コンテンツ内のリンクについて

コミュニティ ガイドラインに違反するコンテンツを掲載したウェブサイトに誘導するリンクは、YouTube で許可されていません。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告すべきと思われる動画、コメント、チャンネルを複数見つけた場合は、報告ツールにアクセスして詳しい内容を送信できます。

クリエイターへの影響

コンテンツを投稿する場合

下記の説明のいずれかに当てはまる場合は、YouTube のコンテンツにリンクを投稿しないでください。

  • ポルノへのリンク
  • 不正なソフトウェアをインストールするウェブサイトやアプリへのリンク
  • ユーザーのログイン認証情報や金融機関情報などをフィッシングするウェブサイトやアプリへのリンク
  • テロ組織への寄付や勧誘を促すウェブサイトへのリンク
  • 児童の性的虐待画像(CSAI)を含むサイトへのリンク
  • 規制商品ガイドラインに記載されている商品を販売するサイトへのリンク

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。なお、このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

注: アフィリエイト コンテンツは YouTube の利用規約に違反しません。ただし、それのみを目的としたアカウントでアフィリエイト コンテンツを大量に投稿した場合、スパムに関するポリシーに違反する可能性があります。許可されるコンテンツについて詳しくは、スパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシーをご覧ください。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • 性的なテーマのコンテンツを特集した動画で、説明欄には「YouTube で許可されていないものを表示するには、ここをクリックしてください」と書かれていて、ポルノサイトへのリンクが含まれている。
  • 無料のゲーム内通貨やオンライン ストアのクレジットの提供を約束するウェブサイトへのリンクが説明欄に記載されているが、実際にはユーザーのパソコンを不正なソフトウェアに感染させるサイトへのリンクが記載されているゲームプレイの動画。
  • 銀行のログイン名とパスワードを盗むフィッシング サイトへのリンクを投稿すること。
  • 動画内でクリックできないリンクを表示し、そこにアクセスするよう視聴者に指示することで、ポルノサイトやスパムサイトに誘導すること。
  • 児童の性的虐待画像の表示またはダウンロードが可能なウェブサイトやファイル ホスティング サービスに誘導するリンク。

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。投稿したコンテンツが初めてコミュニティ ガイドラインに違反した場合は、警告を受けるだけで、チャンネルが罰せられることはありません。2 回目以降の場合はチャンネルに対して違反警告が発行されます。違反警告を 3 回受けると、チャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。