著作権侵害の異議申し立て通知を送信する

著作権で保護されたコンテンツを著作権者の承諾なしで YouTube にアップロードすると、そのコンテンツは削除される場合があります。動画が誤って削除されたと思われる場合は、著作権侵害の異議申し立て通知を送信できます。

異議申し立て通知とは、著作権侵害の申し立てを受けて削除された動画を復元するように YouTube に対して行う法的要請です。

異議申し立て通知を送信する前に、以下の点をご確認ください。

  • 異議申し立て通知は、動画を最初にアップロードしたユーザーまたはその正式な代理人(弁護士など)が送信する必要があります。
  • 異議申し立て通知は、動画が誤認や取り違え(フェアユースを含む)により削除された場合にのみ送信してください。それ以外の理由では異議申し立て通知を送信しないでください。
  • コメントやチャンネル バナー画像など、動画以外のコンテンツに対する異議申し立て通知は、自由形式で提出する必要があります。

異議申し立て通知を準備する

YouTube で異議申し立て通知を提出する際には、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 法的要件をすべて満たしている。
  2. 著作権で保護されたコンテンツを使用する権利について、自身の言葉で明確に説明している。コンテンツが誤って特定されたと思われる場合は、その理由を明確かつ簡潔に説明している。

著作権で保護されたコンテンツを評価する

異議申し立て通知には、申し立てを受けた動画内の特定のコンテンツについての詳細を含める必要があります。詳細情報を確認する方法は次のとおりです。

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. フィルタ 次の操作 [著作権侵害の申し立て] を選択します。
  4. [制限 ] 列で、動画の横にある [著作権侵害の申し立て] にカーソルを合わせます。
  5. [詳細を表示] をクリックします。

異議申し立て通知を送信する前に、次の点を考慮してください。

  • コンテンツの所有者は誰か。
  • 著作権で保護された他者の作品を使用した場合、該当するコンテンツの使用に関するライセンスまたは許可の証拠を提示できるか。
  • コンテンツの使用が、フェアユース、フェア ディーリング、または同様の著作権保護の例外に該当するか。
  • コンテンツはパブリック ドメインであるか。

異議申し立て通知を送信する

著作権の異議申し立て通知を送信するには:

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. フィルタ 次の操作 [著作権侵害の申し立て] を選択し、対象の動画を見つけます。
  4. [制限] 列の [著作権侵害の申し立て] にカーソルを合わせます。
  5. [詳細を表示] をクリックします。
  6. [操作] で [操作を選択] 次の操作 [異議申し立て通知を送信する] をクリックします。
  7. 連絡先情報と異議申し立ての理由を入力します。
    • 正確な住所と戸籍上の姓名を必ずご記入ください。
    • 異議申し立て通知に必要な情報が不足している場合は、承認されない可能性があります。
  8. [送信] をクリックします。

異議申し立て通知を YouTube に送信することにより、申立人に情報が共有されることに同意したと見なされます。

著作権侵害によりアカウントが停止された場合は、上記の手順で異議申し立て通知を送信することができません。その場合は自由形式の異議申し立て通知を提出してください。

この後の手順

異議申し立て通知が法的要件をすべて満たし、コンテンツの使用権利が明確に説明されている場合は、申立人に転送されます。ほとんどの場合、異議申し立て通知は、著作権侵害を申し立てた本人以外には転送されません。異議申し立て通知が転送される際には、入力された個人情報も含めて、その通知の全文が転送されます。

申立人は、著作権法で義務付けられているように、異議申し立て通知に 10 営業日以内に返信する必要があります。コンテンツが復元されることを申立人が防ぐには、法的措置を講じたという証拠を提出する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。