著作権管理ツール

YouTube では、著作権者が YouTube で自分のコンテンツを保護、管理するためのさまざまなツールを提供しています。削除依頼を送信する必要が不定期に発生する YouTube の新しいクリエイターの場合でも、専任の権利管理チームを持つ企業の場合でも、適切なツールが用意されています。YouTube では、次の要素に基づいて適切なツールを提供するようにしています。

  • 権利管理の実際のニーズ
  • 権利とコンテンツを管理するための利用可能なリソース
  • YouTube の著作権のシステムについての知識

著作権管理ツールのうち、著作権侵害に関する削除依頼ウェブフォームはデフォルトで YouTube のすべてのユーザーにご利用いただけます。ウェブフォームについて詳しくは下記をご覧ください。

YouTube では、ツールの不適切な使用によって生じうる大きな混乱からエコシステムを保護しながら、他のツールもご利用いただけるよう常に取り組んでいます。

削除依頼の頻度が低い場合にウェブフォームを使用する

著作権で保護されているご自分の作品が無断で YouTube に掲載されている場合は、ウェブフォームから動画の削除を依頼できます。これは、多くの著作権者にとって最も迅速かつ簡単に著作権侵害に基づく削除を依頼できる方法です。

このフォームはすべての YouTube ユーザーに公開されていますが、著作権者本人またはその正式な代理人が送信する必要があります。

著作権侵害による削除について詳しくは、こちらからウェブフォームにアクセスしてください

他の著作権管理ツールを利用する

個人または組織で、定期的に削除依頼を送信する必要がある、または著作権侵害に関するウェブフォームでは対処しきれないと思われる場合は、以下のいずれかのツールの使用をご検討ください。

まず、こちらのフォームに著作権管理のニーズについての詳細を入力します。いただいた情報を審査し、お客様に最適と思われるツールとその使用方法について後日メールにてご案内いたします。

YouTube では、最適なツールを判断するために、次のようなお客様の履歴を確認しています。

  • 動画のアップロード頻度
  • 動画の再アップロード頻度
  • 企業を代表してアカウントを管理しているかどうか
  • ウェブフォームを通した削除依頼の送信履歴

特に、過去のウェブフォームでのリクエストを確認し、お客様の著作権についての理解度と、頻繁に削除する必要性があるかどうかを判断いたします。

注: フォームを送信する際は、ウェブフォームで過去の削除依頼を送信した際に使用したメールアドレスでログインしていることをご確認ください。これにより、ウェブフォームの履歴を確認できます。フォームを複数回記入しても、審査が早く終わることはありません。

頻繁に削除する必要がある場合のツール

コピーライト マッチ ツール

ご自分の音声と映像のコンテンツを他のユーザーが頻繁にアップロードしている場合、コピーライト マッチ ツールを使用できます。このツールでは、お客様のプライバシー設定にかかわらず、元の動画と完全に一致する動画が検出されます。コンテンツが検出されたらどのような対応策をとるか、以下から選択できます。

  • 一致するコンテンツをアップロードしたユーザーにメールを送信する
  • コンテンツを直ちに削除するよう依頼する
  • コンテンツを削除するまでに猶予を与えることを通知する(7 日前の猶予通知)
  • 動画に対して対応を行わずに、一致した動画をアーカイブに移動する

コピーライト マッチ ツールは Content ID と同じマッチング技術を使用していますが、管理が容易で、かつ必要なリソースもより少なくなっています。コピーライト マッチ ツールは、お申込みいただいたうえで、強力な権利管理ツールが必要だと判断されたチャンネルでご利用いただけます。また、YouTube パートナー プログラムに参加しているすべてのチャンネルを対象に、Studio の著作権ページで自動的にご利用いただけます。 

コピーライト マッチ ツールの詳細

大規模な削除が必要な場合のツール

コンテンツ検証プログラム

コンテンツ検証プログラムは、コンテンツを継続的に YouTube から削除する必要があり、正式かつ有効な削除通知を数多く定期的に YouTube に提出している著作権者に向けられています。著作権者はこのツールを利用して、著作権侵害があると判断したコンテンツを検出し、一度に多くの動画に対して著作権に関する削除依頼を発行できます。

多くの動画を検索して継続的に削除を依頼する必要がない場合は、著作権侵害に関する削除依頼ウェブフォームをご利用ください。

詳しくはコンテンツ検証プログラムをご覧ください。

Content ID

複雑な権利管理のニーズがあり(レコード レーベルや映画制作会社など)、正式かつ有効な削除通知を数多く提出していて、管理に必要な対策を講じることができる場合、Content ID をご利用いただけます。Content ID は著作権者が YouTube 上で知的財産を簡単に管理できるように支援するシステムです。

仕組み

YouTube にアップロードされた動画は、著作権者が提出したファイルのデータベースと照合され、スキャンされます。Content ID により、ご自身が権利を所有しているコンテンツに一致するコンテンツが見つかった場合、以下のような対応策を行えます。

  • 閲覧できないよう動画全体をブロックする
  • 動画に広告を表示させて動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配する
  • 動画の再生に関する統計情報を追跡する

上記の対応策は国別に設定できます。つまり、ある国では動画を収益化し、別の国ではブロックまたは追跡することもできます。

Content ID はあらゆるユーザーに役立つツールではありません。Content ID の意図しない誤用が YouTube やクリエイターに重大な結果をもたらすことがあります。複雑な管理を必要とするため、継続的に管理して著作権をよく理解しておく必要があります。また、Content ID を利用する著作権者は、自分のコンテンツが Content ID の対象になるコンテンツであり、自動一致検出技術に適したものであることを確認する必要があります。

注: 多くの権利所有者は、Content ID での権利の管理の際に、サードパーティのサービス プロバイダを使用しています。既存のこうした Content ID サービス プロバイダは、権利所有者向けに有料サービスを提供しています。検索するには、こちらのディレクトリをご覧ください。
こうしたツールを使用して著作権に関する削除依頼を送信すると、法的手続きが開始されます。この処理を不正使用すると、アカウントの停止や法的な結果を招くことがあります。毎回、フェアユース、フェア ディーリング、著作権保護の例外措置で保護されているかどうかを確認することが重要です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。