保護者向けリソース

保護者や親権者がオンライン上でのお子様の行為に不安を抱かれることもあるかと思います。こちらに YouTube で利用できるツールやヒントをまとめましたので、お子様の利用されるサービスを管理する上でお役立てください。

YouTube を利用できる年齢

YouTube にログインするには、年齢条件を満たす Google アカウントが必要です。不適切な動画が報告され、それをアップロードしたユーザーがアカウント作成時に年齢を偽っていたことが判明した場合、そのユーザーのアカウントは停止されます。

おすすめの方法とアドバイス

YouTube で許可されているコンテンツや操作について説明したコミュニティ ガイドラインをご確認いただきますようお願いいたします。

GoogleCommon Sense Media(リンク先は英語)がおすすめする、オンラインでの家族の安全を守る方法:

  • お子様にお気に入りの動画を集めた再生リストを作ってもらい、ご自身でもお子様に見せたい動画の再生リストを作成してみましょう。こうすることで、お子様がどのような動画を視聴しているかを知ることができ、お子様もあなたの子供時代について知ることが多少なりともあるかもしれません。
  • ご自身が子どもの頃好きだった番組の動画クリップを集めた再生リストを作り、お子様に見てもらいます。
  • ゲーム感覚で YouTube を楽しみましょう。たとえば、特定の場所でどのような動画が流行っているのかを想像し、[詳細検索] 機能を使ってその場所限定の動画を探します。動画を見ながら文化や嗜好、類似点、相違点などについて、お子様と会話を弾ませましょう。
  • お子様が YouTube でどのようなユーザーと関わっているか把握しておきましょう。

ツール

  • 不適切なコンテンツ: 不適切と思われる動画、YouTube のコミュニティ ガイドラインを遵守していないと思われる動画を見つけた場合は、問題の動画を報告してください。これは不適切と判断されるおそれのあるコンテンツについて、最も迅速に YouTube に連絡する方法です。YouTube では 24 時間体制で報告のあった動画を確認しています。
  • プライバシー: お子様のプライバシーが侵害されていると思われる場合(同意なく画像や個人情報が使用されているなど)は、YouTube のプライバシー ガイドラインをご覧ください。プライバシー ガイドラインでは、YouTube のプライバシー ポリシーおよびプライバシー侵害の申し立て手続きが詳しく説明されています。 
  • 嫌がらせやネットいじめ:
    • お子様が YouTube において嫌がらせを受けている場合は、ユーザーをブロックするように指導してください。ブロックすると、不快なユーザーからのメッセージを今後受け取らずにすみます。
    • それでも嫌がらせが続くようであれば、嫌がらせ防止策について YouTube セキュリティ センターの嫌がらせに関する記事をご覧ください。
    • 動画、チャンネル、プロフィール、コメントでの嫌がらせを報告したい場合は、YouTube の報告ツールからご報告ください。
  • 制限付きモード: この設定を有効にすると、YouTube に表示したくない不適切なコンテンツを含む可能性のある動画を指定できます。制限付きモードの詳細をご確認ください
  • チャンネルのコメントを管理する: お子様が自分のチャンネルに投稿されたコメントを自分で削除したり、チャンネルに表示される前にコメントを管理したりできるツールがあります。詳しくは、チャンネルのコメントの管理についての記事をご覧ください。
  • お子様のチャンネルにアクセスする: お子様が自分のチャンネルに投稿しているコンテンツを見てみます。お子様のお気に入りや、登録している YouTube チャンネルを確認します。お気に入りや登録リストから、お子様が YouTube で閲覧している内容を知ることができます。
  • プライバシーとセキュリティの設定: YouTube の多様なツールと設定を活用して、サイト上で利用できるサービスを簡単に管理できます。お子様が使用できるリソースについて詳しくは、YouTube のプライバシーおよびセキュリティの設定ページをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。