主に適しているかどうかをシステム側で判断するための十分な情報がないことが多く、黄色のアイコンが表示される可能性が高くなります。
再審査請求の手順

動画がすべてのブランドに適していると思われる場合は、YouTube チームによる確認を依頼できます。YouTube には動画の収益化に関するリクエストが毎日多数寄せられており、できる限り早急に審査できるよう努力しております。

チャンネル登録者数が 10,000 人を超えていれば、視聴回数に関係なく限定公開の動画が審査されます。登録者数が 10,000 人に満たないチャンネルについては、現在のところ審査可能な動画は、過去 7 日間の視聴回数が 1,000 回以上の動画のみです。

再審査請求の手順は次のとおりです。

  1. YouTube にログインし、[動画の管理] で動画を表示します。
  2. コンテンツが広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているか確認します。広告を表示する場所は広告主が選択できる点に留意してください。
  3. [審査をリクエスト] をクリックし、画面の手順に沿って操作します。このオプションは、動画の再審査請求が可能な場合にのみ表示されます。リクエストを送信すると、[動画の管理] にある動画の横のテキストが再審査請求のステータスに応じて更新されます。
一部の広告主に適していない動画を確認するには、画面右上で [表示] の横のプルダウン メニューをクリックし、[広告表示なし / 制限あり] をクリックします。
再審査請求プロセスの仕組み
審査を申請すると(例: 現在の収益化ステータスに対する再審査請求など)、システムではなく専門の審査担当者がその動画を確認しますが、動画を視聴し、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに照らし合わせてコンテンツやタイトル、メタデータを審査するのには時間がかかります。
審査にかかる時間

審査はクリエイターとクリエイターの収益にとって重要であるため、人手による作業で可能な限り多くの動画を、できるだけ迅速かつ正確に審査するよう努めています。YouTube は膨大な数の動画が公開されるプラットフォームなので、再審査請求中の動画の中で、視聴回数の多い動画を優先的に審査するための基準を設けています。

現在のところ、審査の対象となるのは、過去 7 日間の視聴回数が 1,000 回以上の公開動画です。チャンネル登録者数が 10,000 人を超えていれば、視聴回数に関係なく、限定公開の動画の再審査請求が審査の対象となります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
クリエイター アカデミー

広告掲載に適したコンテンツとはどのようなコンテンツなのか、クリエイター アカデミーで学びましょう。