年齢制限のあるコンテンツ

YouTube のポリシーに違反していなくても、18 歳未満の視聴者にふさわしいとはいえないコンテンツもあります。そのような動画には年齢制限を設定しています。このポリシーは、動画、動画の説明、カスタム サムネイル、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。

年齢制限の詳細

以下に、年齢制限の対象となるコンテンツの種類の詳細を示します。これらのテーマを 1 つ以上含むコンテンツには年齢制限が設定される場合があります。ここで示されているのは、年齢制限の対象となる可能性のあるコンテンツの例です。このようなテーマの具体例については、以下の各ポリシーのセクションをクリックしてご確認ください。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

子どもの安全

  • 爆発物の取り扱いや、怪我につながるチャレンジなど、未成年者が簡単に真似できる可能性のある危険なアクティビティに成人が参加している内容を含む動画
  • 成人向けであるが、家族向けと間違えやすい動画

有害または危険なアクティビティ(規制されている薬物やドラッグなどを含む)

  • フェイクであっても、あまりにリアルで視聴者には見分けがつかない有害ないたずら動画
  • マリファナ薬局を宣伝する動画

性的内容を示唆するコンテンツ

  • 挑発的なダンスや愛撫などの、性的な活動を誘発する動画
  • 動画の登場人物のポーズが視聴者の性的興奮を引き起こしたり、公共の場で一般的にふさわしくない格好(下着姿など)をしている動画

暴力的で生々しいコンテンツ

  • 交通事故の被害者の怪我を写したコンテンツを含む動画
  • 映像またはビデオゲームの中で最も刺激の強い暴力シーンのみが強調されているなど、暴力や残虐行為の画像を中心とする動画

下品な言葉

  • タイトル、サムネイル、関連付けられたメタデータに非常に冒とく的な表現を含む動画
  • 動画集や文脈を無視して抜き出したクリップなど、冒とく的な表現の使用に焦点を当てた動画

年齢制限が設定されるとどうなるか

18 歳未満の視聴者、またはログアウトしている視聴者は、年齢制限が設定された動画を視聴できません。また、多くのサードパーティのウェブサイトでは年齢制限が設定された動画を視聴できません。埋め込まれたプレーヤーなど、別のウェブサイトで年齢制限が設定された動画をクリックすると、YouTube や YouTube Music にリダイレクトされ、18 歳以上でログインした場合のみ、コンテンツを視聴できます。これにより、コンテンツがどのような場所にあったとしても、YouTube がホストする動画は適切な視聴者のみが視聴できるような仕組みになっています。

YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、年齢制限の再審査請求を行うことができます。

収益化と年齢制限

広告掲載の資格があるチャンネルをお持ちの場合は、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインをご確認ください。年齢制限が設定された動画であっても、広告によって収益化することは可能です。しかし、一部の広告主は、ファミリー向けコンテンツや上記のテーマを含まないコンテンツに広告を掲載することを好みます。したがって、年齢制限が設定された動画では、広告による収益化が制限されるか、一切行われなくなる場合があります。

コンテンツに年齢制限が設定されているかどうかを確認する

コンテンツに年齢制限が設定されているかどうかを確認するには、YouTube Studio にアクセスして [子ども向け] フィルタを使用するか、動画ページの [制限] 列で「子ども向け」の表示を探します。

ログインしている 18 歳以上の視聴者は、動画の説明文の下で動画に年齢制限が設定されているかどうかを確認できます。年齢制限が設定された動画の視聴について詳しくは、こちらをご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。