チャンネルにコメントのモデレーターを追加する

現在、新しいコメント モデレーターへの招待メールが送信されなくなっています。ただし、メールが届いていなくても、コメントのモデレーターとして追加されたユーザーは動画のコメントを確認して報告することができます。詳しくは、報告されている問題のページをご覧ください。

モデレーターを指名すると、自分のチャンネルの動画に投稿された不適切なコメントを報告してもらうことができます。1 つのチャンネルに複数のモデレーターを追加できます。チャンネルを所有している YouTube ユーザーであれば、誰でもモデレーターとして指名できます。

モデレーターがチャンネル、動画再生ページ、チャットで削除したコメントは [モデレーターが問題を報告済み] として [確認のために保留中] タブのキューに追加され、チャンネル所有者が承認または削除するまではタブ内に表示され続けます。

従来のクリエイター ツール

コミュニティの設定でモデレーターを追加する

YouTube チャンネルを所有しているユーザーを自分のチャンネルのモデレーターとして指名する方法は次のとおりです。

  1. YouTube にログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックします。
  3. 左側のメニューで [コミュニティ] > [コミュニティの設定] を選択します。
  4. [モデレーター] ボックスに、モデレーターに指名するユーザーの YouTube チャンネルの URL を入力します。
  5. [保存] をクリックします。

コメント確認画面でモデレーターを追加する

自分のチャンネルにコメントを投稿したユーザーをモデレーターに指名する方法は次のとおりです。

  1. YouTube にログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックします。
  3. 左側のメニューで [コミュニティ] > [コメント] を選択します。
  4. モデレーターに指名するユーザーの横にある旗のアイコン をクリックします。
  5. [このユーザーによるコメント管理を許可する] を選択します。

YouTube Studio ベータ版

  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。ベータ版をまだ試していない場合は、こちらをご覧ください
  2. 左側のメニューで [コメント] をクリックします。
  3. チャンネルのすべてのコメントが表示されます。
  4. その他アイコン Options > [このユーザーをコメント管理者として追加] をクリックします。
チャンネルを管理するための新しいツールとなる YouTube Studio ベータ版の詳細をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。