通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

コメント設定について

コメントは、保留して確認してから動画やチャンネルに公開するように設定できます。コメント設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。

動画のコメント設定

特定の動画に対するコメント機能をオンにするか、一時停止するか、オフにするかを選択できます。コメント機能をオンにすると、保留にするコメントがある場合に、どのコメントを確認のために保留するかを選択できます。

オン

コメント機能をオンにすることにした場合、確認のために保留するかどうかを選択するオプションも表示されます。[コメントの管理] プルダウンをタップして、以下のオプションを表示します。

  • なし: コメントを保留しません。
  • 基本: 不適切な可能性があるコメントを保留します。
  • 厳格: 不適切な可能性がある多様なコメントを保留します。
  • すべて保留: すべてのコメントを保留します。
ヒント: 確認のために保留する対象にする単語やフレーズが他にある場合は、ブロックする単語のリストに追加してください。

確認のために保留中のコメントは次のようになります。

  • 最長で 60 日間 YouTube Studio に維持されます。
  • 承認しない限り公開されません。
  • 100 以上の言語で確認できます。
一時停止

[一時停止] のオプションを選択すると、既存のコメントは維持されますが、コメント機能を再度オンにするまで、動画に対するコメントは受け取りません。

さまざまな理由により、コメント機能を一時停止することができます。たとえば、ある動画のコメント数が急激に増えたために、新しいコメントを受け取らないようにして、確認の時間を確保できます。新しいコメントを再び受け取る場合は、コメント機能をいつでもオンにすることができます。

オフ

コメント機能をオフにすることを選択すると、視聴者は動画にコメントできなくなります。コメント機能がオフになっていることを知らせるメッセージが表示されます。

チャンネル全体でのコメント設定

非表示のユーザー

チャンネルにあるすべての動画で、特定の投稿者からのコメントを非表示にするように設定できます。
詳しくは、特定のチャンネルからのコメントを非表示にする方法をご覧ください。
: 非表示のユーザーは、動画やライブ配信のクリップを作成することもできません。詳しくはこちらをご覧ください

承認済みユーザー

これらのユーザーのコメントは自動的に公開されます。ブロックするリンクや単語、不適切な可能性があるコンテンツが除外されません。これらのユーザーは、ライブ コメンタリー参加者モードがオンのときにチャットでメッセージを送信することもできます。
ブロックする単語
コメントに表示したくない単語やフレーズのリストを、ブロックする単語リストに追加できます。
それらの語句を含むコメント、またはそれらの語句とほぼ一致する一致するコメントは、確認のために最大 60 日間保留されます(承認済みユーザーリストに含まれるユーザーからのコメントは除く)。それらの語句を含むチャット メッセージ、またはそれらの語句とほぼ一致するチャット メッセージもブロックされます。
ブロックする単語が含まれるコメントは、[コメント] ページの [確認のために保留中] タブで確認と承認ができます。
ブロックする単語リストに追加するには:
  1. YouTube Studio を開きます。
  2. 左側の [設定] 次に [コミュニティ] をクリックします。
  3. [自動フィルタ] タブで [ブロックする単語] までスクロールします。
  4. 単語やフレーズをカンマ区切りで入力します。
  5. [保存] を選択します。
: ブロックする単語に指定したものは、動画やライブ配信のクリップを作成する際も使用できません。詳細
リンクを含むコメントをブロックする
URL を含むコメントを保留して確認できます。手順は次のとおりです。
  1. YouTube Studio を開きます。
  2. 左側の [設定] 次に [コミュニティ] をクリックします。
  3. [自動フィルタ] タブで [リンクをブロックする] を選択します。
リンクを含むコメントがご自身、コメント モデレーター、承認されたユーザーによって投稿されたものである場合、ブロックされることはありません。
URL を含むチャット メッセージもブロックされます。
ハッシュタグやリンクが含まれるコメントは、[コメント] ページの [確認のために保留中] タブで最大 60 日間確認と承認が可能です。

デフォルトのコメント設定

同じコメント設定をすべての新しいアップロード動画に適用できます。新しいアップロード動画のデフォルト設定を変更しても、既存の動画への影響はありません。
動画をアップロードした後、それぞれの動画で異なるコメント設定を選択できます。デフォルトのコメント設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。

チャンネル ホームページのコメント設定

チャンネルの [コミュニティ] タブで、新しいコメントに関する設定を変更できます。コメント設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。

コメント設定に関するよくある質問

特定の単語、リンク、ユーザーのブロックを 1 つの動画のみに適用できますか?

いいえ。ユーザーの非表示、単語のブロック、リンクのブロックは、自動的にすべての動画とチャンネル ホームページに適用されます。設定に加えた変更は、新しい動画と既存の動画にも適用されることがあります。
: コメント設定の変更が適用されるのは、新しい動画のみです。

非表示のユーザーからのコメントは確認できますか?

いいえ。YouTube Studio に非表示のユーザーからのコメントは表示されません。

特定の単語またはリンクが原因でブロックされたコメントは確認できますか?

はい。ブロックする単語またはリンクを含むコメントは、[コメント] ページの [確認のために保留中] タブで最大 60 日間確認と承認が可能です。

コメント機能をオフにして再びオンに戻すと、古いコメントは再び表示されますか?

はい。コメント機能をオフにして再びオンに戻すと、既存のコメントが再び表示されるようになります。
コメントをオフにすると、動画再生ページまたは YouTube Studio に既存のコメントを表示できなくなります。

設定を変更すると既存のコメントと今後のコメントに影響がありますか?

チャンネル レベルの設定、動画レベルの設定、ブロックする単語、非表示のユーザー、ブロックするリンクを変更すると、今後のコメントにすべての変更が適用されます。

既存のコメントは、以下に該当する場合にのみ影響を受けます。

  • 動画のコメント機能をオフにする。コメント機能をオフにすると、コメント機能を再度オンにするまで既存のコメントは表示されません。
  • 特定のユーザーを非表示にする。非表示にしたユーザーのコメントは、どの動画にも表示されなくなります。

基本モードと厳格モードで確認のために保留されるコメントにはどんな種類がありますか?

[基本] コメント管理を選択すると、スパムや個人的な宣伝、意味不明の発言、不適切な可能性のあるコメントが YouTube Studio で保留されます。これらのコメントは、承認した場合にのみ公開されます。

チャンネルに高いレベルの保護が必要な場合は、コメント管理を [厳格] に設定すると、確認のために保留されるコメントの数が増えます。

これらの設定では AI を使用して保留の必要があるコメントを検出するため、常に正しいとは限りません。チャンネル所有者は、動画に表示されるコメントを無視、削除、または承認することができます。

YouTube Studio でコメントを確認しているときに [フィードバックを送信] を選択すると、直接フィードバックを提供していただけます。

YouTube では今後もシステムの改善に取り組んでいくため、これらの設定で検出されるコメントの精度と数は変わる可能性があります。

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー