@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

動画に対する制限を管理する

動画が制限されると、視聴者が動画を視聴できなくなったり、YouTube パートナー プログラムに参加している場合は収益化に影響が出たりする可能性があります。たとえば、18 歳未満の視聴者に不適切な内容である、保留中の著作権に関する問題がある、などがこれに該当します。詳しくは、収益化アイコンに関するガイドをご覧ください。

動画に対する制限を確認する

制限により動画に影響があるかどうかを確認するには:

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. [アップロード動画] タブでリストから動画を探し、[制限] 列を確認します。制限が表示されている場合は、カーソルを合わせて詳細を確認し、問題を解決できます。

制限の種類

著作権

Content ID の申し立て著作権侵害の警告を受けている場合は、[制限] 列で確認できます。申し立てに対して異議申し立てを行っている場合は、異議申し立てのステータスを確認することもできます。

利用規約とポリシー

YouTube の利用規約に関する問題により、動画が削除または制限されている、もしくは非公開にされている場合、[制限] 列に [利用規約] と表示されます。たとえば、次のような場合に利用規約に関する問題が表示されます。

年齢制限

年齢制限のあるコンテンツがある場合、[制限] 列に次のメッセージが表示されます。

  • 年齢制限(自分で設定)
  • 年齢制限(YouTube が設定)

子ども向け

コンテンツが子ども向けとして設定されている場合、[制限] 列に次のメッセージが表示されます。

  • 子ども向け(自分で設定)
  • 子ども向けに設定(YouTube が設定)

広告の適合性

YouTube パートナー プログラムに参加していて、動画で広告掲載が制限されている、または広告がまったく掲載されていない場合、[制限] 列で確認できます。また、審査をリクエストした場合は、審査のステータスを確認することもできます。詳しくは、収益化の変更についての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false