著作権侵害の異議申し立て通知の基本

著作権で保護されたコンテンツは、著作権者の許可なしにアップロードされた場合に YouTube から削除されることがあります。異議申し立て通知とは、著作権侵害の申し立てを受けて削除された動画を復元するように YouTube に対して行う法的要請です。

異議申し立て通知はどのような場合に送信できますか?

異議申し立て通知を送信できるのは、アップロードした動画が誤認や取り違えにより削除された場合に限ります。これにはフェアユースが含まれます。それ以外の状況では行わないでください。

動画が著作権上の理由で無効化されたが、上記の条件に当てはまらない場合は、異議申し立て通知を送信するのではなく、著作権侵害の警告の期限が切れる(通常は 90 日後)まで待ってください。また、著作権者に直接連絡して著作権侵害を撤回してもらうこともできます。

異議申し立て通知はどのようにして送信できますか?

異議申し立て通知は [動画の管理] で送信できます。不備がなく有効であることが確認された通知は、YouTube によって申立人に転送されます。異議申し立て通知は、動画を最初にアップロードしたユーザーまたはその正式な代理人(弁護士など)が送信する必要があります。

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューで [動画] を選択します。
  3. [収益化] 列が表示されている場合は、この列の下に表示されている各動画の横にある [著作権侵害の申し立て] をクリックします。この列が表示されていない場合は、[公開設定] 列の下にこのオプションがあります。
  4. [著作権侵害申し立ての詳細を表示] をクリックします。
  5. [動画の著作権情報] ページが表示され、削除に関する情報を確認できます。
  6. [操作を選択] で [異議申し立て通知を送信] をクリックします。

従来のクリエイター ツールの手順

  1. YouTube にログインします。
  2. [クリエイター ツール] 次に [動画の管理] 次に [著作権情報] に移動します。
  3. 著作権情報のリストが表示されます。
  4. リンクをクリックし、フォームを使用して異議申し立て通知を送信します。
  5. 不備がなく有効であることが確認された異議申し立て通知は、YouTube によって申立人に転送されます。
YouTube が異議申し立て通知を転送するときには、記載されている個人情報も含めて、その通知の全文が転送されます。異議申し立て通知を送信することにより、申立人に情報が共有されることに同意したと見なされます。異議申し立て通知は、侵害を申し立てた本人以外には一切転送されません。申立人は、YouTube でコンテンツが元に戻されないようにするため、この情報を使用してあなたに対して訴訟を起こすことができます。

YouTube が異議申し立て通知を処理して申立人に転送した後、申立人には、コンテンツの削除状態を継続するために裁判所への請求を行ったという証拠を提出するまでに 10 営業日の猶予期間が与えられます。この猶予期間は著作権法によって定められた要件ですので、お待ちいただきますようお願いいたします。

複数の著作権侵害によってアカウントが停止された場合、異議申し立て通知のウェブフォームにはアクセスできません。必要であれば、自由形式の異議申し立て通知を提出できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。