YouTube におけるクリエイターの影響

YouTube クリエイターは、影響力のある大規模なコミュニティの一員です。そのため YouTube では、YouTube ポリシーを明確にするように努めるとともに、すべてのクリエイターの皆様にはコミュニティの一員としての自覚をもってその力を発揮していただきたいと考えています。

YouTube にアップロードする動画はすべて YouTube の利用規約コミュニティ ガイドラインに準拠している必要があります。また、収益化を行う動画は AdSense プログラム ポリシーYouTube パートナー プログラム ポリシーに準拠している必要があります。動画に広告を掲載する場合、その動画は広告掲載に適したコンテンツのガイドラインにも準拠している必要があります。これらのガイドラインには、ユーザーが YouTube 上でコンテンツを投稿、共有、収益化する際のルールが示されています。また、これらのガイドラインを施行するために違反警告システムが運用されており、違反警告の回数が重なるとチャンネルが停止される場合もあります。

YouTube コミュニティに深刻な悪影響を及ぼす悪質な行為が認められた場合、現状のコミュニティ ガイドラインの違反警告システムの枠を超えた対応が行われることがあります。こうしたケースは限定的であると思われますが、すべての YouTuber に影響する問題であり、ユーザー、クリエイター、広告主の信頼を損なう原因にもなります。

この記事では、YouTube のエコシステムやユーザーに悪影響を及ぼすクリエイターの行為とそれに対する措置について、概要をご説明します。なお、この記事で説明されている方針は、人間による審査と機械学習技術を組み合わせることによってポリシーをより適切に施行するという YouTube の取り組みを反映したものです。こうした対策について詳しくは、YouTube クリエイター ブログをご覧ください。

YouTube ポリシーに対する深刻または悪質な違反行為

YouTube コミュニティに対して広範な悪影響を及ぼすクリエイターは、クリエイターとしての権限や特典を利用できなくなる可能性があります。禁止されている行為にはたとえば次のようなものがあります。

コミュニティ ガイドラインには解釈の余地が存在し、また、それぞれのケースによって状況も異なります。しかし、たとえば第三者に強い精神的ショックを与える悪質ないたずら、特定の集団に対する暴力や差別の助長、残虐な行為、視聴回数や登録者数の増加を目的として他者の苦痛を誇張する行為などが認められる場合、それらはコミュニティ ガイドラインに違反する深刻または悪質なコンテンツと見なされます。動画にこうしたコンテンツを含める必要がある場合は、審査時にその背景や意図がわかるよう、動画内でコンテキストを説明するようにしてください。

YouTube コミュニティに悪影響を与えた場合の措置

クリエイターがコミュニティ ガイドラインに著しく違反するコンテンツをアップロードした場合、広告掲載の停止、クリエイター プログラムへの参加資格停止、[急上昇] タブへの掲載一時停止などの措置が取られる可能性があります。また、その違反行為が深刻なものであったり、何度も繰り返されたり、悪質であったりする場合は、より厳しい、長期の措置が取られることもあります。

審査の対象となる行為の深刻さに応じて、次の罰則が一時的または無期限に適用される場合があります。

  • Google Preferred などの特別な収益化機会、コンテンツ パートナーシップおよびそのプロモーションの停止: Google Preferred からの削除、YouTube Originals 作品の一時停止、取り消し、または削除を行うことがあります。
  • 収益化およびクリエイター サポートの停止: チャンネルへの広告掲載の停止、その他収益化の停止、クリエイター サポートや YouTube Space の利用を含む YouTube パートナー プログラムへの参加資格の停止を行うことがあります。
  • 動画のおすすめ機能への掲載停止: YouTube のおすすめ機能への掲載を停止することがあります。この場合、YouTube ホームページ、[急上昇] タブ、[次の動画] なども対象になります。

実際にどのような対応が取られるかは、それぞれのケースによって異なります。YouTube のポリシー担当チームがケースごとに審査を行い、罰則が適用されるような行動が認められたクリエイターに対して勧告、通達を行います。

参考リンク

YouTube は多様なクリエイターの個性や創造力によって支えられており、クリエイターが制作するコンテンツの具体的な内容について干渉することはありません。しかし、すべてのクリエイターが YouTube ポリシーを理解し、コンテンツの制作に関して責任ある判断ができるように、今後も取り組みを進めていきたいと考えています。

YouTube ポリシーについて詳しくは、次の資料をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。